満幸商店(まんこうしょうてん)満ちたれた幸を味わいました

今回は、以前から気になっていたお店へ
ちょっと遠足(笑)


2010_06080060.jpg
行ったのは、和歌山県加太。
南海加太線加太駅から約1.5Km離れた
淡嶋神社境内にあるお店が目的地です。

鄙びた漁港の町を歩きます。
ところどころに廃屋や閉鎖された施設が目に付きますな。
町の活性化とは良く聞くけど、なかなか実現難しい事と
思ったわ。大阪、和歌山からもそう遠くないし、友ヶ島等
観光地もあるねんけどなぁ。

2010_06080020.jpg
淡嶋神社に着きました。
先に参拝しましょう。


2010_06080025.jpg

2010_06080029.jpg

2010_06080023.jpg

2010_06080027.jpg

2010_06080026.jpg
境内には、おびただしい数の人形や置物が安置されてます。
人形供養で有名な神社。また雛人形発祥の地でもあります。
安置には、手続きと料金が必要です。
勝手に放置する人が絶えない為に、取られた処置だとか。

淡嶋神社についてですが、以下の様に書かれてました。

淡嶋神社HPより、以下一部抜粋です。

「ご祭神の少彦名命(すくなひこなのみこと)は、医薬の神様。
特に、女性の病気回復や安産・子授けなどに霊験あらたかといわれています。」
女性の守り神として親しまれているようですね。
絵馬には、安産や無病息災、結婚、彼氏ゲット??等々
女性からの祈願ばかりなり。
また、雛祭りについて、
「男びな女びなの始まりは、淡島神社のご祭神である少彦名命と神功皇后の
男女一対のご神像であるとされています。また、雛祭りが三月三日になったのは、
友ヶ島から対岸の加太へのご遷宮が、仁徳天皇五年三月三日であったことから。
雛祭りの語源も、スクナヒコナ祭が後に簡略化されて、ヒナまつりと言われるように
なったとされています。」


2010_06080032.jpg
毎年三月三日には、雛流しの神事が執り行なわれ、お祓いを受けた人形は、
白木の船に乗せられ海に流されます。
また、紀州徳川家ともゆかりが深く、姫君誕生のおりに、その初節句には
必ず一対の雛人形が神社に奉納され、今も大切に安置されているそうです。

そんなに大きな神社ではありませんが、なかなか興味深いところでした。
勉強になりましたわ。

やっと、本題です。
前置きが長くなりました(汗)

2010_06080058.jpg
行ったお店はこちらです。
「満幸商店」(まんこうしょうてん)さん。
神社境内にある、みやげ物屋兼飲食店。

2010_06080057.jpg
サザエとか魚介類も売ってはります。
さすが加太漁港の近くですね。

2010_06080059.jpg
わざわざ大阪から食べに来た甲斐があるのかどうかは
運次第???
こんな事を言うと、お店の方に怒られますね(笑)

平日の2時過ぎだというのに、団体グループやら
数人のお客さんが店内で飲み食いしてはります。

2010_06080053.jpg
スペシャル定食を、魚は鯛の刺身でお願いしました。

2010_06080036.jpg
2010_06080033.jpg
一般的なメニューからオリジナルな料理と豊富。
昼間は定食中心で、夜は予約のコースのみ。
一日一組しか受付されないとの事。

お客さんは地元の方々らしく、和歌山弁が飛び交う
ローカル色たっぷりな食堂。

2010_06080034.jpg
付き出しで出されたワカメ。
かかっているお酢も手作りか、なかなかうまい。

調理担当のおばちゃんが、
お兄ちゃん、後気ぃつけてよぉ~と紀州訛りで
声をかけはったと思ったら、
凍らせたおしぼりを首に当ててくれはった(笑)
サービス精神たっぷりです。

2010_06080038.jpg
来ました。
スペシャル定食の小皿料理六品と御飯、味噌汁。

2010_06080042.jpg
どっさりお酢の効いたサラダ

2010_06080041.jpg
小芋と甘辛煮コンニャク

2010_06080043.jpg
2010_06080044.jpg
早口で品名を言いはったから
わからなかったが、寒天使った料理。
少し甘みがあるが、出汁の効いて美味しかった。

2010_06080040.jpg
ゴボウ煮

2010_06080039.jpg
がんもどき
どれも手作り感たっぷりで旨かった。
2010_06080046.jpg
味噌汁も豆腐にワカメがどっさり。

普段不足がちなものばかりなので、
体が浄化される様な気持ちになったよ。

2010_06080051.jpg
メイン料理です。
湯引き鯛さしみに梅ソース
酸っぱ過ぎず美味しい。
かなりお料理がお上手。

2010_06080049.jpg
2010_06080047.jpg
ワサビしょう油
2010_06080048.jpg
三種類ともにかかっているソースが違うので
味のバリュエーションが楽しめる。
もちろん、鯛はプリプリでかなり旨い。
ビールに合うわぁ(笑)

お腹いっぱいになった。

しかし、卑しいかな食い意地が張ってます。
他の方の頼まれた料理をみてると、美味しそうで
もう一丁(笑)
また、ここの料理。どれもが一品の量が多い。
通常の2人前はあると思える。
残したらもったいないし。

2010_06080055.jpg
なので、征服できそうで食べられそうなモノを頼んだ。
うにトースト500円

2010_06080056.jpg
ウニの甘みと独特の潮の味が相まって
粗野やけど美味しいやん。

満足満足。御馳走様でした。
駅まで送ってやろうかと、親切に店の方が
声もかけてくれたりと古里に帰ってきたような
気楽さと人情たっぷりな応対に体に優しい料理。

満ちたれた幸を味わいました。

是非、夜の部にも行きたい。
大阪から遠いのがネックやけどね(笑)


http://www.eonet.ne.jp/~sakanahime/index.html
満幸商店HP
http://www.kada.jp/miyage/mankou/index.html
和歌山市加太観光協会HPより

人気ブログランキングへ   
↑よろしかったら、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップは励みになります!↑




関連記事
スポンサーサイト
Theme: こんな店に行ってきました
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback