一碗水 至高の技に感銘しました  

「三度炊く 飯さえ硬し軟らかし 
      思うままにはならぬ世の中」

陶芸家であり、美食家でも著名な北大路魯山人が詠んだ句です。
思い通りにならない世の中を嘆いたのか。
毎日同じ様に炊いた御飯ですら、我が思うままでない。
世の中が思いままにならないのは
当然だと言いたかったのでしょうか。

考えや感じ方は、人それぞれ。
さまざまな思惑の中に、人は居る訳ですから、
伝聞や思い込みだけで、人物や物事を判断せず、
直接、話を聞いたり、調べてから自分なりの
判断を持つべきだと思った今日この頃です。

2010_05250014.jpg
そんな魯山人だったら、どの様な感想を持つのかと思う、
素敵なお店に行ってきました。
大阪で最も予約の取れないお店のひとつと
言われている、「一碗水」さんです。

料理は、全ておまかせのコースのみ。
どの様なモノが登場するのか、興味津々です。


2010_05250013.jpg
当日の飲み物メニューです。

2010_05250011.jpg
まずは、紹興酒5年モノをお願いしました。
軽やかな味わいで料理に合いそうなお酒です。


2010_05250015.jpg
前菜三種
実山椒添えた、茄子の油通し。
山椒の鮮やかな色合いと香り、ナスの旨味が頂点に
達した絶品。これだけで虜になってしまいました(笑)


2010_05250017.jpg
皮を剥くとおいしそうな空豆が表れました。
紹興酒との相性がバッチリ。


2010_05250019.jpg
2010_05250023.jpg
つぶ貝煮。味付けが素晴らしいですね。
ほのかな香りが良い。


2010_05250026.jpg
器に入った料理が登場です。

2010_05250028.jpg
豆腐、金華ハム、ウスイエンドウのスープ

2010_05250030.jpg
まろやかなお味で、ハムの旨味に塩加減、
豆腐の滑らかな食感、エンドウの風味を
楽しませてくれます。
至福の瞬間ですね。


2010_05250032.jpg
穴子、新生姜、セロリ炒め

2010_05250034.jpg
穴子が美味しい。感動です。
絶妙な火の通し、新生姜の香り、セロリの舌触り
どれもが素晴らしい。


2010_05250036.jpg
紹興酒8年ものを頂きます。
深い香りと熟成された味わいに感銘。


2010_05250038.jpg
アスパラガス、インゲン豆、四川漬物炒め

2010_05250039.jpg
アスパラの甘みと四川漬物の塩味が
非常に合っている。
見た目は、シンプルだが匠の味。


2010_05250041.jpg
ハチノスと乳酸発酵したトマト炒め

2010_05250045.jpg
初めて頂いた料理。
トマトの酸味、旨味が全体に広がり美味。
イタリアンと中華の融合みたい。


2010_05250047.jpg
ハチノスも柔らか。
感動を味わう為、思わず瞼を閉じて頂きました(笑)


2010_05250050.jpg
2010_05250051.jpg
鶏肉と干し貝柱をもち米で蒸した料理

2010_05250057.jpg
蒸しあがった瞬間を頂きます。
熱々の中、鶏肉、貝柱の旨味が溢れ出てきます。
2010_05250053.jpg
空インゲン豆のスープ

2010_05250055.jpg
鶏肉ベースのスープ。
インゲン豆が微笑んでくれました(笑)


2010_05250059.jpg
デザートです。
黒豆、マンゴー、青豆が、ココナッツスープに入っています。
甘すぎず、バランスの取れた美味しさ。


2010_05250008.jpg

美味しかったと言うよりも、
感動したと言う方が、正しいかもわかりません。

本当に、御馳走様でした。
料理やお酒、ご主人の対応
どれもが、素晴らしかった。

また、機会に恵まれるように頑張って生きていこう。

一碗水 (イーワンスイ)
TEL 06-6263-5190
大阪市中央区安土町1-4-5 大阪屋本町ビル 1F
営業時間 11:30から売り切れまで。
18:00~21:30(L.O)
定休日 日曜・祝日

夜はコース料理のみ。予約必須です。
人気ブログランキングへ   
↑よろしかったら、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップは励みになります!↑



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback