平城遷都1300年祭  奈良観光のおススメスポットやね

平城遷都1300年祭が、4月24日から11月7日まで、
奈良・平城宮跡にて開催されたので、さっそく行ってみました。

(画像は全てクリックで拡大します。)

2010_04250006.jpg
平城宮跡には、初めて行った。

2010_04250009.jpg
今年は、奈良県内各地で催しが行われます。
何でも、GWの宿泊予約。
対前年比では龍馬ブームに沸く高知県を抜いて、奈良県が一位らしい。
京都に比べて地味な部分があるので、このチャンスを
生かして頑張ってほしいですね。

2010_04250014.jpg
広大な広さですね。テクテクと歩いて行きます。

2010_04250017.jpg
今回の遷都祭の目玉。第一次大極殿が遠くに見えます。

2010_04250024.jpg
想像以上に、立派な建物ですね。
よく出来ています。

2010_04250026.jpg
コピー (1) ~ 2010_04250027
正面の幅は44m、側面が20mもあるそうです。
当時は、天皇の即位や外国使節との面会等、重要な儀式で使われたらしい。

2010_04250028.jpg
側面には、十二支が描かれています。

2010_04250029.jpg
屋根瓦は9万7千枚も使っています。内部も広く天井が高い。

2010_04250030.jpg
2010_04250032.jpg
説明が、詳しく書かれているからわかりやすい。

2010_04250040.jpg
2010_04250041.jpg

2010_04250053.jpg
2010_04250052.jpg
2010_04250055.jpg
天井板には、蓮の花をイメージしたものが描かれてます。
なかなか凝った造りをしてますね。

2010_04250045.jpg
2010_04250046.jpg
高御倉の外観模型です。

2010_04250050.jpg
天皇がお座りになられたのでしょうね。
見応えがありました。

これらが、無料とは驚きです!!

2010_04250048.jpg
遠くに見えるのが朱雀門。中国の人民広場みたいに広いなぁ。
2010_04250063.jpg
先まで見えない位に広いので、人が多くても混雑している感じには思えない。
その代わりに、日光を遮る場所が少ないから帽子や日傘を、持っていく事を
お勧めします。

2010_04250072.jpg
歩き回ったからお腹が空いた(笑)
宮崎から来ていた移動販売店で宮崎名物の肉巻きを頂きます。

2010_04250065.jpg
どんなんかな。

2010_04250067.jpg
たれ味で美味しそう。

2010_04250071.jpg
中の御飯が柔らかかった。もうちょい固めが好みかも。
初めて食べたけど、ええ感じでしたね。

2010_04250074.jpg
遣唐使の復元船が、平城京歴史館にありました。
資料館は、映像をふんだんに使い面白かったですね。
子供でも退屈しなのでは。
事前に、整理券を入手しておく事をおススメします。
時間が有効に使えます。なお、入場料は500円です。
この他にも、発掘体験や古代衣装貸し出しといろいろな
イベントがあります。古代史ファンは一日楽しめるかもね(笑)

2010_04250078.jpg
会場内はあまりに広いので、近鉄電車も横断してます(笑)

2010_04250076.jpg
朱雀門に到着。
こちらの復元もなかなか素晴らしいです。


アチコチと歩いて、ええ運動になりました。

2010_04250012_20100427234823.jpg
会場内には、この様なフードコートやお弁当、みやげ物が売ってます。
混雑している事も多いから、ピクニック感覚で飲み物、食べ物は
予め用意した方が良いかもわかりません。


会場へは、近鉄大和西大寺駅とJR奈良駅からが便利です。
無料でシャトルバスが出てます。
大和西大寺駅からは、歩いても行く事ができます。(徒歩10分位)

会期中に一度は行ってみて下さい!
お金を節約しながら楽しめる場所でした。


http://www.sentosai.jp/index.html
詳しくは、平城遷都祭2010HPで確認下さい。
人気ブログランキングへ   
↑よろしかったら、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップは励みになります!↑

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 京都・奈良
Genre: 旅行

Comment

  • うなぎん
  • URL
天満の白影さん

> 開かずの踏み切り、何分待ったの~^^;
そんなに待たずに渡れましたよ。
開かずの踏み切りなの。ラッキーだったんや。

Leave a Reply










Trackback