伊古奈 東大阪 レトロな空間を楽しめるお好み焼き屋

今回は、東大阪をうろうろしました。
生活圏から近い割に、なかなか行く機会がないエリアです。

IMG_7867.jpg
まずは、私の好きな作家のひとり。
司馬遼太郎氏の自宅敷地内にある、
司馬遼太郎記念館に行ってみました。


IMG_7865.jpg
司馬遼太郎花供養碑

IMG_7864_20091008014459.jpg
IMG_7863.jpg
庭に面した、司馬遼太郎氏の書斎を見る事ができます。
亡くなる直前に、執筆していた『街道を行くー濃尾参州記』の時と
同じ状態で書斎内部は保存されてます。

記念館内は撮影禁止なので画像はありませんが、
司馬遼太郎氏が収集した蔵書が高さ11メートルの壁面に、
約3400の書棚で約2万冊の書籍を納められてました。

歴史関係に留まらず、文化、地誌、語学等々
幅広いジャングルに渡り収集されており、
全てに目を通し作品の中で生かされているそうです。
私も、『竜馬が行く』、街道シリーズは好きで読みましたが、
並々ならぬ努力と執筆意欲の中から、生まれてきたんだと
再認識させられました。


記念館から10分程度歩いたところにある、お好み焼き屋へ。
入り口から木製の階段で店のある二階へ上がります。

IMG_7878.jpg
「伊古奈」
店内は、古民家そのもの。
昭和初期に迷い込んだかと思うほどレトロな雰囲気。
店内には、司馬遼太郎氏の『街道をゆく』の挿絵を描いた
須田刻太氏の作品が多数展示されてました。
IMG_7877.jpg

IMG_7870.jpg
伊古奈焼き(千円)をお願いしました。
具は、豚バラ肉、生でも食べられそうなホタテにえび。
いわゆる、ミックス焼きという奴ですね。



この店は、最近では珍しい自分焼き。
店員さんからレクチャーを受けつつ混ぜ混ぜ~


IMG_7873.jpg
先に、豚やホタテは良く焼いてくださいと言われつつ、
下の台をまぜまぜ。
均等に混ぜないいけないので、結構コツが入ります。

IMG_7874.jpg
ひっくり返すタイミングとかは店員さんが手取り足取り教えてくれます。
普通のソースのほかにメッチャ辛いソースというものもあって、
そちらも少々。焼き上がりました。。。。

程よい辛味があってうまいっす。
もうちょいマゼマゼした方がよかったかも。
次回は、もうひとつの名物。すじ入り焼きそばと合わせて食べてみたいですわ。
その他の酒のつまみもなかなか魅力的なものが多かったし。

ホント、美術館かと間違うほど店内には絵画がかけられてますね。
ここは、おいしく贅沢な時間を過ごせるお店やね。
司馬遼太郎氏も、この店に通ったのがちょっとわかった気がします(笑)

また、行かねば(笑)

人気ブログランキングへ
↑よろしければ、ポチっと(投票)お願いします!
 ランキングアップにご協力を!!↑



伊古奈 (イコナ)
TEL 06-6725-0430
大阪府東大阪市宝持1丁目2-18

残念ながら閉店されました。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: こんな店に行ってきました
Genre: グルメ

Comment

ショックー

あの伊古奈がつぶれました色付きの文字

  • うなぎん
  • URL
yeseul さん

情報ありがとうございます。
それは、非常に残念ですね。
あれ程に、趣き高いお店はなかったのに。
司馬先生も残念に思われるでしょうね。


> あの伊古奈がつぶれました色付きの文字

Leave a Reply










Trackback