三大奇祭・おんだ祭り 奈良・飛鳥坐神社

先日、西日本三大奇祭のひとつ、
おんだ祭りへ行ってきました。
奈良県明日香村にあります、
飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)に於いて
毎年2月第1日曜日に行われるお祭りでございます。

IMG_4052.jpg

IMG_4060.jpg

生命を象徴した神事として、
子孫繁栄、五穀豊穣の願いを込め行われますが、
別名、四大性神事のひとつとも呼ばれてます。
それは愛の契りが祭りの中で表現されるから。


IMG_4062.jpg
天狗が、黒牛の縫いぐるみで扮する牛男を引き連れてきました。

IMG_4064.jpg

翁の面をつけた農夫が牛男を田を耕させています。

IMG_4076.jpg
巫女さんの舞がはじまります。

IMG_4077.jpg 調べと共に厳かな雰囲気に。

IMG_4083.jpg
舞の後、天狗がお多福を連れてきました。

IMG_4092.jpg
何やらお多福に伝える天狗。

IMG_4094.jpg
お多福が急にゴロリ。その上に天狗が乗りかかる~公然と営みか~

IMG_4095.jpg
別の天狗が営みを遮ります~

IMG_4100.jpg
と思ったら、
天狗はん二人の営みを助けて出します~


IMG_4106.jpg
IMG_4107.jpg
神主様も参観者も厳かな愛の営みを見守ります。
ちなみにこの儀式は植えつけと呼びます。

IMG_4103.jpg
終わったようです。行為のあとを拭いた紙を、

IMG_4104.jpg
天狗が参観者へ拭いた紙を配ります。
<この紙は、「ふくの紙」といい、
手に入れた人には幸運が得られるとか。
そして、これをその晩に使うと子宝に恵まれるとか。
何に使うかはわかりませんが(笑)

IMG_4112.jpg
司会の巫女さんもお喜びです~
タイプだったので、この巫女さんを見てるだけで
個人的には大変堪能。。。(汗)


なかなか楽しい時間でございました。
愛の契りほど崇高なものはない~


飛鳥坐神社のHPにはこのように書かれております。
http://manyoujyuku.hp.infoseek.co.jp/musuhi.htm
「産霊」をムスヒと読みます。
ムスとは、発生する。生まれる。生える。
という意味を持ち、ヒは霊力を表します。
ムスヒとは天地万物のふさわしきものを、
合わせ、結び、新しきものとして生み成し
育てゆく霊妙な力をいいます。

「古事記」や「日本書紀」の中でも、生まれ育つ赤子や子どもの表象を
多く登場させ、「生み成し育ちゆく力」を最も価値あるものとして表現し
ています。

飛鳥坐神社では「おんだ祭り」の中で、五穀豊穣と子孫繁栄を祈るため、
田遊びと結婚生活をリアルに演じ、生命を象徴した神事として、
生成・発展・継続の願いをこめ、西日本三大奇祭の一つとして
多くの参拝者をいただいております。


ほんとにね。特に高齢化社会な日本には子供は国の宝だと思います。
いずれ、次世代のお世話にならないといけないのですからね。

飛鳥坐神社
鎮座地 奈良県高市郡明日香村大字飛鳥字神奈備708番地




関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback