「ジャンジャンブル(GinGemBre)」 大阪 高槻

大阪は高槻にある、
自称”喫茶店”のジャンジャンブル(GinGemBre)へ行く機会がありました。
今回もプーさんの企画。
いつもおおきにです。

で、今宵のネタはブランド豚の食べ比べ。

鹿児島産「もち豚」、大阪泉州産「犬鳴豚」、

滋賀産「蔵尾ポーク」


ワクワクしますね。どんな違いがあるのか。。。

その前に出てきた。
さんま2
さんまのソテー、夏野菜の煮込み肝ソース
もう、季節は秋なんやね。
さんまは大好物なので3つも食べてしまいました。。。大汗
野菜の甘味とさんまの脂が相まってすばらしいお味。

スープ
「ジャガイモとモロヘイヤとオクラの冷製スープ」

冷製スープは苦手なんだけど、イモの甘みとクリーミーな味わい、
モロヘイヤのエキゾチックな野菜美がええ感じ。
野菜大好きなんです。そんな時、やなもり農園の梁守さんの
野菜談義は興味深いっす。

さて次は今宵のメイン。ブランド豚の食べ比べ。
ぶた達
どれが何かわかりません。。。汗 ダフ屋のマンちゃん
ヒントくれってシェフに聞いてはります。
炎の浪花男さんですら悩んでる。
シェフに『浪花さんやったら一発で判るでしょう?』って(笑)
豚比べ
三つを並べるとそれぞれに赤身の色と脂のさしが違う。
神経質な豚をガマン強く育てた、生産者の英知の結晶ですね。
お味はそれぞれに特徴があり全く違う種類の肉かと錯覚しそうです。

数々の肉を食べ歩いた、
ごうしさんの満足げなお顔が旨さを語る。

藤尾ポーク
その中で自身が思うに一番美味しかったのは蔵尾ポーク。
いわゆる、バームクーヘン豚。かの有名なクラブハリエのバームクーヘンを飼料として
生産されただけに味にも繊細さが滲み出てますね。
牛1
和牛のもも肉の
ステーキ・ポルトシュ、エストラゴンソース。

エストラゴンは、フランスではポピュラーなハーブ。
牛肉は必ず毎日という肉ねえさんの為に登場。
桜色のお肉のやわらかさとソースがすばらしい。
アメリライス
海老のアメリカンライス
海老とホタテがたっぷり入りバターライスの甘みと海老のみそが
メインなソースが完璧にマッチング。
マンゴー
プーさんの蜜蜂プリン
甘美な甘みをもったマンゴーと濃厚プリン。
感想はひとつ。もう完璧!

ところで今回頂いた
蔵尾ポークのHPを読んで感動しました。

私があまりにも愛情を込めて豚を育てている様子が、
周りの人たちには少し不思議に映ることもあるようで、
「いずれはお肉にするために育てているんでしょう?
愛情を込めて育てるなんて、なんだか矛盾しているみたい・・・」と
言われることもあります。
でも、だからこそいかにより多くの人たちに
「なんておいしい豚肉なんだろう!」と言ってもらえるように育てていきたい、
なんてきれいな色のお肉なのかとほめてもらいたい、
それが大切な生命を活かすことではないかと思うのです。
あなたたちをこんなにいろんな人が褒め称えて、
喜んでくれているんだよと豚たちに伝えたいのです。
そして食べる方たちには、
「こんなにおいしくなってくれて、私たちの口に入ってくれて、
ありがとう」と思ってもらいたいのです。
豚の生命をいただくということを、単なる人間のエゴとして
捉えるだけではなく、人間が生きていくために命を与えてくれた
尊い生き物として感謝したいのです。


改めて、生き物にありがとうと言いたいですね。

ぷーさん、いつも素晴らしい企画をありがとう。
美味しいだけの会で終わりたくありませんよね。

『カフェレストラン GinGemBre』

住所:大阪府高槻市松原町7-4
電話番号:072-674-1919
営業時間:11:00~22:00
定休日 :火曜日

予約必須です。


関連記事
スポンサーサイト
Theme: こんな店に行ってきました
Genre: グルメ

Comment

  • おかか
  • URL
ぽーく☆

ポーク大好きです♪
いいなぁ食べ比べ!
最近美味しい物にちょっと飢えてます(笑)

  • もも蔵
  • URL

楽しかったみたいですね~♪
で、バームクーヘン豚って!!
クラブハリエのバームのファンだけに、すごく興味ありありです!!

  • うなぎん
  • URL
おかかはん

ようこそお越しやす。
ポークお好きですか。それだったら堪らないかも(笑)
例の企画。来月半ばやると思いますのでよろしく。

  • うなぎん
  • URL
クラブハリエ

もも蔵さん

お越しやす。
そうでしょうね。パテシュエmomoさんなら当然かと。
わたいも食べに近江八幡まで行きました。なかなかいい感じですね。
いつも混んでいるのがイヤだけど。

  • たかつきおじさん
  • URL
住宅街のバカウマ洋食店

辺鄙なとこなのに何時も満員、摩訶不思議。
なるほど、バカウマ、流石フランス仕込の腕前。
メニューにない魚料理食べてる人がいた? 事前注文しとくと
新鮮魚介類が食べられるそう、鯛のムニエルが美味いと聞こえ
羨ましいことこのうえない、次は別注するぞ~>
ジャンジャンブルって生姜のことだよ!!! マスターと美人店員夫婦でなかった?
ワインは南アフリカの白が最高。

  • うなぎん
  • URL
Re: 住宅街のバカウマ洋食店

たかつきさん

コメントおおきにです。
それ位に感動しはったんですね。
さすが生姜だけにキリっと記憶に残る味ですわ。

Leave a Reply










Trackback

今、高槻で「飛ぶ鳥を落とす勢い」 の洋食屋ちゅうたら“ここ”しかあらへんでぇ。 今日のテーマは、「ブランド豚食べ比べ~!」 洋食『ジャンジャンブル』 ここの担当者(幹事)は、もち“プーさん” 今回も気のおけへん仲間ら七人が集合! 「乾杯!!」 まずはビールで“ぷ