韓菜酒家ほうば 大阪 天満

春に行きました「韓菜酒家 ほうば」の宴。
今頃のアップで申し訳ありません。
季節的にもずれている為、ご参考にして頂ければ幸いです。

大阪・天満にある、韓国料理の店「韓菜酒家 ほうば」へ。
エスニック系好きのわたいにとっては興味深いお店ですよ。

店内は明るくカフェみたい。『Hanako』にでてきそうな雰囲気です。
女性客多し。
接客も天満のベタベタ大阪スタイルではなく、サラッとした感じ。
店のスタイルに合わせているのか、店員さんのキャラなのかは不明(笑)

人気店だけに今夜も予約客のみ。さてさて料理はどうやろ。

IMG_1932.jpg
まずはナムル&キムチ盛り合わせ

これだけの種類があると壮観ですね。野菜のごちそう。
韓国、朝鮮料理が薬膳料理と言われる所以です。
どれもしっかり出汁と塩の使い方が絶妙でしたね。

IMG_1934.jpg
チャプチェ
ごま油が効いて美味しい。和風な気がして新感覚です。
おもしろいコンビネーション。

IMG_1936.jpg
タイのフェ(刺身)
ピリ辛で自分のイメージしているコリアン料理です。
鯛が新鮮コリコリしてて旨かったなぁ。

IMG_1939.jpg
ニラと海鮮のチジミ
あっさりした味わい。油の使い方うまいからでしょうか。
新鮮な海鮮類が食感を踊らされてくれます。
IMG_1942.jpg
ホルモンと野菜炒め
飲み物がすすみます。ピッチがあがってきました(笑)

houba2.jpg
甘タイのチジミ
ふわっとした舌食感。
玉子の風味とタイの甘味、旨味がこれ以上に
アリマヘンと言ってる位に絶妙。
計算と研究尽された結果でしょうね。これは食べ続けたい!!


メインでございます。
IMG_1944.jpg
この魚たちを使ってなべ鍋。チゲともいいますな。
IMG_1945.jpg
伊勢海老さんも居てはります。
海鮮オールスター

グツグツ煮えると唐辛子の悩殺的な香りと海鮮の甘い風が流れてきます。
あまりに旨すぎて撮ってる場合じゃないと・・・・・(汗)

〆はこの出汁使って麺投入・・・・極楽往生な宴でございました。
食べてから三ヶ月経っても味が忘れられない。
それ程に美味しい和と韓が融合した新感覚なお料理でしたわん。



韓菜酒家ほうば
営業時間 17:00~23:00入店ストップ
※ 23:30ラストオーダー
定休日 毎週木曜日

http://houba.jp/

少し、脱線。
なぜに韓国、朝鮮料理には唐辛子を多用するの。
まっ赤に染まったイメージ。実際はそんな事ないですけどね。
唐辛子自体は中南米が原産。アジアにはなかった。
大航海時代に中南米からヨーロッパへ伝わり
やがて、オランダ商人から日本に伝わりました。
しかし唐辛子は当時日本ではなぜか普及していない。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に、
朝鮮半島へ唐辛子がもたらされたとの説が有力らしい。
でもね。文禄の役は1592年、慶長の役も1597年。
だけど書物よるとまっ赤に朝鮮料理が染まったのは
17世紀後半から18世紀。朝鮮出兵から100年くらいのブランクあり。
しかも秀吉は唐辛子を食物でなく目くらまし等武器として使用していた。
敵の武器を口にするのか疑問。

やはり謎です(笑)

唐辛子ひとつでも奥深いわ。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: おいしいお店
Genre: グルメ

Comment

  • アイントホーフェン
  • URL
おはようございます。

最後のくだり…
唐辛子大好き人間なので興味深いです。。。

 ほうばさん、無茶苦茶美味しいお店ですね。
凄く洗練された料理が味わえます!

  • Coquettish
  • URL

そうそう、ここ女性客が多いですよね
私が前回行った時も、私ともう一人以外は、全員女性でした。。
ここのチヂミは、なかなかの秀逸もんです、同行者はかなり気に入っとりました☆
海鮮オールスター、いいですなぁ♪
前回は肉系に走ってしまったので、次回はぜひそっち系で攻めたいです!!

  • うなぎん
  • URL

アイントさん

食文化を追いかけるとおもしろいですね。
大きな歴史の流れが影響している事がわかりますから。

ほうばさん。ユニークな店でしたよ。

  • うなぎん
  • URL
コケさん

返信遅くなりすみません。

ここは海鮮系の方がおいしいと思いますね、出しの使い方がお上手なので。

Leave a Reply










Trackback