FC2ブログ

鮨 千陽 大阪・福島 夢は見るものでなく、実現させるものだと教えてもらいました。

更新滞っております。すみません。
以前よりも、頻度は減りましたが、
飲み食いに外に出ていますよ(笑)

今回は、前々から興味があったお店に
行かせてもらいました。
大阪・福島にあります。
「鮨 千陽」さん。

ここのお店の特徴は、
握ってはる方が、寿しマイスター専科という
鮨職人養成学校の
カリキュラムを終えた方々。
しかも、
「3ヶ月でプロの寿司職人になること」を目標にした
短期集中コースです。

以前、ネットでホリエモンさんが
寿司職人になるまで“飯炊き3年握り8年”と言われる
修業に10年以上かけるのは
時代遅れだと言っている記事を見て
正直、そんな短期間の勉強で、お客に出せるような
寿司を握れるのかと思いましたが、
ミシュランガイド大阪には、 ビブグルマンとして掲載され
また、行かれた方の評判も悪くないので
僕も行ってみました(笑)

1-IMG_5809.jpg
お店があるところは、JR福島駅近くの飲食店が多く軒を並べるエリア。
その中で落ち着いた雰囲気を感じる店構えです。

店内は白木のカウンターで清潔感あります。

コースのみで、
お昼2部制、夜は、1階3部制、2階2部制となっています。

【ランチコース】2,800円(にぎり9貫)
追加1貫300円、巻物500円

【ディナーコース】
1階 3,500円
(前菜3種、お造り2種、にぎり9貫)
追加1貫300円、巻物500円

2階 7,000円
(前菜3種、お造り2種、一品物、にぎり10貫)
追加1貫500円、巻物700円

1階は、最近デビューされた方が握りはります。
そして、2階は、経験を積まれた方がご担当で
食材も違いコース料金が違ってきます。

予約は必須。
それぞれの時間の枠への予約となります。

★ランチ
①11:00~12:15
②12:30~14:00

★ディナー
3部制(1階)
①17:00~18:50
②19:00~20:50
③21:00~ラストオーダー23:00
2部制(2階)
①18:00~20:15
②20:30~ラストオーダー23:00

04-IMG_4876.jpg
カウンター上には、ご挨拶のカードが添えられておりました。

02-P1170143.jpg
日本語だけでなく、外国語バージョンも。
外国人のお客さんに日本の鮨の事を
知ってもらえますね。

09-IMG_4880.jpg
飲み物メニュー

02-P1170305.jpg
生ビールでスタートです。
この日は、まだ暑かった。
こんな時に喉ごし通るビールは
生き返る思いにさせてくれます。

料理をいただきます。
(※ご提供されたもの、画像で全てアップしていませんので)

03-P1170306.jpg
前菜
マグロの赤ワイン煮、湯葉豆腐
大根に土佐酢を和え

日本酒が欲しくなりますよね。
美味しい魚を前にしたら(笑)

2-IMG_5818.jpg
満寿泉 
本格辛口「通」
魚に会う酒と紹介いただきました。
富山の桝田酒造店醸造

04-P1170316.jpg
次は、お刺身。
まぐろ、鯛等、オーソドックスで。

11-P1170348.jpg
別の銘柄にチェンジ。
浪乃音 ええとこどり純米超辛口
滋賀・大津の酒蔵
浪乃音酒造さん醸造。

12-P1170350.jpg
辛口らしい締まった味わい。
魚や鮨の味を引き立ててくれます。

05-P1170321.jpg
お鮨をにぎりってもらいます。
最初は、剣先いかをお塩で。
甘みのある身を塩のうま味で味わいます。

06-P1170329.jpg
〆鯖
浅めの締め加減。

3-IMG_5819.jpg
別のお酒を。

4-IMG_5820.jpg
土佐しらぎく 斬辛 特別純米 八反錦
高知・仙頭酒造場さん醸造の辛口。
すっきりした酸も感じる魚のうま味を活かしてくれました。

07-P1170330.jpg
漬けマグロ
マグロの美味しさがまとまっています。

08-P1170332.jpg
次は、うにの三杯酢がけ

09-P1170343.jpg
しま海老
白海老のそぼろを添えて

13-P1170354.jpg
煮穴子
ふんわりした舌触りに仕上がっています。
わずか数ヶ月の鍛錬の仕上げりとは
思えない程。

14-P1170358.jpg
鉄火巻

15-P1170360.jpg
追加で握ってもらいます。
金目鯛の炙り

16-P1170367.jpg
これも追加で。
イワシの炙り

18-P1170380.jpg
そして、玉。
コース最後の〆モノ。
ふわっとした食感で
甘みのある生地にシャリが
挟まれています。

6-IMG_5823.jpg
留椀で
コースが終了です。

ここから後は、
8月に行かせてもらい
いただいたコースの
一部です。

この時の担当の方も、
若い女性で将来は海外に出て
お鮨を広めていきたいと仰っていました。

01-P1170140.jpg
生ビールの後は、

03-P1170147.jpg
前菜

05-P1170178.jpg
金目

06-P1170192.jpg
追加のにぎりです。

07-P1170196.jpg
夏らしい爽やかな日本酒も。

10-P1170209.jpg
金目

11-P1170215.jpg

焼く人で味も風味も違います。

12-P1170218.jpg
留椀

量は、男性でも満足できるかと。
足らなかったら、2次会へどうぞ(笑)
ネタ選び、下ごしらえ全て握り担当の方が
されるそうで、丁寧に仕上げてはって美味しかった。
このコース料金でいただけるのはお得感があります。

ただ、どんな事でもそうですが、経験のあるなしは大きいと思います。
また、いつか握ってもらいですね。

美味しいだけなく、
夢に向かって頑張っておられる姿や話しを聞かせてもらい
忘れていた事を
思い出させてくれました。僕も頑張らんとね。
まだまだ、人生は長いよ(笑)

ごちそう様でした。




関連ランキング:寿司 | 福島駅新福島駅中之島駅


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 寿司・鮨・すし
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback