熟成肉と本格炭火焼肉 又三郎 大阪・長居 熟成肉の美味さをじっくり楽しみませてもらいました。

いつか行ってみたいと思っていたお店に
暑かった真夏のとある日
食べるの飲むのが好きな方々と行きました。

1-IMG_3168.jpg
「熟成肉と本格炭火焼肉 又三郎」さん。
肉好き、グルメな方々からご贔屓のお店。
熟成肉の美味さを教えていただきます。

01-P1120679.jpg
乾杯です。
料理は、熟成肉を楽しむコースを
お願いしました。


02-P1120681.jpg
岩手県産黒毛和牛リブロースともう一種類の熟成肉
二種類の熟成肉を厚切ステーキで食べ比べさせてもらいます。
焼く前に、今夜いただくの熟成肉を見せてもらいます。

03-P1120683.jpg
ステーキを焼く前に
肉一品。
こちらも朱に輝いた美味しそうな肉。


06-P1120691.jpg
炭火の網焼きで軽く火を通して

2-IMG_3173_201610021003461a9.jpg
徐々に桜色と変わっていきます。

05-P1120689.jpg
食べごろ。
いただくと、次第に
肉がとろけていくのが
わかる。美味いよ。

08-P1120699.jpg
厚切りステーキには、表面に焼きを入れて。

3-IMG_3175.jpg
胡椒等々少々。
一旦、焼き台から肉を外して
アルミホイルに巻いて
余熱でじっくりと。


10-P1120705.jpg
その間に、もう一方のお肉
岩手県産黒毛和牛リブロースにも火を入れていきます。


11-P1120710.jpg
こちらも一旦外して
こちらも余熱でじっくり焼き上げていきます。
この繰り返す事、三度。


12-P1120712.jpg
前菜盛り合わせが登場。
これは美味そう。

14-P1120716.jpg

13-P1120714.jpg
熟成肉のミニバーガー

24-P1120752.jpg
ミニバーガーの断面。
きめが細かいパティ
良い色加減です。


15-P1120721.jpg
お皿に取り分けて。
野菜もハムも色鮮やかな。
シャキシャキ、甘味と旨味の食彩祭り。

16-P1120723.jpg
甘露色の白ワインを
グラスに注いでもらいます。


17-P1120726.jpg
再び乾杯です。

18-P1120732.jpg
コンソメのジュレ

19-P1120733.jpg

20-P1120738.jpg
お口を直して。

21-P1120743.jpg
ベルギービールの製法で造られた「欧和」
香りの高いビールで美味しかったです。


22-P1120746-11.jpg
手間暇かけた
ステーキの肉塊が焼き上がってきました。

23-P1120748-11.jpg
きつね色の表面がきれい。
もちろん、美味いはず(笑)

27-P1120760.jpg
じっくりと焼き上げた
2種類の熟成ステーキを食べ比べさせてもらいます。

29-P1120767.jpg

35-P1120784.jpg
噛みしめる度に幸せ。
熟成肉独特の旨味凝縮が
こんなに美味いものかと思わせてくれる
肉達。


30-P1120768.jpg
同席の方のお皿。赤と黒の二色のお皿に盛り付けられてサーブ。
黒と赤の違いで雰囲気も変わるものですな。


31-P1120771.jpg
お肉には、赤ワインですね。

32-P1120775.jpg
ご一緒された方が、最近ソムリエを取られたとか。
持ち込んだ(持ち込み量r要)ワインを
サーブしてくれはります。


38-P1120787.jpg
もうちょっと、正直お肉食べたい気もあったが
梅出汁茶漬けでホッと一息。

39-P1120796.jpg
パティシェ高見氏のデザートから
最後のデザートまで美味しさを追求されています。
期間限定モノをお願い。
メロンの中に濃厚アイス。
たっぷりのメロン果実と果汁と一緒に。
ボリュームたっぷり。
至福の時(笑)


40-P1120797.jpg
他の方々は、お好きなデザートを
それぞれセレクト。
濃厚バニラのクレームブリュレとエスプレッソ

41-P1120803.jpg
自家製シロップとふわふわかき氷(宇治金時)
それぞれ、味見させてもらったが
デザートも半端なく美味い。
食べ終わったら、結構満腹に。


42-P1120807.jpg
料理と共に楽しんだワイン達。

1-IMG_3182.jpg
ランチもやってはります。

評判通りの味、雰囲気、サービスを
楽しませていただきました。

ある程度の人数でコースを予約していけば
お得に美味しく楽しめると思います。
オススメのお店です。

ごちそう様でした。




関連ランキング:焼肉 | 長居駅


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 焼肉・ステーキ
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback