中国菜一碗水 大阪・堺筋本町 水無月の晩餐を楽しみます。

また、いつか行ってみたいと思っていたお店に。
呑み友と僕の復活祝い兼ねて行かせてもらいました。

01-IMG_0944.jpg
「中国菜一碗水」さん。
堺筋本町駅から歩いて5,6分、東郵便局すぐそばにあります
創作中華の名店です。
前回、お伺いしたのは2010年。ほんと、久し振りだ(笑)


11-IMG_0953.jpg
飲み物メニューから。

12-IMG_0955.jpg
青島ビールをいただきます。
さっぱりとした味わいは、味のしっかりした中華に合いますな。
これは輸出用なのか。以前、中国本土で飲んだものよりもすっきり感じる。

10-IMG_0950.jpg
行った月(6月)の夜メニュー
月替わりでのコース料理。
創作という言葉が似合う
ここは、ご主人の渾身の作を味わう場。

02-IMG_0947.jpg
先付けが席に着くと供されます。
お店はカウンターのみ。
夜はコースのみ、開始時間も6時と8時半の二部制。
この日は、休みだったので早い時間の方で。
平日だったせいか、運良く数日前の予約で入れました。

合鴨の砂肝煮とナスのマスタードと山椒のソース添え。
美味いね。
山椒の刺激は抑えめでしたが、
ご主人が織りなす
食の世界への出発にはぴったりの料理。

07-P1110461.jpg
紹興酒をお願いします。
カメの底と上澄みとは風味がちがうと
別けて出してくれはりました。

03-P1110451.jpg
お次は、前菜として
手羽先揚げと剣先イカの煮物。


04-P1110453.jpg
剣先イカ美味しい。
生姜の風味と身の舌触りが良いですよ。


05-P1110455.jpg
また、手羽先はパリパリとした皮
そして、ジューシーな身が堪りません。

06-P1110457.jpg
グラスを持つ手が休まらない(笑)
上澄みと下の部分で色合いが違いますが
見た目わかりにくいかな(苦笑)
でも、風味の違い、軽い飲みやすさと
しっかり目の味、それぞれ双方の良さが
楽しめて良かった。


08-P1110467.jpg
中国菜と豆腐が入ったスープが。
優しい風味でホッと一息。

09-P1110470.jpg
季節の野菜炒め。
熱されたヤングコーンが甘美。
上に添えられているものは、カンラン(中国のオリーブ)


13-P1110475_201606270645019a3.jpg
豚バラ肉の蓮の葉包み。

14-P1110477.jpg
煮込んだ豚バラ肉を、さらに蓮の葉で包み
オーブンで焼いた料理。
ご主人のこだわりを伺えます。


15-P1110485.jpg
添えられた蒸しパンを挟んで食べてみた。
不愛想な食べ方かと思ったが
この方が、東坡肉(トンポーロー)に詰まった
旨味、ソースを余すことなく楽しめると思ったから。
豚の脂身、蒸しパンの甘味も手伝い
この上ない極上の瞬間を味わいました。


17-P1110489.jpg
天然鰻にニラを添えて。

16-P1110486.jpg
鰻の濃厚さとニラのさっぱり感
双方の良さをバランスよく楽しみます。


18-P1110494.jpg
晩餐も終盤。
トリを飾るのは、フカヒレがたっぷりかけられた飯。
フカヒレから放射状においしい出汁が出てきて
飯を思わずかき込んでしまう。
美味いご飯が食べられる時ほど
嬉しいものありまへんなぁ(笑)


20-P1110499.jpg
デザートです。
マンゴープリンとライチのムース
それに、マンゴーのカキ氷
さらに、杏仁ソースをかけて。


19-IMG_0962.jpg
口に福と書いて
幸福ならぬ口福なる造語を良く見ますが
まさにその通り。
口の中は幸せいっぱい(笑)

また、食べに来られるよう
日々頑張っていきたいと改めて思いました。

料理だけでなくお店のの方の応対も卒ない
気持ち良い空間、時間を作っていただきました。
僕の一押しのお店です。

ごちそう様でした。




関連ランキング:中華料理 | 堺筋本町駅谷町四丁目駅本町駅


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 中華料理
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback