うなぎんの味言葉、香り言葉|山元麺蔵 京都・岡崎 良い店に行けば幸せになれます。

山元麺蔵 京都・岡崎 良い店に行けば幸せになれます。

ちょっと京都へ。

この日は月曜日で周りにある
美術館や動物園が休日なので
混雑はひどくないだろうと思い行ってみました。

03-IMG_9643.jpg
「山元麺蔵」さん。
京都・岡崎にある、超絶に人気のうどん店。
恥ずかしながら初めてお伺いします(笑)
混雑時には、ユニバの人気アトラクション並に
待たないと入れないと聞いていたから
なかなか行けず(汗)(待つのが大嫌い)

ビンゴ~でした。
数人しか店頭で待っていない。
店内でも数人待っているが
大した問題でなし。
ちなみにお隣の人気店
「岡北」さんも店頭で数人程度お待ち。


増えている中国系団体さんらが
同じ並びにある、龍門さん(ここも旨い)から
多く出て来はった。

帰り際には、どちらも増えていましたから
タイミングの問題??
それほど待たずに食べられたのは
運が良かったようです。


01-IMG_9637.jpg
店頭で待っている間に、手渡されたメニュー(一部)
何にするか、迷うなぁ。
お出汁が美味しく評判のきつねうどんが気になるが
新緑が輝く季節。
日中暑く、冷たいうどんが食べたくなる。
牛と土ゴボウのつけ麺。
これをお願いしてみます。
メニュー左端に書かれているのは
そのお店の代表メニュー(一番食べてもらいたい料理)と
思っていますので。
勝手な俺流原則でございます(笑)


02-IMG_9639.jpg
単品モノ
あれもこれも食べてみたい(笑)
ゴボウが天ぷらで無くささがきですと言うてはったので
ちょっと小さな鶏ささみ天丼もお願いしてみます。


待ち時間15分くらいでカウンター席に通されました。
店頭で待っている間、お茶サービスいただきます。
さりげない気配りが良いなぁ。


05-IMG_9649.jpg
牛と土ゴボウのつけ麺
長いうどんを切るための挟みが用意されていました。
使ってみたら便利ですな。

06-IMG_9650.jpg
冷たく締められたうどんは
モチっとしたグミ感があり食べやすい。
年輩の方でも楽しんで頂けるのでは?

IMG_9654.jpg
適度なコシもうどんにはあるから
口の肥えたうどん好きな方も満足されるかと思います。

IMG_9652.jpg
つけ汁
かつお節の香りや濃さが半端ない。


12-IMG_9664.jpg
具のささがきされたごぼうはきれいな切り口。
丁寧さがうかがえます。
たっぷりのお肉から出た旨味。
凝縮の度合いとバランス感が素晴らしいです。
僕には濃い味かな感じましたが
それは好みの問題なのでね。


11-IMG_9663.jpg
適度にうどんを浸して
しばし、幸福の時間を過ごさせてもらいます(笑)


09-IMG_9657.jpg
ちょっと小さな鶏ささみ天丼

IMG_9660.jpg
たれがかかったご飯と一緒に
黄身を絡ませながら
揚げたての鶏ささみ天。
これで美味しくない筈ないでしょう(笑)


13-IMG_9668.jpg
マスターからのサービスですと
杏仁豆腐。
優しい甘さで美味しい。
来店者皆さんへの
気配りが嬉しいですね。
常連さん、一見さん関係なく。
外国人の方にお店のおばさんが
一生懸命マネージャーサービスと説明してはった。
外国人の方は??って感じでしたね。
フリーと言う方が通じるかも。
余計なお世話か。

お客さんが食べて席を立つと
ご主人が出てこられて
お礼のご挨拶。
みなさん笑顔で帰って行かれます。

04-IMG_9647.jpg
大勢の方からひいきにされる理由がわかります。
それは、味に対する姿勢、お客さんに対する姿勢、従業員に対する姿勢
どれにもポリシーを持って接されているご主人の姿勢だと。

勉強になりました。
また、伺いたいお店です。

ごちそう様でした。


山元麺蔵

昼総合点★★★★ 4.6



関連ランキング:うどん | 東山駅蹴上駅三条京阪駅

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

Tag:うどん  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム