うなぎんの味言葉、香り言葉|ベルギー旅日記 その3 今頃、昨年2014年の旅話ですが。アントワープでのフランダースの犬について。

ベルギー旅日記 その3 今頃、昨年2014年の旅話ですが。アントワープでのフランダースの犬について。

昨年9月に行きましたベルギー旅の記事の続きです。
何を今頃と言われそうですが(大汗)
丁度、1年経ったのでね(笑)

書こう、書こうと思いつつ延び延びに。
他意は無いです。単なるものぐさなだけ(苦笑)

http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-entry-2054.html
ベルギー旅日記その2 イスタンプールからブリュッセルを経てアントワープに
この続きです。


ベルギー・ブリュッセル空港からバスでアントワープへ。
その前にユーロを用意するのを忘れてた(大汗)
ヨーロッパには来たのは、ユーロ導入後初めて。
昔は、フランだのマルクだの言ってましたね。


ATMから引き出しますよ。
こんな時、シティバンクに口座持っていると便利。
手数料だけで済みますから。
しかし、11月からSMBC信託銀行に統合されて
「PRESTIA(プレスティア)」になるとか。
利便性が無くならないとええけどねぇ。


ネットで予約した駅近くのホテルに投宿。
少ない滞在日数なので時間を優先。
在住の友人と会う時間まで駅周辺や街をぶらぶら。


2-P1020677-2.jpg

3-P1020678-3.jpg

4-P1020682-4.jpg
アントウェルペン中央駅(アントワープ)
1905年開業
ベルギーの建築家Louis Delacenserieが設計
建物と待合ホール上の巨大な石のようなドームは
鉄とガラスで作られているそうな。


5-P1020683-5.jpg
近年、大改装されて行き止まり式だった
ホームの下に地下鉄線を建設
通過できるようしてブリュッセル - アムステルダム中央駅間の
中間駅としての機能が完成。


6-P1020686.jpg

7-P1020688.jpg
コインロッカーもあります。
でも、小さいサイズで3ユーロ。
ヨーロッパは物価が高い。


8-P1020690.jpg
なぜか日本語のボタン。
そんなに来るのか。ここには日本人が。


01-P1020821.jpg
ノートルダム大聖堂へ。
曇りがちだったのが残念。


1-P1020844.jpg
大聖堂は世界遺産のひとつでもあります。

1-P1020774.jpg
内部に。

02-1-P1020762.jpg

03-2-P1020766.jpg

04-3-P1020768.jpg

05-4-P1020769.jpg


2-P1020777.jpg

3-P1020779.jpg



4-P1020780.jpg
フランダースの犬でも
日本で知られている
ルーベンスの祭壇画がありました。
『キリストの降架』


07-6-P1020773.jpg
『キリストの昇架』
ここの前でネロとパトラッシュが眠りにつき
天使に召された記憶がありますよ。


2-P1020846.jpg
外に出てみたら、晴れてた。
ラッキー。


3-P1020877.jpg
天気の良し悪しは運。
良い旅になりそうな(笑)


2-IMG_6568.jpg
市庁舎前広場で自転車の競技大会が開かれていて
大勢の人。


1-IMG_6567.jpg
確か、フランダースの犬のモニュメントがあるような事が
ガイドブックにあったので探してみたら。


3-IMG_6570.jpg
お子達の足元に(笑)

4-IMG_6571.jpg
何とも物悲しい。アニメのイメージとは大違い。

5-IMG_6572.jpg
きれいに撮れてなくてすみません。
女の子が乗っていたから遠慮気味に。
だって、彼らこのモニュメントの意味わからんもん(笑)

フランダースの犬
この物語は、悲しみの奥底から見出す事の
できる本当の希望と友情であり、
永遠に語り継がれる私たちの宝物なのです。
寄贈:TOYOTA

と日本語で書かれておりました。
これじゃあ、余計わからんよね。
現地の人達。

フランダースの犬の舞台となったのは
アントワープ近くの町ホーボーケンですが
作家は英国人のウィーダ
1872年に出版されるも
ベルギーで紹介されたのは、もっと後の事らしく
この物語を知っているベルギー人はあまりいないみたい。


日本では明治41年に翻訳されましたが
一番知られたのが1975年に放送されたアニメでしょうね。
これも原作とは違う部分あるみたいです。

有名な眠いよとパトラッシュにネロが言ったシーンは
番組スポンサーだったカルピスの当時の社長さんが
クリスチャンだったことから
それで天使に召天されるシーンになったそうな。

続きは思い出しながら、ぼちぼちと書きますね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

Tag:旅行、街歩き(海外)  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ランキング