うなぎんの味言葉、香り言葉|火場焼はまじま 大阪・堂島浜 ビオンタ アルバリーニョ 2013 教えたくないと思えるほど魚介を美味しくする大西洋育ちの白ワイン。

火場焼はまじま 大阪・堂島浜 ビオンタ アルバリーニョ 2013 教えたくないと思えるほど魚介を美味しくする大西洋育ちの白ワイン。

久し振りに堂島の方へ。
今回は、サントリーさんからのお招きで伺いました。


1-P1050355.jpg
こちらのお店へも久し振りです。
「火場焼 はまじま」さん。
こちらでは、三重県伊勢志摩の浜島町から直送された
新鮮な海産物を楽しめます。
特に、火場焼が美味しい。


4-P1050205.jpg
海女さんが仕事を終えた後、生きたままの魚介を
炭火で焼いて食べたのが始まりの郷土料理。
お店の焼娘さんが魚介を焼いてくれはります。


2-P1050314.jpg
今日は、新しく販売された魚介専用白ワイン「ビオンタ アルバリーニョ 2013」
製品案内と実際に魚介と合わせ飲んでみよういうイベントでございます。


4-P1050070.jpg
スペイン最高の白ワイン産地、リアスバイシャスからの海のワイン「ビオンタ」のご紹介から。
ご担当のサントリーワインインタナショナル(株)シニア ワイン アドバイザー様より
ビオンタ アルバリーニョ 2013のご紹介から。
スペイン ガリシア州 リアス・バイシャス地方のワイナリーで醸造されています。
このエリアの地形はリアス式海岸で大西洋に面しています。
今年お正月にポルトガルへ行ったので何か親近感が沸いてきますね(笑)
海岸ぎりぎりのところにワイナリーがあり、ぶどうが栽培されているところから
海のワインとも呼ばれています。

1-P1050336.jpg
ビオンタの名はワイナリーから見える海に浮かぶ無人島の名前から。

1-P1050104.jpg
ぶどう品種は、アルバリーニョ種。
ワインのこと、全然詳しくないのですが、スペイン原産白ワイン品種
香りが高く酸味豊富。辛口のワインになるとか。
まずはいただいてみます。
酸味とミネラルがたっぷり。辛口のワインで美味しいね。
白桃のような香りがしますとありましたがフレッシュな香り。
酸味があるので魚介に合いそうです。


2-P1050359.jpg
お料理は「鳥羽」コースでいただきます。
海のワインと海の幸。
どうなりますやら楽しみです。


1-P1050073.jpg
最初は、ザ・プレミアム・モルツで乾杯。

2-P1050087.jpg
お通しです。
もずく酢、ツブ貝、胡麻豆腐。
ここの料理はお通しから美味しい。


3-P1050093.jpg
お刺身とビオンタ。
「海まかせのお造り」

3-P1050115.jpg
白身、甲殻類、赤身
それぞれ合わせてどう味の変化がするのかが楽しみ。
思うに白身の淡白な味わいを引き立てますね。酸味と辛口で。


3-P1050125.jpg
続いて岩牡蠣です。

4-P1050131.jpg
塩気の味ある牡蠣とビオンタ。
どんな味になるのか。合わせてみますか。

牡蠣の旨味とクリーミさを引きたて、一方、牡蠣独特のえぐみを消してくれますよ。
このワイン。


4-P1050154.jpg
メイン料理が来ました。
はまじまさんご自慢の火場焼です。


5-P1050165.jpg
海女さんが運んで来たかのよう籠に。

6-P1050170.jpg
サザエ、はまぐり、大アサリ、そして伝助穴子。
車海老はまだ生きてはります。
串に刺されているのに。
残酷焼と言われる由縁ですな。


2-P1050149.jpg
さて、どんな味の世界が待っているのか。

1-P1050162_20150528092547c50.jpg

1-P1050174.jpg
まだ生きている海老様。

2-P1050180.jpg
最後の叫び?
彼らの命をつながせてもらいます。


3-P1050186.jpg
鮮やかな朱色が食を進めますね。

1-P1050217.jpg
はまぐり、大あさりが次に焼かれていきます。

2-P1050228.jpg
磯の香りも楽しみながら待ちますよ。

2-P1050238.jpg
はまぐりの勢いと

1-P1050230.jpg
大あさりのたくましさを視覚、味覚で味わいます。

1-P1050245.jpg
サザエ
独特の食感が好きですね。
結構、癖のある磯の味にもビオンタは良いですね。


2-P1050250.jpg
これにどう立ち向かうのか。
ビオンタ(笑)


1-P1050311.jpg
辛口の味わいが海鮮には絶対日本酒と言う方にも
これはおススメできるかな。


1-P1050256.jpg
伝助穴子
脂の乗った身が光ります。


2-P1050264.jpg
一番ビオンタに合う気がしました。
美味かった。脂分と相性良さそう。
洋食系料理と合わせても面白い味が楽しめるかも。


1-P1050283.jpg
山の幸もいただきますよ。

1-P1050286.jpg
場の盛り上がりが最高潮になっております。
酔いもええ感じみたい。
ただ、吞み過ぎにはご注意を(笑)


1-P1050303.jpg
アクセントがある味で好きなお豆ですね。

2-P1050320.jpg
最後には、ご飯もの。

1-P1050316.jpg
貝の炊き込みご飯。

3-P1050326.jpg
出汁をかけていただきます。
旨味たっぷりのおすまし出汁を
ご飯にかけていただくと
気持ちが落ち着いてきました。
ほっこり。


4-P1050345.jpg
デザートはアイスクリームで。

2-P1050292.jpg
コースの料理それぞれにこだわりと味があって
美味しかったです。
初体験のビオンタ アルバリーニョ 2013とのマリアージュを
楽しませていただきました。


1-P1050123.jpg
はまじまさんでは、グラス850円、ボトル5,000円(税別)で
ビオンタ アルバリーニョ 2013が提供されています。


1-P1050064.jpg
はまじまさん。
いつ行っても美味しいですね。
おすすめのお店です。
ご馳走様でした。


1-P1050351.jpg
魚介専用白ワイン
海のワイン”ビオンタ”
「大西洋の恵みあふれる白ワイン」

サントリー公式HPより「VIONTA」商品案内
http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/
お買い求めはAmazonにて(Amazonをクリックで商品案内へ)


2-P1030446.jpg

3-P1030454.jpg
これを見たら思い出しましたよ。
大西洋


4-P1030456.jpg
そして、今冬に行きました、ポルトガル・ロカ岬も。

1-P1030442.jpg

10888858_418576304961451_2337555419653140498_n.jpg
遠すぎて、また世界地図では分割されて表示されているから
ピンと来ないかもわかりませんが大西洋の大海原が広がっていました。
大西洋の空気いっぱい吸ったワインを時には楽しむのもよろしいかと。


はまじま



関連ランキング:炭火焼き | 大江橋駅淀屋橋駅北新地駅

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム