鮨れんげ 大阪・北浜 鮨、料理を職人の技で堪能させて頂きました。

外でご飯を食べる時、日常の生活の延長の時とそうでない時があります。
仕事中の昼休みで食べるランチとか、疲れて夜ご飯作りたく無い時とか。
一方、非日常な時もあります。
何かのお祝いやデートとか。
時には自身のご褒美にも。そんな時は、何か理由をつけているだけですが(笑)


01-IMG_5753.jpg
「鮨れんげ」さん。
大阪・北浜近くにあります。淀屋橋からもそう遠くありません。
普段行かないところに行き、非日常の味わいたいと思い、こちらのお店に。

サントリーさんのご紹介でお伺いしました。


02-IMG_5755.jpg
店内は凛とした雰囲気で白木一枚のカウンター。
これぞ、寿司屋と言うべき感じかな。
お若いご主人ながら気風を感じます。
こちらも背筋伸ばして腰かけます(笑)
まずは、お通しとビールを。
料理、鮨はお任せでお願いします。


08-P1020350.jpg
まずは、ビールを。
こちらのお店は、飲み物にもこだわりを。
ザ・プレミアム・モルツ超達人認定のお店です。
時間をかけて最良の状態で提供されます。


06-P1020346.jpg
お造りをお願いします。
器の重厚感と色取りを見ているだけでも
気分が高まってきますね。
右側に置かれたガリは、包丁で捌かれ一枚一枚おり重なり出されます。
職人技ですよ。


07-P1020347.jpg
長崎産メイチ鯛
甘みと弾力のある身で淡白。
初めて聞く鯛の名前だったので調べると
目が大きい事からきているらしい。


09-P1020353.jpg
はもですね。
夏はこれを食べない事には。
絶妙な塩加減、包丁捌きで供されたものを頂きます。

10-P1020356.jpg
鱧の別の楽しみ方。
浮き袋、この部分と肝の煮凝りを。
お酒が進む一品。


11-P1020360.jpg
イシガキ貝です。
三陸産。
とり貝に似た食感で甘味がある。
噛みしめる度に旨みが出てきます。


12-P1020361.jpg
気仙沼産かつおたたき
脂がバランス良く乗っている。
腹の部分と二種盛りになっているので
味の濃淡の違いが楽しめました。逸品のお料理。


13-P1020368.jpg
つまみから、握りに。
甘鯛の昆布〆
シャリに使われているお酢が純米冨士酢に、あと2種ブレンドしたものとの事。
酸味を感じます。関西的では無いね。
鯛と昆布の旨みと酸っぱさの妙味を合わせ楽しませてもらいました。


14-P1020370.jpg
こはだ
江戸前の代表ネタ。
独特の舌触りが好きであればお願いするネタです。


04-IMG_5767.jpg
しめ鯖
脂のノリが格別です。
今年一番の美味しさ頂きました。


16-P1020380.jpg
甘味をじっくり味わいます。

17-P1020381.jpg
しらさ海老
レアな状態での仕上がりが良いですね。


18-P1020386.jpg
まぐろ漬け
シャリの酸味と合わせると
丁度いいバランスに。


19-P1020396.jpg
中とろ
きらりと光るネタを頂きました。
鮮度が良く丁寧な仕事をされているので
美味しいですよね。


20-P1020399.jpg
ウニ淡路産
もう一気に食べた。美味しいモノは早く(笑)


21-P1020404.jpg
穴子
たれと塩で。
これも好きなネタです。
ふんわりとろける瞬間が一番良い。
双方の味を堪能させてもらいました。

22-P1020407.jpg
お酒も結構飲んだので酔い気味に(汗)
お茶を頂いて完了とします。
職人の技と味を楽しませて頂きました。


23-P1020410.jpg
高級感ありますが(お代もだけど)
一度入ったら落ち着けるお店で良かったです。

ごちそう様でした。


http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00108944/index.html
鮨れんげ (サントリーグルメガイドより)
http://gourmet.suntory.co.jp/find/s_search/sp__11ZESGG1302A/temp__chotatujin/
サントリーグルメガイド超達人店のページ

関連記事
スポンサーサイト
Theme: お寿司
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback