機内食も変化して来ましたねぇ。 キャセイパシフィック航空 関空ー台北、ANA 台北(松山)-羽田

何気ないお弁当や料理でも食べる場所によって
美味しさの感じ方が違うものですね。

例えば、列車の車内で食べる弁当や飛行機の機内食とか。
ここ最近は、LCCばかり乗っているので機内食を食べる機会が減っていますが、
久しぶりに食べたら何か良くも悪くも変化してきているなぁと思った。


1-IMG_5184.jpg

2-IMG_5186.jpg
同じ画像を何度も出していますが、
先日乗ったキャセイパシフィック航空


3-IMG_5188.jpg
エコノミーでもモニターがあるだけで
何か上等に感じる(笑)
LCCも良いが一般のエアラインにも、たまには乗らないとね。


1-P1010830.jpg
関空から台北(桃園)までの機内食。
容器が熱々を通り越してやけどする位の
熱され出されてた(笑)
国際線に乗る面白さは、こんなに日本的でない
サービスや味を楽しめたり、出会ったりする事。
それも我慢の限度はあるけどさ(笑)


2-P1010833.jpg
豚の角煮と炒飯の機内食。
味付けは香港ベース。八角風味ありの甘目。
ええ感じのつまみになりますな。
CX Y(KIX-TPE)

4-IMG_5191.jpg
昨年、キャセイパシフィック航空で台北から関空便で帰国。

8-1-IMG_0360.jpg
その時に出された機内食。
ほとんど、おかずが無い。鶏の煮込み的なもの位か(笑)
ビールは甘いモノ食べながら飲む事に。
フルーツがまあまあ食べられた程度でしたね。
乗ったのが、香港から台北経由で関空に行く便で
香港台北間も軽食が出たからかも。
CX Y(TPE-KIX)


13-P1020079.jpg
先日、初めてB787機に乗りましたよ。
最近は不具合も落ち着いてきたような。
新しい機種は機内で感じる匂いが真新しくて良い。


12-P1020074.jpg
B787の窓。日よけブラインドは無く
窓がオートで濃淡変化しはる。
デザインだけでなく機能も最新鋭です。


5-IMG_5232.jpg
ANAの機内食。
台北(松山)-羽田間で出されたハンバーグ。
NH Y(TSA-HND)


6-IMG_5233.jpg
肉の臭みが消えていなくてバラバラな口あたり。
味イマイチ。
ANAはんは以前から、よく乗らせて頂いて
機内食も国際線でいろいろと食べさせてもらいましたが
今回のはねぇ。ちょっと。
気合を入れてはる赤社に負けるで(苦笑)
羽田の発着枠が増えたって喜んでいるだけでは。


7-IMG_5234.jpg
副菜をつまみにしてビール。

6-IMG_0344.jpg
台湾新幹線車内で食べた
台鐵便當です。
60台湾ドル(200円弱)

7-IMG_0345.jpg
豚肉を揚げた、排骨がどんと上に乗っております。
量はそれほど多くないがなかなか美味かった。

機内食もこんなお弁当を有償で出してくれたらなぁ。
規定でダメなんでしょうけどね。

うだうだ話に、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 台湾旅行
Genre: 旅行
Tags: 

Comment

  • さいちゃん
  • URL

このレポートは面白いですね!

興味持って、読ませていただきませたよ。

ホント、たまにはLCCだけじゃなく、従来のエアラインにも乗らないと…
ですよね^^;

  • うなぎん
  • URL
さいちゃんさん

コメントありがとうございます。
大した事何も書いていなく感想を言っただけですが
日々どちらも、いやどこもでしょうが日々変化していっていますね。
それが、受け入れられるか否かの見極めが難しいんですけど。

Leave a Reply










Trackback