THE AGING HOUSE 1795 大阪マルビル店 うまい熟成肉をメーカーズマークと共に。

初夏と言う言葉が、もう辞書だけになりそうな位
ここのところ、真夏の暑さでしたね。かなわんです(大汗)
こんな時は肉を食べて気合を入れて。
ブラジルでワールドカップも始まりましたし(笑)


今頃にブログアップで申し訳ないです。
先月、参加させて頂いたサントリーさん開催の「Maker's Mark セミナー」後は懇親会へ。


Maker's Mark セミナーの記事です。ご参考まで。
http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-category-53.html#1968


29-P1010474.jpg
「THE AGING HOUSE 1795 大阪マルビル店」さん。
堂島にあるサントリー本社一階にも店舗があり、今回はその二店舗目として
大阪マルビルに3月12日進出されたそうです。


32-P1010482.jpg
熟成肉を使った料理が楽しめる肉バルとしても使えますね。
ハイボールと合わせると味の新しい発見ができるかも。
あと、ランチの営業もされています。


30-P1010475.jpg
世界No.1の販売数量を誇るバーボンウイスキー「ジムビーム」の取り扱いを
今年1月からサントリーさんがされましたが、その楽しみ方として
そのバーボンを“クールに(かっこよく)楽しむ”こと、
バーボンに氷を入れて“クールに(冷たくして)割って楽しむ”こと
この2つの意味を込めた“クールバーボン”をキーにして今後展開されるそうな。

今までバーボンはロック、ストレート、水割りのオーソドックスな飲み方しか
私はしなかったので、どんな味わいになるのか。楽しみです。


02-P1010320.jpg
メーカーズマークのハイボール(618円)で乾杯です。
これ、オレンジが添えられていて飲みやすいですね。
バーボンのバニラエッセンスな香りとオレンジの甘い香りの相性が
なかなか良いですよ。
お酒の弱い方でも楽しめるかも。
ただ、飲み過ぎにはご注意ですけどね(笑)


1-懇親会
こちらのお店、アメリカンバースタイルだなと思ったら、

~サントリーニュースリリースより抜粋です。~
「ジムビーム」のフラッグシップ店として、ビーム社創業の年である1795年を店名に使用しました。
また、“熟成”を経て生まれるバーボンと、当店おすすめの“熟成肉”を表現し、
「THE AGINGHOUSE 1795」と名づけました。
店内の装飾も「ジムビーム」の貯蔵庫をイメージし、レンガや実際にバーボンの熟成に使われた樽を
使用しました。
~とありました。こちらのお店のコンセプトのようですね。
仲間との飲みからデート使いまでいろいろ使えますよ。

04-P1010329.jpg
メニューです。
熟成肉と燻製がメインテーマ。


05-P1010331.jpg
ジンビーム、メーカーズマークの使った飲み物リストが。

06-P1010335.jpg

07-P1010336.jpg
他には、ワイン、ビール、カクテルも用意されていますので
お好みで楽しめます。


08-P1010341.jpg
熟成肉を使ったメニュー。
これからの時期は、お肉でスタミナをつけないと(笑)


09-P1010343.jpg
燻製の料理も。
ウイスキーの香りと一緒に楽しむと
今までとは違う味を楽しませてくれますね。


10-P1010345.jpg
ピッツァ、パスタ、チップス等々
ビールやハイボールのつまみに合う料理も。


11-P1010348.jpg
スモークなモノが来ましたよ。
肉屋のポテトサラダ(553円)
好物なので嬉しいです(笑)


12-P1010367.jpg
ここのおススメな飲み物をお願いします。
メーカーズマークのミントジュレップ(553円)
メーカーズマークを沖縄産さとうきびジュースで割ったものに、
クラッシュした氷と自家栽培のフレッシュミントをカクテル。
混ぜながら頂きます。


13-P1010370.jpg
ふたを開けた途端、爽やか香りがたっぷり伝わってきます。
味もさっぱりとした感じで甘味もあるので飲みやすい。夏には良いね。

14-P1010373.jpg
アンチョビキャベツ(458円)もバーボンとの相性は良いですよ。
甘みとアンチョビの塩加減とのバランスが特にね。


15-P1010378.jpg
ステーキがやってきました。
熟成肉サーロイン150g( 1,315円)
一番人気の美味しい部位。腰の上のところ。
何でも、英国の王が余りの美味しさに
サーの称号を与えたところからサーロインと呼ばれるようになったとか。
確かにこちらの味も柔らかで滑らか。熟成肉の良さもあるかな。
まさに、Sirと呼びたくなるお肉でございます。


16-P1010383.jpg
お隣のテーブルで美味しそうなサーモンを
食べたはったのでチョイっと頂きます。
厚切りスモークサーモン(934円)
燻製の風味がサーモンの周りをまとっていました。


17-P1010389.jpg
フライドポテト(458円)
厚切りタイプ。
これとハイボーやビールがあれば
僕は幸せです(笑)


18-P1010392.jpg
お野菜のバーニャカウダ (934円)
バーニャカウダは、熱いソースの意でもあります人気料理。
好きな野菜を楽しめるのが嬉しいですわぁ。


19-P1010395.jpg
熟成肉のリブロース150g(2,191円)
サーロインの隣にある部位でこっちの方が脂分あるので
霜降り系のお肉が好きな人は良いかと。
部位が違うと味の変化が楽しくなります。


20-P1010403.jpg
燻し銀プレート(1,220円)
燻製のアソートが並んでいます。
うずら卵・ホタテ・サバ・ベーコン・手羽先。
僕の勝手な考えですが、玉子系が一番
燻製の良し悪しを図るには適していると思いますね。
デリケートだから香りや熱に影響を受けやすいので
素直に味に出てきますからね。
うずらの黄身の存在感がよかった。


21-P1010412.jpg
そして、お相手はメーカーズマークのハイボール。
バーボンの香りと燻しの共演を楽しみます。
暑い夏でもすっきりと飲める味。気に入りました。


22-P1010416.jpg
そして、サントリープレミアモルツ<ハーフパイント(330ml)429円>とも。
クリーミーな泡とポップな香りと味は、料理を更に楽しませてくれます。


23-P1010426.jpg
ブッチャーズガーリックライス(839円)
”肉屋の”ときましたか(笑)
肉の旨み、ガーリックの香ばしさでパラパラ炒飯を楽しみます。

24-P1010433.jpg
熟成肉のトマトピッツァ(839円)
上からチーズを店員さんが擦りおろしてくれはります。
情熱の味です。酸味と肉の旨みがお酒を進ませてくれます。


25-P1010444.jpg
追加で頼んだ
1ポンドステーキ(2,839円)
1ポンドは453gなので
存在感のある大きさで登場しました。
ランプステーキで
腰から下にある部位で赤身肉。
アメリカンなワイドルテイスト。アメリカのステーキハウスでは人気ですね。
ガッツリ肉を楽しみたい時はこれでいっておきましょう(笑)


26-P1010454.jpg
名物肉そば(934円)
牛肉のスジが添えられています。
特製たれと半熟卵で。


27-P1010459.jpg
混ぜて頂きます。
汁なし麺で肉の旨みとさっぱりとした味なので食べやすい。
ランチメニューにもあるのでおためしあれ。


28-P1010468.jpg
フレンチトースト(648円)
メーカーズマークを香りづけにしているので
芳醇な風味と一緒に楽しめ美味しかったです。


01-P1010313.jpg
アメリカンな雰囲気を楽しみ宴も終えんに。

31-P1010478.jpg
ランチメニューもやってはるので、機会があればぜひ。
あと、堂島のサントリー本社一階にも「THE AGINGHOUSE 1795 」さんの
お店がありますのでそちらでも楽しめます。

また、行ってみたいお店です。ホントに(笑)
ごちそう様でございました。

最後になりますが、この様な機会を頂戴しました皆様に感謝申し上げます。

THE AGINGHOUSE 1795 大阪マルビル店
http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0663443061/index.html


ザエイジングハウス 1795マルビル店ダイニングバー / 西梅田駅梅田駅(阪神)北新地駅


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback