SUNTORY WHISKY HOUSE グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル2階 琥珀の世界

グランフロント大阪グランドオープン(2013年4月26日)前の
プレオープンに行ってきました。


RIMG11714.jpg
多くの人が来てはります。
お祭り気分な感じになってきました(笑)
これから大阪の新名所になっていくでしょうね。


RIMG11716_20130427104735.jpg
SUNTORY WHISKY HOUSEへ。
今回は、サントリーさんのお招きでお伺いしました。
グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル2階にあります。
店内は、大勢の人で賑わっていましたよ。


RIMG11887.jpg
SUNTORY WHISKY HOUSEは、
ウイスキーの事を、見て、知って、味わいながら
皆さんにもっと親しんでもらおうと、GALLRY,INTERTOR&SHOP、
DININGとBOTTLE BARを設けられました。

GALLRYには、1923年山崎蒸留所での創業以来、
ウイスキーを作り続けたサントリー90年のヒストリーミュージアムが。

ウイスキー育んだオーク樽を使った家具やインテリアと寄り添う
暮らしの提案をする、「サントリー樽ものがたり」に、

最上のウイスキーとそれを引き立てる料理が味わう事ができる
美食空間の「Whisky Dining WWW.W(フォーダブリュー)」
そして、琥珀の時間が過ごせる「Whisky Bottle Bar DEN(デン)大阪」の
構成になっています。


各店舗の営業時間は、
「樽ものがたり」
11:00~20:00
定休日:無休
「Whisky Dining WWW.W(フォーダブリュー)」
ランチ 11:30~14:00 、ディナー 17:30~23:00
定休日:無休
「Whisky Bottle Bar DEN(デン)大阪」
17:30~24:00
定休日:日曜、祝日


RIMG11717.jpg
館内に。

RIMG11883.jpg
ヒストリーミュージアムです。
ウイスキーは、オーク樽に貯蔵されて成長していきます。


RIMG11722.jpg
樽から取り出されたウイスキー原酒は、それぞれが個性を持っています。
製品になるまでブレンドを繰り返された後に、やっと世に出て行きます。


RIMG11737.jpg
サントリーウイスキーの歴史、受賞トロフィーが展示。

RIMG11738.jpg

RIMG11723.jpg
大正11年撮影の赤玉ポートワイン宣伝ポスターがここにもありました。
寿屋(現サントリー)社長鳥井信治郎が、赤玉ポートワインの拡販を図る為、
当時の広告デザインの鬼才片岡敏郎に依頼したもの。
モデルには、当時マドンナで人気の松島栄美子を起用。
女性が肌をあらわにした日本初の広告スタイルは、世間で話題となり
寿屋の名が日本中に知られる事にも。


RIMG11726.jpg
家具、インテリア展示販売のエリアです。
「サントリー樽ものがたり」


RIMG11735.jpg
ウイスキー樽が使われた証、焼印があります。

RIMG11739.jpg

RIMG11741.jpg
こんなカウンターでウイスキーを飲んだら
旨いだろうなぁ。


RIMG11725.jpg

RIMG11744.jpg
斬新なデザイン。
どう使うモノなのか。インテリアかな。


RIMG11743.jpg

RIMG11753.jpg
ちなみに家具類のお値段は、バレルサイドテーブル 25,200円
ダイニングチェア 42,000円から、ダイニングテーブル 99,750円からになっていました。

RIMG11752.jpg

RIMG11747.jpg
お手軽に買えるコースターや小物等もあるので
ちょっとした贈り物や生活のリフレッシュになりそう。


RIMG11748.jpg
コースター(630円)

RIMG11755.jpg
奥に進んで、
ウイスキーダイニングフォーダブリューへ。
水、氷、ソーダに作り方、全てをこだわった
旨いウイスキーとそれを惹きたてる料理を頂けるそうです。


RIMG11760.jpg
素敵な空間が広がっていました。

RIMG11757.jpg
さらに進むと、
ウイスキーボトルバーDEN大阪があります。


RIMG11765.jpg
落ち着いた琥珀色の空間やね。

RIMG11769.jpg
こんなところでウイスキーを傾けたら良いだろうなぁ。
見学だけかと思っていたら、ご担当の方から
飲食、サービスも楽しんで下さいと。
席数は、17席あります。


RIMG11763.jpg
参加の皆さん、各々にお席へ。
写ってはいませんが、美しいウイスキーコンシェルジェの方々が
各席の前に立たれ、美味しいウイスキーをサービスして頂けます。
いつもと違う非日常的な空間だったので少し緊張。
たまには、こんな洗練された場所にも行かねばいけませんね(汗)

RIMG11770.jpg
サントリーウイスキーの銘酒
響を頂戴します。


RIMG11780.jpg
ペリエで割り頂きます。
作り方として面白いなぁと思ったのは
最後に響を霧吹きして香り付けをします。
香りが立ってより美味しく頂けました。


RIMG11783.jpg
お隣と乾杯。
すうっと喉に入り込む瞬間がとても気に入りました。
響のファンに(笑)


RIMG11791.jpg
気になるお値段ですが、
ボトルキープしてゆったり楽しんでもらうスタイルに。
チャージ料は、男性5,000円、女性3,000円です。


RIMG11792.jpg
ボトルのお値段。
良心的な設定かと。北新地だったらいくらになるのやら。
素敵なコシェルジェの方との会話も楽しめますよ。

RIMG11793.jpg
その他飲み物

RIMG11797.jpg
響をロックでも。じっくりと楽しみたい一杯。
氷の解ける瞬間に聞こえる音が好きなんですわ。


RIMG11789.jpg
アミューズ共に。

RIMG11787.jpg
コンビーフのブリオッシュ、チキンと海老のコンソメゼリー寄せ。
軽いお食事やおつまみも用意されています。
ビーフヘレカツサンド(1,500円)、若鶏の唐揚げ ~木の芽の香り~(700円)等々


RIMG11798.jpg
チョコレートのアソートを頂きました。
中でもオレンジピールの芳香が事。


RIMG11803.jpg
プレミアム上州牛ジャーキー(950円)も。
繊細な食感でした。


RIMG11805.jpg
次の予定の方のお時間という事で、
ウイスキーダイニングフォーダブリューに移り
こちらのお店で提供されるお酒や料理を楽しみます。


RIMG11813.jpg
日替わり前菜盛り合わせプレート¥2,200円(4人前)がテーブルに並びます。
ナッツとドライフルーツのサワークリームあえ、燻製カマンベールチーズの生ハム巻き、
鮮魚と香味野菜の南蛮漬南蛮漬、燻製厚切りベーコンのポテトサラダ、サラミ
パテ・ド・カンパーニュ自家製もろみ味噌添え

RIMG11811.jpg
ウイスキーを惹きたてるスモークなお味。

RIMG11812.jpg

RIMG11810.jpg
生ハムに包まれた燻製カマンベールチーズの濃厚な事(笑)
燻しの香りとともに楽しめます。


RIMG11814.jpg
山崎と合わせて頂きます。

RIMG11820.jpg
山崎ハイボール(580円)
芳醇な香りが旨さを誘いますわぁ。


RIMG11822.jpg
ご一緒した方々と乾杯でございます。

RIMG11825.jpg
前菜を取り分けてお皿に。
多種多菜で見ているだけで嬉しくなりますよ。
頂くと、どれもウイスキーとの相性が良いものばかり。
ハイボールで頂くと食中酒としても楽しめますね。


RIMG11828.jpg
チーフブレンダー輿水精一氏オススメのメニュー。
ウイスキーの個性を知りぬいた氏の選んだ料理と組み合わせたら
どんな味の世界に出会えるのかが楽しみ。

輿水氏は、響30年、山崎50年、白州25年等々銘酒のブレンド、開発に携わる
サントリーウイスキーの顔となる方。
会社での昼食は、いつも天ぷらうどんを召し上がっておられるとか。
樽で熟成された原酒に、ほんの数滴、別の原酒をブレンドをしただけで
味も香りも変わる精巧な世界だけに味覚がぶれてはいけないと同じモノにされているそうです。
軸をぶれずに、目指す目標に進んでいく。そんな風に思えた。

そやけど、なぜ天ぷらうどんをなのか。きつねうどんや親子丼ではダメなのか。
そっちの方も気になった(笑)


RIMG11832.jpg
白州森香るハイボール(580円)
スモーキーな味わいと新緑の中に居るような気になります。


RIMG11840.jpg
合わせるのは、真蛸の燻製マリネ(700円)
白州のスモーキーな味と、魚介類の燻製との相性が抜群らしい。
食感の良さと燻しの風味がなかなかでした。


RIMG11846.jpg
パクチーと焼ホルモンのグリルサラダ(850円)
ハイボールのサッパリした味と肉類の脂分との相性が良いとの事。
パクチー好きなのでワクワクしますわ(笑)


RIMG11852.jpg
こんなに柔らかでホロリと口の中でとろけるホルモンは初めて。
ぜひとも、また食べたい一品。


RIMG11855.jpg
続いて、響12年Withペリエ(680円)を。

RIMG11865.jpg
ドリンクメニューの一部です。

RIMG11857.jpg
輿水氏が響と共にオススメする料理がサーブされます。
厚揚げの味噌チーズ焼(400円)
和洋の発酵食品の融合。味噌の旨味とチーズのクリーミーさが
厚揚げと良く合っていて美味です。
響の柔らかな飲み心地とベストマッチ。


RIMG11860.jpg
蓮根のはさみ揚げ~生しぼりポン酢と抹茶塩で~(580円)
鶏ささみとホタテのムースを蓮根に挟んで揚げている。
響のふくよかさと甘みある風味は、揚げ物に合う。


RIMG11869.jpg
バランタイン17年(1,400円)ロックで。
サントリーさんが輸入、販売をされています。
暫し、プレミアウイスキーの世界に浸ります。


RIMG11871.jpg
オリーブ達もやって来ました。
3種オリーブと彩りピクルスの香草風味(400円)

RIMG11874.jpg
ビーフヘレカツの洋食サンド(1,500円)

RIMG11881.jpg
どなたかがビールと一緒に食べたいと。
便乗です(笑)
クリーミーな泡が虜にさせてくれます。
ザ・プレミア・モルツ


RIMG11876.jpg
鮮やかな赤身の肉に心を躍かせられました(笑)
肉は柔らかく、サッパリとしたお味。
世代を問わず楽しめると思います。


RIMG11890.jpg
真鯛のビストロ飯(1,300円)
取り分けてもらいました。
お米一粒一粒に鯛の出汁が行き渡り旨い。
もちろん、鯛の身も。

デザート達が登場。
各々選んだものを少しずつ頂きます。


RIMG11905.jpg
響香る自家製アイスクリーム(450円) 
濃厚なバニラアイスには、「響12年」をフラグランス。
まさに大人のアイスクリーム。
甘いものが苦手な方でも楽しそうです。


RIMG11901.jpg
クリームブリュレ(500円)
バニラビーンズの風味たっぷりなクリームブリュレ


RIMG11895.jpg
堂島スウィーツ 魔法のロールケーキ(450円) 
雲海の上で寝転んでいる位に軽い風味にビックリ。


RIMG11891.jpg
山崎香る プリン(450円)
こちらは「山崎」を香り付けしたソースで。
甘みを押さえたグルマンなプリン。

心ゆくまでウイスキーの奥深い世界を楽しみました。
ぜひ再訪したいと思います。
今回の機会を作って頂いた方々、ご参加の皆様ありがとうございました。

ますます、ウイスキーが、お好きになっちゃいました(笑)


RIMG11885.jpg
グランフロント大阪の館内も遅い時間になって、もう喧騒が静まってました。
大阪キタの起爆剤となり、街を盛り上げてくれたらと思います

最後まで読んで頂きありがとうございました。
機会あれば、是非お店に行ってみて下さい。オススメします。


SUNTORY WHISKY HOUSE
http://www.suntory.co.jp/whisky/whiskyhouse/
各店舗の営業時間、定休日は、
「樽ものがたり」
11:00~20:00
定休日:無休
「Whisky Dining WWW.W(フォーダブリュー)」
ランチ 11:30~14:00 、ディナー 17:30~23:00
定休日:無休
「Whisky Bottle Bar DEN(デン)大阪」
17:30~24:00
定休日:日曜、祝日


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback