日本発国際航空運賃は高いのか、安いのか。バンコク旅日記その1 ピーチ航空でソウルへ

少し遅い夏休みを頂きタイ・バンコクへ。

既に旅先からiphoneでバンコクの街歩きの様子は、
ブログに投稿しましたが
試した事が無かったのでやってみました。
いろいろな方法で情報発信できる時代ですね。

旅日記にもお付き合い頂ければ幸いです。。
もちろん、いつもの食べ歩き情報も随時投稿していきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

バンコクまで単純往復では、面白くないと考えまして
前から乗ってみたかった経路で行ってみました。
キャセイパシフィック航空のソウル発ビジネスクラス運賃が
とてもお得だったので。
ある意味オタクの世界ですわ(大汗)

今回は、関空からソウル(インチョン)往復はピーチ航空で
ソウル(インチョン)からバンコクまでは
キャセイ航空のビジネスクラス往復を利用し
行って参りました。
合わせて総額9万円ちょっと。キャセイ7万円程度、ピーチ2万円ちょっと。
搭乗日や時間、期間限定です。
また、2回も乗り換えがあり、時間もかかるので
賢い選択ではありませんし(汗)
まぁ、飛行機に乗るのが好きだからいいのです(笑)

しかし、改めて考えてみたら
日本発の航空運賃が高いのか安いのかよくわかりませんね。

ビジネスクラスで大阪からバンコクまで12月1日発8日着で
航空会社HPで予約検索してみたところ
割引ビジネスクラス運賃で
ANAだと242,250円、キャセイで180,580円
運賃、サーチャージ、税金等込みの支払い額と出ました。

これでは、エコノミーで行き、良いホテルに泊まった方がと思ってしまいます。
思うけど、それほどのプレミア感や価格を維持しないといけないものか??
1円でも高く売りたいというのは商売として当然ではありますが
席が埋まらないとね。
実際、4回搭乗の内3便は満席近くでしたし。

例えば、燃油サーチャージ料金設定も、日系(JAL、ANA)は
他社に比べて高いと思います。
日本からバンコクまで往復のサーチャージ(2012年10月発券)料金は
JAL、ANA 21,000円 キャセイ15,400円(諸費込)、タイ航空182USドル(保険込)


もちろん、安いだけが全て良しと言う事ではありませんから
それそれご判断や事情で選ばれたらとは思いますので。

前置きが長くなりました。


まずは、関空発朝7時半の便でソウル(インチョン)まで。
手続きがあるので1時間前に関空に行かないと。
自宅最寄駅から始発電車に乗って、途中乗り換え
関空には6時過ぎに到着。
国際線なので出国審査やらもあり、早朝から分単位に忙しい。


RIMG5442.jpg
しかも、搭乗口までが遠~い。

RIMG5443.jpg
搭乗機まではバスで送られます。
簡易な作りの待合室です。
トイレの数が少ないので予めターミナル部分で
済ませておいた方が良いと思います。

なお、2012年10月28日からはLCCターミナル(関西空港第2ターミナル)が開業します。
ピーチ航空の発着は国内、国際線共に第2からとなります。
搭乗方法や場所、手続きが変わると思います。予めご確認お願いします。
これまでのターミナルは、関西空港第1ターミナルに改称されます。


RIMG5444.jpg
バスに乗って、搭乗機へ。
今度できる第2ターミナルでは、飛行機を後ろに押してエプロンまで誘導する
プッシュバック作業無くし飛行機自身で移動できる構造になっているそうです。
作業が無い分、折り返し時間の短縮や費用の削減になるとか。
いろいろ考えてはりますね。
おかげで、我々もサーチャージ無しのリーズナブルな旅行ができます。
日系だったらソウルまで往復で4千円かかりますもんね。(2012年10月発券)

それと関空会社のHPによると、第2ターミナル横には、大きな公園もできるそうですよ。
http://www.nkiac.co.jp/news/2012/1613/ecopark.pdf
新関西国際空港広報より。(PDFファイル)

KIX エコパーク(仮称)の特色(抜粋)
・規模 約4ha(甲子園球場とほぼ同面積)
・「空」と「海」が同時に楽しめる大規模な公園
-飛行機と透明な海が楽しめる!
・いつでも、誰でも集える芝生広場
-大阪国際空港の刈り草を循環利用したエコ農園を併設
・第1ターミナルビル、第2 ターミナルビルのどちらへも徒歩でアクセス可能
-空港駅から約1,800m(徒歩で約20 分)
-ジョギング・ウォーキングコースも併設との事。
魚釣りができたらええのになぁ(笑)


RIMG5446.jpg
天気良好。
行きますか。


RIMG5447.jpg
相変わらず狭いなぁ。アサインされたのは真ん中席やし。
ピーチも2度目なので慣れました。
このちょっとドMな空間にね(笑)

満席でした。
乗客の7割位が、平成前後生まれと思われる若い女性達だった。
女子大のゼミの引率者みたいな気がしてきたよ(笑)
彼女らにとっては、現下の日韓問題は関係なし。
元気に旅へ。
それはそれで良いと思いますよ。


僕も旅を楽しみたいと思います。


人気ブログランキングに参加しています。
「ブロぐるめ!」ランキングも参加中です。
にほんブログ村 大阪食べ歩きにも参加しています。
各ブログランキングに参加しております。
よろしければ、それぞれのリンクにクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback