旭山動物園 旭川 オランウータン モリト君のモグモグタイム

北海道・旭川 旭山動物園の記事をアップします。
撮った画像の量多すぎ(笑)
隙間の時間使いながらだったので更新まで時間かかってしまいました(汗)

先日、札幌に行った時、勢いで旭川までも。

新千歳空港に到着して札幌へ向かおうと
地下にあるJR新千歳空港駅に。
駅の案内に、旭山動物園きっぷのお知らせを見つけました。
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/c_6.html

日本最北動物園、しかも公立。
園の運営予算や地理的に、大都市にある動物園と比べて不利なのに
全国各地から観光客がやってくる。
一時は、廃園まで検討された地方の動物園。
パンダが居る訳でもなく、サファリみたいなテーマパーク的な施設も無いのに。
それが、東京・上野動物園の入場者数と互角になる程に変わった。

なんでやろうと気になり、以前から旭山動物園再生についての
書籍や記事を読み興味も持ってましたし。
動物達の行動展示で注目を浴び、全国的に知名度が上昇して
復活に成功した事は広く知られているけど、実際はどうなのか。
ここまで来たついでやしって、勢いで切符を買ってしまった。
我ながら酔狂な事やね(笑)

本やマスコミからの情報では何か信用できない、性格の悪さからですけどね(汗)
それに、この切符で途中、札幌に途中下車もできるし。


札幌から特急スーパーカムイで旭川まで1時間余り。
車内のデザイン、座席の座り心相が変わらず良い。
思うに、北海道と九州のJR特急車両は、優れていますなぁ。
本州内のと比べて。


RIMG4309.jpg
旭川市内から結構時間かかった。
思わず、遠くに来たもんだって感じですわ。


RIMG4187.jpg
バスは、旭川駅だけでなく空港も直行便もあります。

RIMG4189.jpg
もぐもぐタイム(餌やり時間)、なるほどガイド(飼育員による動物のお話)が
どこで、何時に行なわれるかが掲示されています。
このスケジュールに合わせながら見学したら良いと思いますよ。


RIMG4191.jpg
園内案内板
結構、広い。


RIMG4190.jpg
旭山動物園の存在のこだわりが印象的。
ここのスピリットが感じられた。
「動物園は、人間のエゴで動物を閉じ込めている場所。
人の知的好奇心や癒し、楽しさだけの場でなく、動物達の本質的な素晴らしさを
感じてもらい、来園者と動物との架け橋に、また、動物園は動物達と彼らの
ふるさとの架け橋となる役目に取り組みたい」とあります。
※画像はクリックで拡大します。

RIMG4192.jpg
広い園内です。
カラッとした空気で爽やかで
歩くだけも気持ちが良い。
この日の気温は25℃。


RIMG4194.jpg
まずは、アザラシ館へ。
円柱状の水槽があり、アザラシが急降下して潜水してくる様子がわかる。


RIMG4198.jpg
水槽の底を下から見上げ、彼らの行動を眺めます。

RIMG4200.jpg
好奇心旺盛な子が寄ってくる。
見ているだけも微笑んでしまうわぁ。


RIMG4202.jpg
飼育員さん手作りの案内。
アザラシだけでなく、こんな感じで随所に
各動物の事が案内されています。
来園者に、動物達の事を知ってもらい
楽しんでもらおうとする気持ちが伝わってきます。
何でもパソコンで作ったら良いものじゃないなぁと思った。


RIMG4203.jpg

RIMG4207.jpg

RIMG4208.jpg
ホッキョククマ
暑いのかノンビリしてはります。


RIMG4210.jpg
オランウータンのもぐもぐタイム(餌やり時間)が近づいてきたので移動します。
「旭山」と名が付く場所だけに、園内には坂があったり起伏があります。


RIMG4213.jpg
オランウータン飼育舎と空中遊技場
右下の四角いのが飼育舎で高さ17mある空中遊技場と併設され
夏季期間中は、こちらで見学ができます。


RIMG4215.jpg
人気者のモリト君。漢字では森人と書くらしい。
オランウータンはマレー語で森の人やから、そこからかな。
ちなみに、日本人はマレー語で言うと、オラン・ジュプン。
5才のオスでワンパク盛り。


RIMG4219.jpg
動物は撮るのが難しい。

RIMG4220.jpg
じっとしてくれへんから。

RIMG4226.jpg
空中散歩をしに上に登っていくモリト君。

RIMG4230.jpg
高さは17mあるらしい。
彼は高いところも平気。


RIMG4233.jpg
ハンモックにある餌を食べに。

RIMG4236.jpg

RIMG4238.jpg

RIMG4240.jpg
モグモグタイム(ご飯の時間)だよって事で飼育舎に
戻るモリト君。


RIMG4243.jpg

RIMG4248.jpg
飼育舎では、お父さんのジャックさんが待っています。
あまりカワイクないなぁ。


RIMG4260.jpg
帰ってきました。

RIMG4261.jpg
飼育員の人が餌をやりながら、動物達の習性やジャック一家の様子を
説明してくれます。餌を食べる時の動物は動きがあるので面白い。


RIMG4264.jpg
僕にも頂戴って、飼育員の方におねだり。
手渡しでもらいます。


RIMG4266.jpg
餌は手渡すだけでなく、向こう側の飼育舎にも置きます。
モリト君だけでなく、ジャックさんも上に登って移動。
なかなか忙しい(笑)
ズーム無しで撮影。下から見上げるとこんな感じです。

動物達が自然界で餌を獲る時と同じ様な状況で
与えて、彼らに本来の行動をしてもらうという
狙いがあるそうです。行動展示というヤツやね。
その方が、彼らもストレスを感じず自然体になれるらしい。


RIMG4281.jpg
ニホンザルの飼育舎にも大きなものあり。
自由に上に下へと動いて過ごしてはります。
空中散歩やね。


RIMG4282.jpg
開くのを待ってるのかな。
暑いから中に入れてくれって言うてたり(笑)


RIMG4284.jpg
上に居てる時は注意。
オシッコかけられる可能性ありやから。


RIMG4285.jpg
キリンには、上にある箱に餌を入れて与えます。
長い舌を使って高いところにある餌を食べる習性を
利用しているそう。


RIMG4287.jpg
この子も暑いのか、まったりとしてはります。

RIMG4303.jpg
ペンギン舎へ。
飛ぶのかと思ったら、潜ろうかどうするかを悩んでいるみたい。


RIMG4291.jpg
下から彼らが泳いでいる様子を見ていると
空を飛んでいる様に見えます。

これか?空飛ぶペンギンは(笑)

一通り見回って感じた事は、
スタッフの方が一生懸命に動物園をどう盛り上げようか考えながら
仕事してはる。モチベーションも高く感じました。
今、自身ができる事やあるものを最大限にしたり、使いながら。
見せ方や説明の仕方や工夫で、来園者にあそこは他とは違うと思わせ
新鮮味を与えているようにしてはるなぁ。

全体が志しを持ちながら前に向かって進み、そして考える。
それが大切だと教えられました。
行ってよかったですわぁ。

グダグダした長文にお付き合い頂きましてありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています。
「ブロぐるめ!」ランキングも参加中です。
にほんブログ村 大阪食べ歩きにも参加しています。
各ブログランキングに参加しております。
よろしければ、それぞれのリンクにクリックお願いします。


旭山動物園HP
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 北海道
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback