あいりんから音楽を。 難波屋 大阪・西成萩之茶屋 

今夜は、こちらに。

RIMG3885.jpg
大阪・西成警察署そばにあります、立ち呑み屋の「難波屋」さん。

RIMG3847.jpg
メニューです。
100円玉が値打ちに感じる
お値段とラインナップ。
隣のおっさん、150円の枝豆を旨そうに喰うてはるなぁ。


RIMG3845.jpg
飲み物はと。
アサヒドライ大瓶一本400円。

RIMG3877.jpg
カウンター上に盛ってあった大根と鶏肉を炊いたん旨そう。

RIMG3842.jpg
ちょっと、レンジでチンしてもらいました。
思った以上に、お肉も大きくて適度な固さもあって旨い。


RIMG3849.jpg
和風な定番モンだけでなく、変化球なツマミもあった。
トルティーヤをもらいます。
ミンチとレタスのコンビーネーションがエエわぁ。


RIMG3856.jpg
この日、ゲルメ番組『魔法のレストラン』で難波屋さんが紹介されてた。
メッチャ旨そうに映ってるなぁ、ええのって、皆からの評。
ホンマはどうなん??(笑)
その時、雑誌の取材もあって、料理を撮影とか大忙し。
ここやこの地域の事が、世間に広まるのはええことやと思う。


RIMG3852.jpg
サントリー角のハイボール。
ウイスキーが濃いのでだんだん酔うてきたわ。


RIMG3865.jpg
カウンター上に新たに出てきた料理。
美味しそう。


RIMG3855.jpg
やきそば(200円)が人気でみんな頼んではる。
これ食べたら、次の店に行けないのでハムエッグ(250円)を。


RIMG3859.jpg
難波屋名物の飲みモン。
トマチューをお願いします。
焼酎のトマトジュース割ですわ。
缶トマトジュースに、氷の入ったジョッキ、
それとコップ一杯の焼酎で300円也。


RIMG3861.jpg
ジョッキ二杯分位の量があってお得ですわ。

RIMG3869.jpg
麻婆豆腐お願いします。
サイズ小は、一杯100円也。


RIMG3870.jpg
エエ感じの肴。

RIMG3853.jpg
この日来たのは、こちらもお目当てだったんですよね。
昨年、高槻のジャズフェスティバルで聴いた
ジャズシンガーの阪井楊子さんの歌声に感動して
二年続けて行き、CDも買い、いつも聴いてるねん(笑)

http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-entry-1251.html
2011年高槻ジャズフェスティバルの様子
http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-entry-1484.html
2012年高槻ジャズフェスティバルの様子

残念ながら、体調不良で
今宵は、別の方が歌いはるとの事。
ゆっくり休んで復活してほしいですね。
こんな感じで、ジャズ等演奏される会が
難波屋さんやその他西成の立ち呑み屋さんで開かれております。
新たなイメージ作りや街を元気にして活性化したいとの皆さんの思いから。
そやけど、90年代のNYのハーレムに比べたら、
あいりんって全然普通に歩けるけどなぁ。
もちろん、独特な雰囲気の好き嫌いはあるだろうし、
常識的な注意は必要ですけど。


RIMG3880.jpg
お店の奥には、演奏するスペースやピアノがあるねん。
もう、たくさんの人が集まり聴いてはります。


RIMG3883.jpg
ピアノから奏でられる、ジャズの音色と歌声に心が留められる。
音楽って良いよね。
社会的な地位や世代、男女関係なく
人間が平等にその空間に居られるもん。


RIMG3884.jpg
良い気分で酔いつつお店を出ます。
ごちそう様でした。


人気ブログランキングに参加しています。
「ブロぐるめ!」ランキングも参加中です。
にほんブログ村 大阪食べ歩きにも参加しています。
各ブログランキングに参加しております。
よろしければ、それぞれのリンクにクリックお願いします。




関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 今池駅萩ノ茶屋駅動物園前駅

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

  • でいりなべ
  • URL

実は先日行ったんですよ。ちょっと酒量に自信がなかったのと手持ちがあまりなかったので、難波屋酎ハイとかトマト酎ハイではなく、ふつうのレモン酎ハイを注文しました。名物でないものを注文したので、「生でいいの?」と言われました。
 まだ演奏会を聞いたことがないなあ。

  • うなぎん
  • URL
でいりなべさん

ご無沙汰しております。

行ってはったんですね。
安いけど、量が結構ありますから
調子乗って飲むとあとが(笑)

ライブは時々やっておられるので
一度ぜひ。
あの場所で聴くと、他以上に、様々な思いや
情景が情緒的に感じました。

Leave a Reply










Trackback