前へ一歩一歩

気仙沼駅から港まで歩いた時の様子です。

普段は、呑気な食べ歩きブログを書いている奴なのに
何を言わんやとお叱りを受けるかもわかりませんが、
年がかわった2012年元旦の状況を知って頂ければと思います。
時間の経過共に意識や関心が薄れていく事が無いようとの願いからです。

不適切な画像がございましたらお許し下さい。




2012_0104ブログ0143-1
気仙沼駅前です。元旦らしく静かな様子です。
海と共に生きる街を表しているのかな。
ところが、市役所から港に近づくと周りの状況は一変します。
震災の凄まじさに、改めて驚かされます。


2012_0104ブログ0097-1
復興屋台村の近くには、
津波で打ち上げられた漁船が、まだありました。


2012_0104ブログ0075-1
地盤が沈下しています。
路面冠水時は通行止めの看板もあります。
地盤や土地改良からしないといけませんね。


2012_0104ブログ0123-1
エースポート
ここから気仙沼大島へのフェリーが出ています。


2012_0104ブログ0119-1

2012_0104ブログ0122-1

2012_0104ブログ0077-1

2012_0104ブログ0079-1

2012_0104ブログ0115-1

2012_0104ブログ0118-1
重要なインフラでもある港すら
震災から一年近く経ってこの現状。
よく復興が遅いと伝えられていましたが
これほどとは。


2012_0104ブログ0112-1
カモメがのんびりと波に身を委ねていました。


2012_0104ブログ0099-1
少しずつ復興に向けて。


2012_0104ブログ0127
気仙沼の酒造会社「男山本店」さんの本社家屋だったもの。
元は三階建てだったそうです。
蒼天伝という銘酒を醸造されています。


2012_0104ブログ0133

2012_0104ブログ0135

2012_0104ブログ0126-1

2012_0104ブログ0136-1

2012_0104ブログ0076-1

2012_0104ブログ0129-1

2012_0104ブログ0130-1
看板の状態より、この高さまで津波が上がってきたのでしょうか。

2012_0104ブログ0128-1
気仙沼復興商店街南町紫市場がオープンされました。
一歩ずつ前に向かって、皆さん頑張っておられます。


2012_0104ブログ0141-1
気仙沼市役所の掲示板にありました
義援金の配分についてのお知らせ。
市民の方々には、この様な方法で分けられるのですね。


2012_0104ブログ0142-1
他の店舗でも店名だけを変えて貼っていました。
謹賀新年、賀正と書かれた新春の言葉はありません。
しかし、新たな年での復興への強い気持ちが伝わってきました。


2012_0104ブログ0145-1
実際に状況を見て、いろいろと考えさせられました。
生きられる事の大切さ、自然の力、政治や行政の重要性、
そして、決して風化はさせてはならないと。

震災当初は、多くの報道や情報が流れ、人々の関心も高かったのですが
時間の経過と共に薄れていくような気がします。

大阪も、決して他人事ではなく、過去には津波の被害がありました。
また、南海、東南海地震が発生する可能性も言われ続けています。
大きな犠牲を無駄にせず対策を考えて頂ければと思います。
もちろん、個々人でも。


改めて、この度の震災でお亡くなりになられた方々のご冥福と
被害に遭われました皆様の一日も早い復興をお祈り致します。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 災害情報
Genre: 地域情報

Comment

Leave a Reply










Trackback