わいわい酒場めがね食堂  大阪・天一 新進気鋭なお店で美酒美菜

先日、三年古酒と料理を楽しむ会に
お誘いを受け参加してみました。

日本酒は良く知らないので、どうやろか思ったけど
いろいろと経験してみるのも面白い事。
好奇心は、常に持たんとね(笑)

2011_0626ブログ0102
お伺いしましたのは、天一にあります。
「わいわい酒場めがね食堂」さん
お店も初めてなので楽しみです。


2011_0626ブログ0097

2011_0626ブログ0098
こちらのお店では、
通常はワインをメインに出しておられるみたいですね。
(見づらくて申し訳ありません)



今宵は、日本酒がお好きな方々が
古酒の違った面白み味わいを知ってもらおうと
三年古酒をテーマにお店を貸切、企画をされた会です。
(お酒の持ち込みの可否については、予めお店にご相談下さい)

初対面の方ばかりかと思ったら、知ったお顔もチラホラと。
ちょっと安心しました(笑)
皆さん精力的に活動してはりますね。


2011_0626ブログ0001
今宵のお酒のラインナップです。


2011_0626ブログ0005
睡龍 生もと純米“生詰”
奈良・初霜(久保本家酒造)
小左衛門 山廃純米 播州山田錦
岐阜・小左衛門(中島醸造)


2011_0626ブログ0008
門外不出 純米吟醸 生原酒
栃木・若盛(西堀酒造)
純米吟醸原酒・義左衛門 中汲み無濾過生原酒
三重・若戎 (若戎酒造)


2011_0626ブログ0011
招徳 純米きもと 無濾過生原酒 阿波山田錦
京都・招徳 (招徳酒造)

まずは、山鶴特別純米奈良・山鶴(中本酒造店)で皆さんと乾杯です。


2011_0626ブログ0076
福島県二本松市にあります大七さんの
自然酒生モト1992 純米古酒も振舞われました。
東北の酒を飲んで応援します。

当日に出された料理は、どれも美菜。
特に、店主さんは野菜ソムリエをお持ちなので
セレクトされた野菜は、なかなかなモノ。
また、シェフの腕も相当で
思っていた以上に美味しかった。


2011_0626ブログ0013
まずは、前菜盛り合わせ(ムール貝のさっぱりソース、自家製テリーヌ、鯖のマリネ)

2011_0626ブログ0018
日本酒とテリーヌ。
初めて組み合わせて頂きました。
双方の風味が更に増して美味しいね。
新発見の味です。


2011_0626ブログ0024

2011_0626ブログ0026
杯が進みます。
幹事の方のオススメする飲み方で
三年古酒を適時出して頂きました。

燗、常温、冷やと変化をつけて頂くと
お酒の表情が、それぞれに変わり面白いものですね。
しかも旨いです。

ホント奥深い世界ですね。


2011_0626ブログ0029
お野菜の盛り合わせ
(水ナス、サラダ玉ねぎのハチミツビネガー、ミニ大根ぼりぼり漬け、フルーツトマト)


2011_0626ブログ0030

2011_0626ブログ0031
それぞれの素材を生かせつつ
ビネガー風味や塩味と味付けにも
変化があって食べていて楽しくなりますよ。


2011_0626ブログ0035
こちらのお店では野菜メニューが、常に用意されていますね。

2011_0626ブログ0037
店主さんから、菜のお皿が出されました。
ちなみに、右向こうの葉っぱは
何の味がすると思われますか。


かきの味がしますと出されたので
果物の方かと思ったら、さにあらず。


 生牡蠣でした(驚)


オイスターリーフと呼ばれるもので
生牡蠣を食べたような風味を感じる不思議な葉。

いやぁ、今年の一、二を争う位に衝撃的なお味でした。


2011_0626ブログ0046

2011_0626ブログ0049
フォアグラのブルスケッタ
フォアグラが濃厚かつ生臭くもなく旨かった。
これは、正直ワインと合わせたかったかな。


2011_0626ブログ0052

2011_0626ブログ0056
タコとセロリのサラダ仕立て
セロリは、私の苦手な食材なのだが
さっぱりしていて青くさい苦味もなく美味しく頂けた。
これならば、セロリが克服できるかも(笑)


2011_0626ブログ0057

2011_0626ブログ0060
枝豆焦がし醤油
好物の枝豆に醤油の香りと風味がたっぷり。
堪りません。


2011_0626ブログ0096
お酒のピッチが上がりそうになってきたので
ちょい手を休めて店内を見渡します。
こんなインテリアを見ると心和みますね。


後半は、温かい料理が登場。

2011_0626ブログ0067
粕漬けソーセージ
岩手県からのお取り寄せ品との事で
かじると酒粕の香りと風味がしっかり。
想像以上の旨さで、これにもビックリしました。



2011_0626ブログ0074
白ネギと小エビのスクランブルエッグ
酒の肴にか、ちょい塩がキツメやった。


2011_0626ブログ0080
ホタテときのこの香草バター炒め
どうかなと思ったけど、日本酒にも結構あってました。


2011_0626ブログ0082
鶏肉のトマト煮込み
日本酒とあわせることを意識されたのか
塩キツメだった。
ノーマルな味でもう一度食べてみたい。


2011_0626ブログ0083
豚肉ロースのソテーバルサミコソース
旨味がしっかりあり、ソースとよく合ってた。
これには、ワインがほしくなるかな。


2011_0626ブログ0088

2011_0626ブログ0089
ここで、珍しいお酒が登場です。

山形県余目の鯉川酒造醸造の純米酒です。
「南三陸庄内の風」

宮城県南三陸町産の亀の尾というお米を
使って醸造されたお酒です。
地震で二度の停電や震災後の重油不足で
火入れや瓶詰めが遅れた中、誕生した苦心の作。

震災から復興への人々の想いや願いがたくさん詰まったお酒です。
感慨深く感じました。



2011_0626ブログ0090

2011_0626ブログ0094
最後に、〆として
アンチョビ焼そばが出されました。
麺がモチモチしていて美味しかった。


2011_0626ブログ0101
料理もお店もセンスのあるお店でした。
また、是非とも行ってみたいです。

この様な機会を作って頂いた皆様にも感謝です。
楽しかったです。

もちろん、お読み頂いている皆さんにも
強力にオススメするお店です。
旨い野菜を食べたい方には、特に。

ごちそう様でした。


人気ブログランキングに参加しています。
「ブロぐるめ!」ランキングも参加中です。
大阪食べ歩きランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければ、各リンクにクリックをお願いします。




関連ランキング:居酒屋 | 大阪天満宮駅南森町駅北浜駅


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

  • あんぱん
  • URL

確か・・・このお店、”いただきナハーレ”でみました~!!!
銀しゃりさん達が潜入してました~
よさげですね~

  • うなぎん
  • URL
あんぱんさん

テレビ番組で紹介されたみたいですね。

こちらのお店。
コンセプトがはっきりしているし健康志向の今
予約が取れないお店になりそうな気がします。

  • マーキー
  • URL

初めての参加ありがとうございました。
その上ブログにて紹介いただき感謝しております。

野菜が売りのお店でしたが、肉も結構充実していますね。
塩味が少しきつめだったのは日本酒だったかもかもしれません。
意図の方は聞きそびれてしまいましたが、またお店に伺ったときに聞いてみます。

またどこかでお会い出来るのを楽しみにしていますね。

  • うなぎん
  • URL
マーキーさん

先日はお世話になりました。
皆様やお店の方々のおかげ様で
和やか会となりました。

お酒も料理も旨かったです。
既成概念を取り払い楽しむ事は、
新しい発見があって面白いですね。

また、ヨロシクお願いします。

Leave a Reply










Trackback