酒肴和亭 大阪・谷町四丁目 日本酒の底力を知りました。

半年振りに料理と日本酒を、たっぷり楽しみました。

お伺いしたのは、大阪・谷町四丁目にあります
和亭(なごみてい)さんです。

先日、『花見セット』試食会に行き
つまみ系だけでなく料理や魚を楽しもうと思ったので。
一人で鍋をつつくのは寂しいから、他の方々にもお付き合い頂きました。


今回も店主さんの力作料理とそれらに合わせ
セレクトされた日本酒を頂こうという趣向です。


ビールで乾杯し、喉を潤した後、

2011_0220ブログ0001
先付けとして出されたのは、
「ホタテの焼霜の粗漉し梅酒と林檎のソースのヨーグルトかけ」

ご店主の料理は、表情が豊かで見ても楽しい。2011_0220ブログ0004
角度を変えて撮ってみました。
ソースが爽やか。リンゴの香りが良いですね。
味覚だけでなく視覚、嗅覚でも楽しませてくれますね。


2011_0220ブログ0005
お相手は、
繁桝純米吟醸生々
福岡県八女市「高橋商店」醸造。

http://www.shigemasu.co.jp/sake_no0403.html
瑞々しい風味と香りを楽しめます。

2011_0220ブログ0008
お造りです。
大阪は泉州産の舌平目を白ポン酢で頂きます。


2011_0220ブログ0013
大根の桂剥きで出来たキャンドル
技そのものですね。


2011_0220ブログ0012
しっかりと食感を感じ、ほのかなくれない色が目を楽しませてくれます。

こちらのお相手は、
清流錦川西都の雫


2011_0220ブログ0020
山口県岩国にあります「堀江酒場」醸造
http://horiesakaba.com/index.html

2011_0220ブログ0021
原酒のお米は、山口県で開発された西都の雫を使用。

2011_0220ブログ0024
白ポン酢が魚の旨味を引き締めてくれます。

ここでタコさん登場です。
泉蛸の炙りを頂きます。 


2011_0220ブログ0027
しっかり命を受け継ぎます。。。
ごめんなさい、タコさん。


2011_0220ブログ0029

2011_0220ブログ0030
生命力が凄いですね。
まだ、張り付いてますよ。


2011_0220ブログ0031

2011_0220ブログ0035

2011_0220ブログ0039

2011_0220ブログ0040
バーナーで炙ります。

2011_0220ブログ0047
完成です。
これぞ最高の「蛸焼き」であります。
コリコリして甘みがあります。


2011_0220ブログ0051
和亭さん自家製の柚子胡椒と一緒に頂きます。
風味が最高。
これだけでもお酒や御飯が何杯飲み食いできるやら(笑)


2011_0220ブログ0049
今度のペアーは、「蒼空純米美山錦生」
京都伏見・「藤岡酒造」で醸造。
http://www.sookuu.net/
2011_0220ブログ0056
華やかな料理が次に出されました。
もう一度、お正月が来たみたいです(笑)


2011_0220ブログ0058

2011_0220ブログ0060
「本ミル貝の山葵醤油」です。
身があまい事、甘いこと。
鮮度の良さと調理の技が光ります。


2011_0220ブログ0055
こちらには、「金龍」をオススメ頂きます。
宮城県北部の栗原市にあります
「金龍蔵」醸造

http://kinryugura.net/
昔ながらに、杜氏が蔵人と賄いを率いて酒造りの期間中蔵に
泊り込み、昼夜を問わず酒造りに向き合い造り上げていかれるそうです。
気合を入れて呑みました。


2011_0220ブログ0064
次の料理は、この子が主役です。

2011_0220ブログ0068
「赤ナスのステーキ」

2011_0220ブログ0073
里の恵みたっぷりのジューシーなナスです。
これも美味しかった。


2011_0220ブログ0066
そしてお酒は、「飛露喜」
福島県会津坂下にあります、
「廣木酒造」にて醸造。


http://www.hechima.co.jp/~souta/hiroki/kura_shokai.html
こちらで蔵元についてご紹介されてます。

2011_0220ブログ0081
焼物です。
「まながつおのゆう庵焼き、河内蓮根、キンカン蜜煮、
守口大根 はじかみ、大徳寺なっとう」       
絢爛豪華なラインナップ。


2011_0220ブログ0074
そして、こちらは厳かなお酒
「天狗舞山廃純米燗」

石川県白山市の「車多酒造」

http://www.tengumai.co.jp/index.html
2011_0220ブログ0078

2011_0220ブログ0084
煮物です。
「聖護院ダイコンと真鯛のみぞれあんかけ、よもぎ麩、黄蕪」
 

2011_0220ブログ0087
和歌山県有田郡有田川町にあります、「高垣酒造」醸造。
「喜楽里(きらり)」
地方できらりと光る酒でありたいと命名。
和歌山県で作られた和歌山酵母が使用されています。


2011_0220ブログ0089
次のお酒は、
新潟県上越市にあります、「丸山酒造場」の銘酒。
「雪中梅」ふくよかな味わい。


2011_0220ブログ0093
揚げ物です。「名古屋フグの揚げ物」
初めて食べましたが、淡白でさっぱりして美味しかった。


2011_0220ブログ0100
牡蠣鍋が登場です(画像は4人前)

2011_0220ブログ0104
牡蠣は今の時期が一番美味しいのでは(素人考えですが)
身もプリプリで良い出汁が出ています。白菜も甘い。

2011_0220ブログ0106
冬の味覚の王様ですね。
ほんと美味しかった。



2011_0220ブログ0097
お鍋のお相手は、「繁枡山田錦特別純米燗」
酔ってきました(汗)

鍋にうどんを入れ食べたら、お腹がかなりいっぱい。


2011_0220ブログ0109
珍味 「さばのなれずし、イカの塩辛、あんきもみそ」         
酒飲みの会らしく、最後は珍味。
一品一品丁寧に作っておられます。

最後のお酒として、繁枡超辛口純米に
石川県白山市の「菊姫醸造」
http://www.kikuhime.co.jp/index.html
菊姫山廃純米BY12が出され終了であります。

かなり酔っ払ってしまいました。
記憶が飛ぶほどではありませんでしたけど(笑)



これらのコース料理とお酒が付いて、6~7千円前後。
内容により変わりますので、予約時にご相談される事をお勧め致します。

かなりお値打ちであります。
日本酒の底力を教えてもらいましたよ。

ごちそう様でした。


酒肴 和亭 (しゅざかな なごみてい)
TEL 06-6949-4753
大阪市中央区鎗屋町1-1-10 山大ビル 1F
地下鉄谷町四丁目駅3番出口より徒歩約2~3分
営業時間 ※ご予約の際、以下の点にご注意下さい。
11:00~13:00及び15:00~17:00の
時間帯のご予約はご遠慮下さい
[月~金] 18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 土曜・日曜・祝日


酒肴 和亭 魚介・海鮮料理 / 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅

夜総合点★★★★ 4.5




人気ブログランキングへ   
↑よろしければ、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップが励みになります!↑

いつも、ご覧頂きましてありがとうございます!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback

挽き立ての薫り高いスパイスを楽しめるミルは、お料理の必須アイテムになるはず!!新発売の「フリップミル」は、片手で使える便利な電動ミル。上下にスパイスケースがついているので、ミルをわざわざ持ち替える手間も無く楽々!2種類のお好みスパイスを「今!」というタ...