中国厨房 しゃんらん 大阪・玉造 大阪の中華の辛旨処

今回も新年会ネタです(汗)
昨年は11月頃から忙しく、気楽な忘年会が、
年末の会以外に無かったので、
その反動でしょうか。


2011_0117ブログ0083
今回、お伺いしたのは、玉造にあります、
「中国厨房しゃんらん」さん。
こちらのお店の料理は四川。
辛旨が堪能できるので楽しみです。


2011_0117ブログ0001
中華は、大勢でワイワイと食べるのが旨いですね。
いつの間にか、お店貸切と相成りました。


2011_0117ブログ0003
今宵のコースは、ご主人にお任せです。
本日のコースメニュー。10品で構成。
料理は、お一人様3,500円(飲み物代は別)で
今回お願いしました。


まずは、前菜が出てきました。

2011_0117ブログ0008
鶏肉のネギ油和え
あっさりしていてお酒に合います。


2011_0117ブログ0010
ハチノスの麻辣和え
舌がヒリヒリするような辛さの辣と痺れる辛さの麻が
交互にやって来てうまい。四川料理コースのスタートにふさわしいね。



2011_0117ブログ0014
ピータン

2011_0117ブログ0016
これ程に、味が濃厚でなめらかなモノは初めてです。
大満足。


2011_0117ブログ0019
本マグロの中華風漬け

2011_0117ブログ0021
見た感じはアンマッチかと思ったけど、さにあらず。
マグロのとろける旨味とラー油の風味がよく合ってる。
新発見のお味です。


2011_0117ブログ0023
飲むのは、はやり紹興酒ですよね。これは(笑)

2011_0117ブログ0032
鰤の豆豉(トウチ)炒め


2011_0117ブログ0037
魚の臭みがなく美味しい。味噌としょう油を合わせた感じかな。

2011_0117ブログ0038
牡蠣と玉子炒め台湾ソース
台湾ソースとは何か聞くのを忘れた。。。
オイスター系かな??


2011_0117ブログ0040
牡蠣が大きくてプリプリ
今シーズン食べた中では一番じゃなかろうか。
これも旨い。
こんな上物を食べさせてくれた事に感謝です。


2011_0117ブログ0027
黒酢の酢豚

2011_0117ブログ0029
黒酢がまろやかで肉の甘みと合ってます。美味しい。

2011_0117ブログ0053
ここからは、辛旨料理メインコースが始まります。
辣子鶏(ラーズージー)
若鶏のから揚げと赤唐辛子を素揚げした四川料理。


2011_0117ブログ0055
一口食べただけで辛味が襲ってきます。
でも、旨い。大量の汗をかきながら頂きます。
でも、あれよね。
辛いのが大丈夫な人は、この唐辛子を
ボリボリ食べても汗もかかず平気。
不思議や(笑)


2011_0117ブログ0058
汁なし坦々麺
本場中国スタイルの坦々麺です。
ちなみに、一般に食べられている、お汁のある坦々麺は
日本にしかないお料理です。陳建民氏が作ったもの。


2011_0117ブログ0060
ゴマの風味が良いですね。
また食べたい、メニューですね。


2011_0117ブログ0062
看板メニューといえば、
四川麻婆豆腐

最初にも書きましたが、四川料理の本骨頂
舌がヒリヒリするような辛さの辣と痺れる辛さの麻、
そして熱い辛味を存分に楽しませてくれます。


2011_0117ブログ0065
これは、ごはん、ごはんやね。

2011_0117ブログ0072
美味しいですね。
でも、舌も口も痺れ、無口になりますよ(笑)


2011_0117ブログ0073
もっと辛いのをと言ったら、
作って下さいました。激辛バージョン。
「四川省の麻婆豆腐」
作っている時から、店内の空気が辛い。マジで(笑)
それ位に強力なタイプ。
本場四川でも味わえないかもよ。


2011_0117ブログ0075
どんどん減っていきますよ。
さすが、辛旨料理処ですね。

美味しかったです。
心ゆくまで、辛旨を堪能しました。
また、行かねば。

辛いモノが大好きな方には、特にオススメのお店ですよ。
もちろん、辛くない料理もありますから、是非(笑)

ごちそう様でした。




関連ランキング:四川料理 | 玉造駅(大阪市営)玉造駅(JR)森ノ宮駅



人気ブログランキングへ   
↑よろしければ、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップが励みになります!↑

いつも、ご覧頂きましてありがとうございます!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 関西の美味しいお店
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback