京都・槇尾山西明寺、栂尾山高山寺 赤く染まる三尾の名刺

神護寺の後は、
徒歩で、西明寺、高山寺に向かいます。


2010_1113ブログ0066

神護寺は高雄山、西明寺を槇尾山、そして高山寺が栂尾山と
それぞれ号し、併せ三尾と称されるそうです。
建都千二百年の歴史を感じさせられます。


2010_1113ブログ0068

2010_1113ブログ0072

2010_1113ブログ0073
門前へ。
西明寺は、天長年間に弘法大師の高弟智泉大徳が
神護寺の別院として創設されたのが始まりと伝わっています。



2010_1113ブログ0075
見事に赤く染まっていた。
街中よりも気温差があるからでしょうか。


2010_1113ブログ0078
本堂に上がりゆったり紅葉が楽しめます。
また、茶菓子も別料金で供されてました。


2010_1113ブログ0080

2010_1113ブログ0081
普段は、機械に囲まれた中で生活をしているので、
この様な空間に居るだけで気持ちが癒されてきますね。



2010_1113ブログ0084
世界遺産であります、高山寺に。

2010_1113ブログ0085
幽邃境と佇んでいる高山寺と、
三尾を案内するパンフに書いてあったが
まさにその通り。凛とした空気を感じつつ進みます。


2010_1113ブログ0086

2010_1113ブログ0087
高山寺は、宝亀五年(774)に光仁天皇の勅願により開創され
鎌倉時代の建永元年(1206)明恵上人が中興開山。
鎌倉時代を中心とする重要文化財が多数保管されています。
また、明恵上人は茶祖、栂尾山は茶の発祥の地され、
毎年11月には、宇治の茶業家が新茶を上人の廟朝に
献供されているとの事です。


2010_1113ブログ0088
高山寺の紅葉は、これからというところですかね。

今週末(20日、21日)辺りが、高雄方面の紅葉最盛期かもわかりません。
あくまで個人的な感覚ですが。

紅葉情報を確認の上で、お出かけ下さいませ。




人気ブログランキングへ   
↑よろしかったら、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップは励みになります!↑

いつもご覧頂き、ありがとうございます!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 京都・奈良
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback