牛鍋丼 吉野家 老舗復活となるか。

このまま夏が続くんじゃないかと思う、
暑い9月ですが、皆様お元気ですか?
頑張っていきましょ!

ある日のお昼。
何を食べようかと思案しながら歩いていると、
吉野家に新メニューがありました。
「牛鍋丼」(並)280円


CA3A1160.jpg
商品説明によると、牛鍋丼は、牛丼の「起源」だとか。
明治三十二年に東京・日本橋にあった魚河岸で、牛肉を豆腐や野菜類と
一緒に煮込んだ具材をごはんにかける「牛鍋ぶっかけ」が愛された。
それを改めて追求したものだと。
豪州産牛肉も一部使用して低価格が実現したらしい。



CA3A1157.jpg
主力の牛丼(並)は380円のまま据え置き。
ご存知の通り、他社の値引きが影響して吉野家の業績も大変厳しい中、
老舗復活をかけた戦略メニューのようですね。


CA3A1158.jpg
食べてみます。
なか卯の和風牛丼をイメージしたけど、味が違う。

http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-entry-991.html
なか卯の牛丼を食べた時のものです。


CA3A1159.jpg
あくまで我輩の好みとしてだけど、味付けのバランス良い。
豆腐やその他具材も入っているので食べ飽きない。
しょう油や特定の風味が前面に出ていないのも良いね。
また、肉も牛丼で使っている米国産と違い、脂分なのか
他の具材のせいかはわからないが、あっさりしていて食べやすい。
9月7日10時から全国で一斉に販売開始されます。
これは食べに店へ通うでしょうね。気に入りました(笑)


吉野家さんには、頑張ってほしい。
それは、個人的な思い入れがあるからです。
学生時代(もう二十数年も前やけど。。。)に、ここでバイトをしてまして、
深夜の営業を一人でやったり、店長代行までさせてもらいました。
店長公休の時は、売上金の入金に銀行に走ったりね(笑)
まだ、会社更生法での再建途上だったから、銀行の入金帳の会社名が、
株式会社でなく”更生会社吉野家”と記載されていた、そんな時代でした。
その後は、ご承知の通り東証一部に上場までの奇跡の復活をされましたが。

だから、牛丼にはウルサイですよ(笑)

しかし、所詮ファーストフード。
マニュアル通りに作ったら誰にでもできるよと、
口の悪い方は、仰りますがね(苦笑)
如何なる時間にでも、同じモノを提供するのは、なかなか大変なんですよ。
例えば、昼のピーク時と深夜一時間あたりに数杯しか出ない時とでは、
当然、肉の煮込み具合や御飯、タレの状態も全然ちがいますから。
もちろん、お客様をお待たせさせたらダメですし。
時に応じたコツと状況判断が大切。ええ勉強になりました。

お客様や目上の方にロクな話し方もできなかった青二才を、
少しは社会から相手して貰える様にしてくれた会社ですからね。
V字回復してもらえればと思っております。

http://www.yoshinoya.com/
吉野家

人気ブログランキングへ   
↑よろしかったら、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップは励みになります!↑

いつもご覧頂き、ありがとうございます!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 外食♪
Genre: グルメ

Comment

  • アイントホーフェン
  • URL

なか卯はほんめのたまぁ~に行きますが、後発のエントランスが奇抜なお店にはいきません。
牛丼は圧倒的に吉野家贔屓です。
食べだしたころは「牛丼ひとすじ80年」ってCMやったです。
会社が倒れたときもはっきり覚えてます。

  • うなぎん
  • URL
そうなんですね。

私は、その頃は、外食そのものが
ほとんど無かったので記憶には無いのですが、
大変だったようですね。
いろんな方々から聞かされました。
そうだ、CMは見た事あります。
「パパ、明日はホームランだ」っていうのを(笑)




Leave a Reply










Trackback