うなぎんの味言葉、香り言葉|2017年04月

西洋料理いまとむかし 大阪・西天満 ボリューミーなランチでパワーアップ。

久し振りに、こちらでランチを。

11-IMG_0965.jpg
「西洋料理 いまとむかし」さん。
西天満にありますフレンチレストラン。
外から見た感じは
きっちりした雰囲気。
先月、入ってみましたが
店内は、思っていたよりもカジュアルで
お気に入りに(笑)
見た感じ、来られているお客様も
西天満、裁判所近くという事もあってか
法曹界系の方やご近所の奥様方等、
和やかな感じです。

03-IMG_0942.jpg
カウンター上には、ワイン会のご案内。
フレンチレストランらしからぬ
大阪的ユニークな案内で面白い。

04-IMG_0945.jpg
これも(笑)
確かに、女性の方が年齢問わず
活動的な気がする。
僕も反省しないと(汗)

10-IMG_0963.jpg
行った日の日替わりメニュー
他に。ランチコースもありますが
ワイン飲んで楽しむ訳にもいかず
お昼休みランチですから、
こちらに。

01-IMG_0936.jpg
まずは、かぼちゃスープから。

02-IMG_0940.jpg
上品な甘みとクリーミな舌触りが
気持ちを、ホッと落ち着かせてもらえます。

05-IMG_0949.jpg
温められたバケットがサーブされます。

06-IMG_0953.jpg
オリーブオイルを付けて召し上がれ。

2-IMG_9029_20170427153747570.jpg
先月頂いた時のモノ。
2種類のオリーブオイルで。

07-IMG_0956.jpg
行った日のメイン。
燻製香るタルタルソース添えチキンカツと
小鯛のムニエル。
そして、たっぷりサラダ。


08-IMG_0959.jpg
あと、ライスも添えられてあるので
男性でも満腹感があるのでは。
ムニエルの美味しさを味わえるのは
フレンチランチならでは。
いや、こちらのお店だから。

09-IMG_0962.jpg
サクッとしたカツの食感も良かったですよ。

7-IMG_9050_20170427153751279.jpg
先月に行った時の日替わりメニューも。

1-IMG_9024_20170427153745c14.jpg
スープは、ゴボウで。
美味しく風味を生かしたスープで
元気チャージ。

3-IMG_9031_20170427153748053.jpg
この時のメインは
デミグラソースハンバーグとブリのムニエル南欧ソース添え。

4-IMG_9037_20170427153750c7b.jpg
洋食的メニュー
どちらも大好物だけに
お皿と向かいあって一生懸命食べたような(笑)
それくらい、美味しかったんです。

ボリューム感あったランチでパワーアップ。
午後からも頑張れそうです(笑)

9-IMG_9055_20170427153753395.jpg
お店の方の応対もソフトでオススメでございます。

8-IMG_9052_20170427160519be9.jpg
ごちそう様でした。

西洋料理 いまとむかし



関連ランキング:フレンチ | なにわ橋駅北浜駅南森町駅


スポンサーサイト
テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

Tag:ランチ、お弁当、朝食  Trackback:0 comment:0 

つけ麺専門 サバ6製麺所 plus 天六店 大阪・天六 出汁の効いたつけ汁、気に入りました。

天六で、つけ麺専門店として業態変更のお店へ行ってみました。

5-IMG_0866.jpg
「つけ麺専門 サバ6製麺所 plus 天六店」さん。

以前お伺いした、「サバ6製麺所」さんが
大阪福島に移転した後に
つけ麺専門店としてオープンされました。
http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-entry-2485.html
天六にあった時にいただいた「サバ6製麺所」さんの記事。
ここも美味しかったので、つけ麺の方も期待大です(笑)

1-IMG_0856.jpg
つけ麺のメニューは、
サバ濃厚鶏つけ麺、サバ濃厚鶏辛つけ麺の二本立て。

1-P1160079.jpg
初めてだったので、サバ濃厚鶏つけ麺をお願いします。
注文後、麺を茹ではるからちょっと待ちます。

2-P1160080.jpg
福島のサバ6製麺所さんから送られた太麺。
小麦香る麺、表面つるりと良い表情。
レアで仕上がったチャーシューと味玉が
デフォルトで付いてきます。
この後に、宴の予定があったから
今回、麺の量はミニマムの150gで。

3-P1160084.jpg
つけ汁。
鶏がら、モミジ、手羽ガラに野菜を煮込んで作ったスープに
二種類のサバ節と昆布で取った出汁をブレンド。
最初に、つけ汁を一口。
濃厚なサバ風味。看板に偽りなし(笑)
バランス良く仕上がっていて美味しい。

4-P1160092.jpg
麺への馴染み具合もなかなかなモノ。
美味しかった。
これは、麺多めでも食べ飽きない味だと思います。

2-IMG_0860.jpg
熱いつゆに浸された
メンマにシャキシャキ感。
チャーシューから出たうま味も良いですね。

3-IMG_0862_201704270855263a7.jpg
最後に、出汁割りをお願いします。
塩気強くなく、出汁の旨さを充分に味合わせてくれました。

4-IMG_0864.jpg
営業時間は、11時から15時、17時半から22時(水曜定休)

今度は辛い方も挑戦してみよう。
オススメのお店です。

ごちそう様でした。


つけ麺専門 サバ6製麺所 plus 天六店



関連ランキング:つけ麺 | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:ラーメン(梅田、天満、南森町、扇町)  Trackback:0 comment:0 

丑寅 大阪・なんば 僕は、トップクラスの立ち飲み店だと思います。

お休みの日。
お久し振りに行ってみました。

8-IMG_0688.jpg
「丑寅」さん。
高島屋の向かい側に広がる
ウラなんばエリアにあります
僕のお気にり立ち飲み店です。
応対も料理も素晴らしい。
だから、このお店を卒業して独立された方の
お店もそれぞれが人気になっています。

1-IMG_0663.jpg
行った日の肴メニュー

2-IMG_0665.jpg
酒メニュー
これ以外にもありますよ。

4-IMG_0671.jpg
ササミと野沢菜の山葵和え。
ピリッとした味とほんのり苦みのある野沢菜に
ササミがあいますね。
しっかり、酒が飲める肴です。

3-IMG_0668.jpg
暑かったので、サッポロビール生。
ビールが美味しくなってくる季節になってきましたね。

5-IMG_0674.jpg
もう一品、どうしようかと迷って
決めました。
鯨の竜田揚げ。

6-IMG_0686.jpg
鯨肉のソフトな食感と懐かしい味わいが嬉しい。
酒肴向けなので、味付けが僕には濃いかなと
思ったが楽しめました。

7-IMG_0681.jpg
お店に、張り紙してありますが
長居無用。
焼酎水割りいただいて
お店を出ます。

いつも、美味しく飲めて楽しめませてくれます。
行く度に、好きになるお店です。
オススメでございます。

ごちそう様でした。


丑寅



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅


テーマ : 立ち呑み/立ち飲み
ジャンル : グルメ

Tag:立ち呑み(なんば、日本橋、心斎橋)  Trackback:0 comment:0 

マカオ国際空港 PLAZA PREMIUM LOUNGE そして、エバー航空 マカオー台北(桃園)機内食。

またまた、今頃ですが
お正月休みに行ったマカオ旅の続き。

東西文化の交差点マカオの街を楽しんだ後
マカオ国際空港から台北経由で関空まで帰ります。

マカオ空港は、香港に比べて、随分と小じんまり。
もちろん、免税店や銀行等基本的な設備はしっかりあります。
乗り降りする乗客から見たら、この方が便利ですわぁ。
大空港だと、搭乗ゲートに行くまで遠く
時間もかかってしまうからね。

出国検査を通過後、右に曲がって
エスカレーターで昇り、ゲート5の近くに
PLAZA PREMIUM LOUNGEラウンジがあります。
ここは、国内外の空港ラウンジに入れる
プライオリティ・パス( Priority Pass)で入れます。
楽天のプレミアムカードに加入したら、プライオリティ・パスが無料で作れました。
年会費が、他社の一般的なゴールドカードの年会費と
同じ位(1万円税別)なので、飛行機を良く利用される方には
お得だと思います。
エコノミークラス利用でも、利用する航空会社を問いませんから。

06-IMG_7207.jpg
撮ったつもりの玄関の画像が無い(汗)
一応、PLAZA PREMIUM LOUNGEに入りましたという事で。
朝ご飯を食べていなかったから、助かりました(笑)

ラウンジの広さはちょっと狭いかな。
まあまあ混雑。
中国の方が多いからガヤガヤ賑やか。
まずは、座れるところの確保。

ラウンジ内で提供されていたフード類達。

01-IMG_7193.jpg
サラダ類

02-IMG_7194.jpg

03-IMG_7195.jpg
デザート類

04-IMG_7198.jpg
入った時にあった、ホッとミール。

05-IMG_7200.jpg
骨がしっかり付いているとチキンが美味いね。

06-IMG_7207.jpg
肉も野菜もしっかり摂ります。
お味は、作り置きだけど悪くありません。

07-IMG_7211.jpg
麺コーナーもあります。
4種類から。
全部食べたいが、そうもいかず(笑)
叉焼麺を。

08-IMG_7212.jpg
頼むと調理してくれはります。

09-IMG_7215.jpg
麺の種類も選べそう。

10-IMG_7217.jpg
出来上がり。
チャーシューは見た通りのお味。
外国に来たなぁと思える
固めで甘辛い味。

11-IMG_7219.jpg
麺が柔らか。
もうちょいの味かね。

12-IMG_7220.jpg
コーヒーいただきます。

13-IMG_7221.jpg
デザートは別腹??
だから、肥える(汗)
甘み抑えられて良い感じ。

1-IMG_7223.jpg
搭乗時間になり
ゲートからバスで機内へ。
ぐるっと周回して移動していくので
まあまあ飛行機までかかります。

ここは、マカオ航空のハブ空港。
関空にも飛んで来てはります。

2-IMG_7229.jpg
滑走路の長さは、3,420m。
この長さだと大型機も離発着できますね。
現在、空港拡張中で完成したら、エアバス380型機も離発着できるようになるとか。

3-IMG_7230.jpg
短い滞在でしたが、マカオ良かった。
また、来るでしょうね。

4-IMG_7233.jpg
台北(桃園)空港まで、マカオから1時間余りの飛行時間ながら
機内食のご提供あり。

5-IMG_7235.jpg
台湾風の甘辛ソースの鶏肉と鶏出汁で炊いたごはん。
(マカオー台北(桃園) BR・Y)

7-IMG_7239.jpg
食感のある鶏肉でした。
腹が減っていたら、ご飯モリモリ食べられそうな感じ。

この後は、桃園空港で乗り換えて関空に。

最後までお読みいただきありがとうございました。
テーマ : 機内食
ジャンル : グルメ

Tag:空港ラウンジ、空港、機内食  Trackback:0 comment:0 

麺屋 和人 大阪・天王寺 未来志向なラーメンを楽しみます。

夜になって、お腹が空いてきた(笑)
だからなんやねんと言われそうですが、
いつもお酒をばかり飲んでいては
身体も財布も保てないので、
一応、飲まない日を週に何日かは作っております。

そんな、とある日。
飲まなくても腹減るので
ちょっと前からきになっていたラーメン店へ。

12-IMG_0480.jpg
「麺屋 和人 (めんや わびと)」さん。
JR天王寺駅北口を出て、右にあるドラッグストアーと
阪和線のホーム沿って3~4分歩けばあります。

11-IMG_0478.jpg
無化調・深みのある魚介スープ・自家製麺を売りにしてはります。
お店からの案内を見ると、「煮干し・昆布・さんま節」を使用し
魚介の旨味を凝縮させた透き通ったスープを出されているとか。

店内は、新装らしく明るく和風の造り、
寿司店や小料理屋さんのような上品さがあります。
だからか、女性のお客さんも多め。
雰囲気を女性は重視されますから。

券売機で食券を買い着席です。
麺の大盛りは無料との事。
ちょっと、自重して普通盛りで(笑)

01-IMG_0451.jpg
卓上サービスとして、黒烏龍茶、キムチが無料でご提供されとります。
お店からの案内によると
嘉永三年創業 堺の老舗 つぼ市製茶本舗監修の黒烏龍茶とな。
ほんのり甘みを感じます。

02-IMG_0453.jpg
あと、キムチ専門店慶州商店の無添加白菜キムチも。
ちょっといただいてみたが、ご飯が食べたくなるうま味系。

04-IMG_0460.jpg
充電用コンセント、店内でWiFi利用可。
外国人客への配慮もしっかりです。

03-IMG_0456.jpg
お箸は、カウンター下の引き出しにありますと
言われて開けてみたら、ビックリ(笑)
箸やレンゲ、つまようじ、髪ゴムに
5種類の調味料まで入っていました。
ブラックペッパー、バジル、ガラムマサラ、ローストガーリック、岩塩が
用意されています。
スープの味が変わると
調味料を使う事を嫌うラーメン店もある中で
お好みでどうぞとお客様主体のコンセプトのよう
これは面白い試みだと思いますね。

06-IMG_0467.jpg
注文したのは、
極み煮干醤油ら〜めん(900円)
お出汁には、瀬戸内産 片口いわしの煮干を使用
あと、昆布・さんま節を使用した魚介スープ。
旨味凝縮された感じでしたね。
ちょっと、僕には味が濃く感じましたが
麺に良く馴染んでいました。

07-IMG_0468.jpg
鶏チャーシューが適度な柔らかさで良い塩梅。

10-IMG_0475.jpg
麺はストレートタイプ。
ちょっと、スープがしょっぱい気も。
煮干し等魚介出汁だからかな。

08-IMG_0469.jpg
あと、サイドメニューもオーダー。
手作り あま玉しゅ~まい(3個)320円
味は玉ねぎの甘みを感じるが、
焼売が柔らか過ぎな気がした。

1-IMG_0591.jpg
別の日には、看板メニューの和人ラーメンを。
魚介の出汁と醤油風味、そして、あっさりな鶏チャーシュー
優しい味で美味しくいただけます。
僕の好み。

3-IMG_0600.jpg
中太麺も滑らか。
和風の良さを、実感させてくれる
一杯でした。

2-IMG_0596.jpg
今度は、手作り ギョーザ(6個)320円を。
この日は飲まない日と決めていたので
ビールは飲まなかったが、欲しくなるジューシー餃子やね。

通ってしまうだろうなぁと思ったお店です。
良かったからね。
味も応対も(笑)

ごちそう様でした。


麺屋 和人



関連ランキング:ラーメン | 天王寺駅大阪阿部野橋駅天王寺駅前駅

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:ラーメン(天王寺、阿倍野、寺田町)  Trackback:0 comment:0 

【禁煙店】 酒の奥田 大阪・天満 大阪らしい味が楽しめる立ち呑み処。

久し振りに、夕方の天満へ。
仕事が終わった遅い時間だと開いていないお店も
営業しているので、違う風景に見えて何か新鮮な気分(笑)

06-IMG_0006.jpg
こちらのお店にも、お久し振りです。
「酒の奥田」さん。
天満駅近くにある、大箱の立ち飲み店。
店内は禁煙です。

04-IMG_9996.jpg
暑くなってくると、さらに美味しくなるね。
クリアーハイボール(260円)。
酒屋さんのお店なので、看板に書いてあるように
お酒が安い。
大瓶ビール(アサヒ、キリン)一本360円也。

01-IMG_9982.jpg
おでん出汁で煮た
湯豆腐を。
ポン酢をかけていただきます。

10-IMG_0383.jpg
鰹を刺身で。

03-IMG_0004.jpg
どて焼き
白みそ仕立てにすじ肉を煮込んでトロトロ。

09-IMG_0381.jpg
サントリー角ハイボールを頼んだら
ウイルキンソンのソーダと共に
お好みの濃さで割ってねのスタイル。

08-IMG_0373.jpg
ここは揚げ物もお手軽価格で美味しいですよ。
牛、玉ねぎ、イワシ

05-IMG_9998.jpg
おでん
梅焼き、ワカメ、コンニャク

07-IMG_0367.jpg
これは、別の日に行った時にいただいた
焼売、こんにゃく、じゃがいも

どれも、出汁がおでん種にしみ込んでいて
美味いんです。
安くて美味いが体感できるのでは。

また、お店のお姉さんらの対応も
大阪らしい気さくで楽しめると思いますよ。

ごちそう様でした。

酒の奥田



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

テーマ : 立ち呑み/立ち飲み
ジャンル : グルメ

Tag:立ち呑み(天満、扇町、南森町、北浜)  Trackback:0 comment:2 

立ち呑み処 よね屋 大阪・上六 サクッと帰りに、うえほんまちハイハイタウンでセンベロ飲み。

うえほんまちハイハイタウンの1階に、新しくオープンされた
立ち飲みのお店へ。
既に、何度か行かせてもらっていて
いただいたモノをまとめてアップです。

01-IMG_9536.jpg
伺ったのは、「立ち呑み処 よね屋」さん。

02-IMG_9537.jpg
フードメニュー(税別)です。
特に、肉系や揚げ物のつまみが充実していますね。

7-IMG_0547.jpg
やっすいメニュー!!が裏にあり
見たら、充分センベロ飲みが楽しめそうな
ラインナップとお値段が嬉しいですな。

03-IMG_9539.jpg
ドリンクメニューです。


4-IMG_0558.jpg
飲み物もお得な価格設定(笑)
ちょっと入ってみます。

店内は、完全に立ち飲みスタイル。
カウンターとグループには良いテーブルがあり。

IMG_9586.jpg
暑くて喉がカラカラだったので
ブラックニッカのハイボールから。
一杯210円(税別)。
これはヤバイかも。お値段がお得で飲み過ぎてしまいそう。

IMG_9552.jpg
店長の激押しメニューから注文します。
和牛のビフテキ(390円)
ボリュームがあって食べ応えあり。
良い感じです。

IMG_9582.jpg
僕の大好物
鶏のから揚げ(190円)も。
モモ肉がカラッと揚がっていて美味しいです。
僕的にオススメ。

IMG_9577.jpg
焼酎もらいますよ。
中々(350円)

食べたモノを並べてアップします。

IMG_9593.jpg
にく玉(豚)(250円)

3-IMG_9967.jpg
あらびきウインナー(290円)

IMG_9560.jpg
海老フライタルタル(290円)

5-1-IMG_9963.jpg
あじフライ(120円)
   
2-IMG_0551.jpg
揚げぎょうざ(190円)

IMG_9561.jpg
デミカレースパ(290円)

IMG_9571.jpg
スパゲッティーにコシがあって良いぞ。
お肉やわらかでソースにも
うま味がある美味しい〆麺。

IMG_9954.jpg
ミートスパ(290円)

IMG_9960.jpg
これもトマトの風味があるソースで
美味しくいただきました。
食べ終わると満腹感(笑)
そして、美味しくお財布にも優しいお店でした。

また、行かねば。
ごちそう様でした。


立ち呑み よね屋



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大阪上本町駅谷町九丁目駅四天王寺前夕陽ケ丘駅

テーマ : 立ち呑み/立ち飲み
ジャンル : グルメ

Tag:立ち呑み巡り センベロ飲み  Trackback:0 comment:0 

さかなのさけ 東京・六本木 絶品の料理と酒に会いに行きました。

久し振りに寄らせていただきました。

1-IMG_9755_20170406161541a17.jpg
「さかなのさけ」さん。
東京・六本木にあります。
大江戸線六本木駅出口5番から出て、六本木通りを
1丁目方向に行き、路地を入ったところ。
お店の周囲は、六本木らしからぬ静かなエリア。

1月に行く予定だったのですが、体調を崩してしまい
予約をドタキャンしてしまったから、今回リベンジで。
扉を開けると、ご店主と奥様がちょっと驚いた様子ながらも
笑顔で出迎えてくれはりました。

07-P1150649_201704061629568ac.jpg
こちらのお店が、大阪・南船場にあった時から使われている
みずやが健在でした。
みずやとは、大阪弁で食器入れや台所の意味なんですよね。

2-IMG_9757_20170406161543386.jpg
行った日の料理メニューです。
毎日、ご店主が手書きされています。

02-P1150637_20170406162949fed.jpg
カウンターに座って落ち着いたところで
程なくして、エビスビールとお通しが。

01-P1150635_2017040616294734c.jpg
ふっくらとしたハマグリの身と春の旬菜を
優しくお出汁で。
調理は奥様がされています。
美味しい料理の数々に
大阪にお店があった時から、どれだけ喜びを感じさせていただいた事か。
今夜も楽しみ。

03-P1150640_2017040616295066f.jpg
「えび・豆腐辛味炒」をお願いします。
この日は、宴を終えてからのひとり二次会だったから
お腹も良い具合でして(汗)
ここのお店で一番のお気に入りをいきなり注文です。

06-P1150645_2017040616295514a.jpg
プリッとした海老と豆腐に絡み
辛味が絶妙のチリソース。
たまらなく美味いんです。
白ご飯あったら、何杯でも食べられそう(笑)

04-P1150642_20170406171111aa0.jpg
山廃純米酒もいただきます。

05-P1150644_201704061711131f8.jpg
クリアーな飲み口に
何杯もお代わりしそうで
美味い酒は危険だ(笑)

08-P1150650_20170406171214870.jpg
そして、さかなのさけでしか食べられないカオマンガイ。
奥様渾身の料理。

ご夫妻ともに旅行好き。旅先でお知り合いに。
だから、国内外各地の美味しい料理をよくご存じで
旅先で食べた味に負けない美味しさ、
そして、オリジナリティーを持ち合わせた料理を
出してくれはります。

10-P1150656_201704061712177b3.jpg
「ザ・プレミアム・モルツ」をいただいてみます。

09-P1150655_20170406171216ada.jpg
カオマンガイと合わせていただきます。
最近、プレモルも瓶で置かれるようになったそう。
香り豊富なビールとカオマンガイの風味を一緒に。
幸せです(笑)

3-IMG_9765.jpg
カオマンガイ
鶏スープで炊き上げた
タイの名物料理。
香草の風味と一緒に楽しみます。
お出汁が米粒の一粒一粒まで染み入り
美味しかったです。最高です。

この日は、これ終えましたがお店に居られた
お客様も素敵な方ばかりで楽しかった。
また、共通お知り合いが居た事にもビックリで
縁というものを感じさせていただきました。

02-IMG_4864_20170406171338e04.jpg
あと、昨年の秋にお伺いしていただいた料理を
今頃ですが、アップさせていただきますね。
今の時期には、無いモノもあると思います。
申し訳ありません。

その時のメニューです。
秋の旬菜がラインナップです。

01-IMG_4860_2017040617133583b.jpg
ごま豆腐のお通し。
口解けと共にごまの風味が華盛り。

03-IMG_4866_201704061713393a5.jpg
丹波の黒枝豆
秋には、欠かせない旬の味。
濃厚な枝豆は丹波産に限ります。

04-IMG_4870_20170406171340edd.jpg
刺身の盛り合わせ
各地から旨い魚が一同で一皿に。
贅沢だ(笑)
真鯛、いさき、弾力感半端ない津久見の釣さばに、カンパチ、アオリイカ。

05-IMG_4874_20170406171342ad6.jpg
鶏きもレア焼き
濃厚な肝を心ゆくまで。

07-IMG_4879_20170406171344e70.jpg
自家製ひろうす
関西でいう、がんもどき。
さかなのさけさんの名物料理。
あっさりの関西風お出汁がたっぷりかけられた
ひろうすは、ここでしか食べられません。

09-IMG_4885_20170406171348dfd.jpg
里芋揚げ出し
里芋の滑らかな味わいとうま味をお出汁と共に。

10-IMG_4888_201704061713495da.jpg
干し貝柱の春巻
これも僕の好きな料理。
干し貝柱のたっぷりの身とエキスをサクッと揚げた
春巻と一緒に楽しみます。

11-IMG_4889_201704061713516fe.jpg
和そばのサラダ
これも好き。
さっぱりそばつゆがかかった
サラダにコシがあるお蕎麦を一緒に。

12-IMG_4893_201704061713528fd.jpg
最後の〆には、ぜひ。

13-IMG_4894_20170406171353114.jpg
キャラメルアイスクリーム
これもここでしかいただけないと思う味。
アイスクリームと言えば、甘いものと考えてしますが
これは、ワインや酒が飲みたくなるほど
カラメルの苦味と渋みがあり、ほんのり甘味も。
是非とも食べていただきたい一品。
甘くないので、左党の方も楽しめると思います。

なかなか、東京・六本木に移転されてから
気が向いた時に、大阪からひょこっと行けないので
食べ過ぎてしまった一夜でありました。

料理だけでなく、ご主人の付かず離れずな接客や
調理担当の奥様の雰囲気もこのお店の良いところ。
機会あれば、是非寄ってみて下さい。
オススメいたします。

ごちそう様でした。


さかなのさけ



関連ランキング:居酒屋 | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅


テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

Tag:和食 東京、兵庫、その他エリア  Trackback:0 comment:0 

酒場 ソラヤマ  大阪・上六 うえほんまちハイハイタウンの新店へ。

仕事からの帰り。
ちょっと、寄り道をして「うえほんまちハイハイタウン」の中に。

僕的には、飲むのに穴場のエリアだと思っています。
梅田やなんば、京橋エリアに比べたら
ゆっくり飲めるし、値段もお得。
そして、いろいろなタイプのお店がたくさんあるから
その時の気分や懐具合で楽しめますし。

で、館内をうろうろしていたら、

01-IMG_0258.jpg
3月27日オープンしたと、立て看板に。
同じ場所で、お昼は別名のお店がカレーを
夜は、酒場をやってはるみたい。
ちょっと行ってみます。

08-IMG_0279.jpg
「酒場 ソラヤマ 」さん。
店頭撮ったつもりが撮ってなかった(汗)
お店カードで。
地下1階にあります。
カウンターのみのスタンディング。
ご主人おひとりでテンポ良く仕事されています。

03-IMG_0262-1.jpg
フードメニュー(クリックで拡大します)。
揚げ物や鉄板焼き、洋風モノが多いですね。

10-IMG_0285.jpg
ドリンクメニューです。
これ以外にも、日本酒も置いてはります。

11-IMG_0287.jpg
ワインリスト

09-IMG_0281.jpg
酒場の方は、15時から22時半(LO)
ちょっと長めの営業で便利。

07-IMG_0277.jpg
カールスバーグを。
デンマーク生まれのビール
ちょっと苦みがあって好きなんですわぁ。

04-IMG_0268.jpg
鶏を鉄板で焼いてもらいます。
心地良い食感で美味い。
添えられたキャベツにかかっている
ソースも美味しいし。

05-IMG_0270.jpg
ジムビームのハイボールにチェンジ。

06-IMG_0275.jpg
海老とホタテの串焼きを
ワインにもあいそうなつまみで
これもジューシーに焼けてあって美味しかった。
手間をかけて出してはる感じ。

他も寄ってみたかったので、今回はこれで。
また、行きたいですね。

ごちそう様でした。

酒場 ソラヤマ



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大阪上本町駅谷町九丁目駅四天王寺前夕陽ケ丘駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:立ち呑み(天王寺、上本町、鶴橋、西成)  Trackback:0 comment:0 

麺と心 7 大阪・阿倍野駅 魚介の美味しさ表現が素晴らしいです。

休肝日としていたので
麺で晩飯。
久し振りにラーメンを食べに行ってみた。
飲んだ後、炭水化物を控えているのでね(笑)

18-IMG_0237.jpg
行ってみたのは、
「麺と心 7」さん。
地下鉄、阪堺電車の阿倍野駅近く
阿倍野筋四丁目交差点を南へ進んだところにあります。
ラーメンオタクさんらからも支持されている
「JUNK STORY」さん系列のお店。

01-IMG_0061.jpg
魚介白湯専門店です。

02-IMG_0066.jpg
魚介白湯スープについて。
魚のあらをベースに、煮干、昆布や魚節を加え作られたとか。
濃厚ながらもまろやかで魚介の風味がガツンと来る、
ほぼ99%魚介の材料からできたスープと説明にあります。
確かに、以前食べた時もそんな印象が残っていますね。

04-IMG_0070.jpg
新味の他に、元味や魚介醤油のあっさり系ラーメンがあります。

03-IMG_0068.jpg
サイドメニュー。

12-IMG_0221.jpg
ご飯ものも有り。

10-IMG_0217.jpg
春の学生さん向けサービス。
4月末までやってはるみたい。
これは嬉しいよね。
お店から天王寺駅も歩ける範囲で
周囲に住んではる学生さんが多いのでは。
近くには、大阪あべの辻調理師専門学校はじめ
大学キャンパスや専門学校がありますしね。

実際、お客さんは学食かと思うほど
若い方ばかり。店員さんも若くて
我のみオッサン(笑)
浮いている存在かも。

11-IMG_0220.jpg
まぜそばもラインナップ。

13-IMG_0224.jpg
お店の7つのこだわり。
お客様ファースト、真摯なラーメン提供と営業の心がけを書いてはる。
これは良いよね。
だから、接客が、しっかり丁寧で心遣いもあり素晴らしいと思いましたよ。

メディアから取り上げられ、ラーメンオタクさんらから贔屓されるよう
美味いモノを作る事にだけ集中して
行列して待ってくれているお客さんへの気遣いを
忘れているお店に見せたい(笑)

06-IMG_0073.jpg
濃厚魚介そば新味をお願いしてみました。
メニュー表紙にあるから一番押しかと思って。
なお、麺の量の選択可。
小100g -50円引き
並125g
中150gまでは無料。
大盛り200gはプラス103円(税込)

09-IMG_0080.jpg
かじきのたたきの柚子漬け入。
お店のお姉さんから、余熱で固くなるので
早めにお召し上がりをと。
確かにレア状。早々にいただきました。
かじきのうま味しっかり柚子が効いて美味しい。
追加したいくらいだった。

17-IMG_0235.jpg
スープは確かに濃厚ながらもあっさり、魚介しっかりで好み。
肉が苦手な人や年輩の方も抵抗なくいただけるのでは。

08-IMG_0077.jpg
麺が滑らかで良いですね。
とろみのあるスープとの絡みも良好なり。

14-IMG_0228.jpg
美味しかったので、別の日には、元味も。
チャーシューが生ハムみたいな風味に感じた。
スープは、こちらの方が新味よりあっさりに感じました。

15-IMG_0230.jpg
自家製麺だけにスープの特製とよく調和しています。

16-IMG_0233.jpg
から揚げも一個追加した。
揚げたてでジューシーな食感。
これも美味しくいただきました。

気持ちよくラーメンをいただきました。
味良し、応対良し、雰囲気明るい。
良い気分のまま、お店を後に。

ごちそう様でした。


麺と心 7



関連ランキング:ラーメン | 阿倍野駅松虫駅天王寺駅前駅

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:ラーメン(天王寺、阿倍野、寺田町)  Trackback:0 comment:0 

藤原 神戸・二宮 一品一品に、味わいがあるお店です。

休みの日。
二年半ぶりに行ってみました。

13-IMG_9894.jpg
神戸・二宮神社近くにあります。
「藤原」さん。
三宮駅付近から歩いて10分程。
ご年配のご夫婦が営業されている居酒屋さんです。
カウンターのみ。
こちらのお料理は、どれもが味わいふかいものばかりで
近くだったら、毎日通いそう。
ご常連の中には、毎日な方も居られるとか(笑)
酒や居酒屋に関する著書や「全国居酒屋紀行シリーズ」で
知られる作家の太田和彦氏もご常連のお店です。

人気で満員な事が多く営業終了も20時と早いため
お店オープン直後の時間(16時)に行ってみます。
念のため、駅からお店に電話。
大将に席を確保をお願いしておきます。

09-IMG_9885.jpg
行った日のメニューです。
どれも食べてみたい(笑)
今回は、飲み食い好きな方とご一緒だったので
いろいろ頼めそう。

撮っていませんが、最初はビールで乾杯します。

01-IMG_9849.jpg
きずしの盛り合わせ(600円)から。
鯛と鯖。
酢の〆加減が絶妙。
酸っぱ過ぎず、浅過ぎず。
それぞれのうま味を逃がさずに
身は柔らか。
他では食べられない逸品。
必食です。

02-IMG_9852.jpg
旬の肴です。
富山湾のホタルイカ(400円)

03-IMG_9855.jpg
産卵のために沿岸にやってきた
ホタルイカのメス。
身が肉厚でぷっくりして美味い。

05-IMG_9865.jpg
ひれ酒

06-IMG_9867.jpg
香ばしい皮入りで美味い。
お酒を継ぎ足しお代わりしていただきますぜ。

08-IMG_9880.jpg
だし巻き(400円)。
お母さんが焼いてくれはります。
藤原さんの澄んだ出汁で焼かれた
だし巻きはええ味してますわぁ。

10-IMG_9888.jpg
にごり酒
酸味があって好き。
結構酔いがまわってきた為
説明しないと何かわからん画像になっとります。
申し訳ありません(汗)

11-IMG_9891.jpg
つくね
なんこつ入りで良い食感。
ポテトサラダもさっぱりした味で美味しかった。

07-IMG_9870.jpg
とり肝煮(400円)
身に甘みがあって美味い。
山椒がピリッとしていてええねぇ。

14-IMG_9896.jpg
飲んで食べて良い気分。
店出たら、まだ明るかった(笑)

いつまでも、お二人お元気で続いていただきたいお店です。
大将と奥様の笑顔に癒されながら
お店を後に。

来店前に、予め席確保の電話を入れてから
行かれる事をオススメします。

ごちそう様でした。


藤原



関連ランキング:居酒屋 | 三宮駅(神戸新交通)三ノ宮駅(JR)神戸三宮駅(阪神)

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:居酒屋(神戸)  Trackback:0 comment:0 

三丁目の珈琲店 大阪・南森町 ボリュームたっぷりのハウスサンドをいただきます。

朝ご飯はもちろん、お昼もご飯派ですが、
たまには、パンでランチをいただきますぜ。

5-IMG_0254.jpg
かなり久し振りに、南森町駅近くにある
「三丁目の珈琲店」さんへ。
天神橋三丁目にお店があるから、三丁目なんでしょうね(笑)
カウンターとテーブル席、奥にも、テーブル席があって
見た目以上のキャパあり。

1-IMG_0245.jpg
サンドイッチ類のメニュー。
飲み物も一緒に頼むと100円引き。

2-IMG_0249.jpg
こちらのお店で人気。
三丁目の珈琲店ハウスサンドとアイスコーヒーをお願い。

3-IMG_0250.jpg
ハウスサンドは、アメリカのダイナーで
頼んだかと思うほどに
ボリュームたっぷり。これに、ポテサラも付いています。
あと、アイスコーヒーの量もたっぷりなので
ゆっくり楽しめます。
小川珈琲さんの豆を使ってはるみたい。

4-IMG_0252.jpg
ローストチキン、玉子、トマトレタスを
ケッチャップベースのソースで
山型のトーストに挟んでご提供。
若い男性でも満足なボリュームと
安定感あるお味で美味しかったです。
平日は、早朝6時から明け方4時までの
ロングラン営業も便利。

また行きたいですね。
ごちそう様でした。


三丁目の珈琲店



関連ランキング:喫茶店 | 南森町駅大阪天満宮駅扇町駅


テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

Tag:カフェ・喫茶店・パン  Trackback:0 comment:0 

弁当は、日本の誇る文化や!米屋のおにぎり屋菊太屋米穀店、崎陽軒シウマイ弁当。

4月に入りましたら
いろりろとバタバタです。
しっかり飲んで食べては忘れずにしておりますがね(笑)

最近は、遠距離の移動の場合は、飛行機を使う事が多いのですが
先日の新幹線移動では
久し振りに、お弁当買って乗り込みました。

たくさん種類があれば迷うし、無かったらがっかり(笑)
なので、決め打ちして買ってみました。

行きでは、新大阪駅の新幹線側コンコースにあります、

IMG_9657.jpg
「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店 ジェイアール新大阪駅店」さんで
魚沼産こしひかりだし巻き弁当(650円)を買って
新幹線車内へ。
弁当のお供には、プレモルの缶です(笑)

IMG_9659.jpg
開くと、大きなだし巻き、魚沼産こしひかりの握り飯が2つ

IMG_9664.jpg
そして、枝豆数本と肉厚のある梅干し。

IMG_9666.jpg
シンプルな構成ながら
どれもしっかりした酒の肴にもなります。
これ、気に入りました。
駅で買うお弁当は、冷めた状態でいただきますからね。
揚げ物とか煮物は固くなっているし、この方が良い。
ただ、お酒が進みそう。注意せねば(笑)
美味しくいただけました。ごちそう様でした。
他に、鮭やメザシの弁当もあるようですよ。

米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店 ジェイアール新大阪駅店



関連ランキング:おにぎり | 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅



帰りのお弁当。
弁当屋さんには
数多くの種類があって迷います。
美味しくなかったり、口に合わなかったら嫌だなと思い
定番過ぎて申し訳ないのですが、

1-IMG_9773.jpg
選んだのは、崎陽軒のシウマイ弁当。
関西には、弁当は常時売っていないでしょうから
(あったら、すみません)。

2-IMG_9776.jpg
ふたを開けると、昔懐かしい弁当の姿。
フタには、ご飯粒が引っ付いていて(笑)

3-IMG_9780.jpg
シウマイ4個に、おかず達。
鮪の照り焼、かまぼこ、鶏から揚げ。
玉子焼、タケノコ煮、切り昆布と千切り生姜
そして、あんず煮。俵ご飯。
日本の弁当と言って過言ないスタイルです。

いただきますと、見た目と同じく味も濃い目の昭和な味。
懐かしい気持ちになりますわぁ。
匂いもそれほどしないから周囲を気にせずにええし。

ごちそう様でした。

崎陽軒
http://www.kiyoken.com/index.html

テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

Tag:ランチ、お弁当、朝食  Trackback:0 comment:0 

六献 (ろっこん)品川店 東京・品川 和食でプレモル体験。やっぱり、皆、飲む事、食べる事が好きやねぇ。

サントリー <天然水のビール工場> 東京・武蔵野ブルワリーでの
セミナーや試飲
の後には
東京・品川に戻り、東京・大阪の食べ歩きブロガーさんらと
サントリーさんのご招待で懇親会に参加します。

しかし、途中の渋滞がひどくて
わすか十数キロのところまで1時間以上かかる模様。
余りの状況に、途中高速を降りて臨時のトイレ休憩(笑)
そんなハプニングも遠足のようで楽しかったのですが
アテンドいただいたサントリーの関係者の方々は
大変だったと思います。

そんなこんなを経て、バスは出発場所の品川駅近くへ。
お久し振りにお会いする、サントリーの室元さんがお出迎え。
バスを降りて会場となります、お店へ参ります。

1-IMG_9745.jpg
お伺いしましたお店は、「六献 (ろっこん)品川店」さん。
こだわりのある
和牛や産地から取り寄せた魚を使った料理が楽しめるとのこと。
また地酒も。楽しみです。

2-IMG_9746.jpg
お店は、品川駅港南口近くにあります。
席数が123席と大箱の店舗ですね。
全席個室で 2名から50名様迄対応可能との事。
掘りごたつもあって落ち着いて食事や宴ができそう
少人数でも、春の歓迎会や忘年会、新年会でも使えます。

3-IMG_9749.jpg
お鍋メインのコースでお願いされているとか。

06-P1150586.jpg
再び「ザ・プレミアム・モルツ」で乾杯であります。
せっかくの機会という事で
東京と大阪のブロガーさんが交互に座り
お互いに親交を。

01-P1150562.jpg

02-P1150565.jpg
玉手箱のような
お通しが出されます。
特に、コンニャクの味加減が、東京らしい味付けで嬉しいねぇ。
最近は、どこも味付けが均等化してきている気がして。

03-P1150569.jpg
スモークされた合鴨

04-P1150573.jpg
刺身の盛り合わせ
産地直送されたそうな。

05-P1150581.jpg
ズワイガニといくらの海鮮サラダ

07-P1150591.jpg
タコとぶりのしゃぶしゃぶ
面白い組み合わせ。

08-P1150595.jpg
良い具合に鍋が煮たっております。

18-P1150628.jpg
瓶で「ザ・プレミアム・モルツ」をいただきます。
僕は、お鍋の時は瓶の方が好きだなぁ。
自身のペースに飲めるから。
もちろん、和食でも香り高い「ザ・プレミアム・モルツ」は
美味しく飲んで食べてを演出してくれます。

10-P1150599.jpg
天ぷらの盛り合わせ
揚げ物には、ビールが一番合いますね。
海老の存在感が半端ない。

11-P1150603.jpg
お肉は、「三重県産松坂豚」「特選牛カルビ」のしゃぶしゃぶ
松阪って、牛だけじゃなかったんだ。

12-P1150609.jpg
鍋が遠かったので、鍋近くの方に
お肉をしゃぶしゃぶしていただきます。
なんか偉くなった気分(笑)
いや、申し訳ないです。

15-P1150620.jpg
サクッと湯通しして
ごまだれで。

13-P1150611.jpg
牛肉も

14-P1150614.jpg
松阪豚も
うま味あって、あっさりしたお味。
美味しかったです。

17-P1150627.jpg
〆には、きしめんがお鍋に投入されます。
久し振りに、きしめん食べたが口あたりが良くて
美味しくいただけました。

16-P1150623.jpg
柚子シャーベットをいただいて
フィニッシュ。

東京のブロガーさんも食べるの、飲むのが好きで
楽しい人達ばかりだした。
みんな通じるところあり(笑)
会ってみたかった東京のブロガーさんとも
お話もできて良かったです。

ごちそう様でした。
ご参加の皆さんに感謝したします。


六献 品川店



関連ランキング:居酒屋 | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

「ザ・プレミアム・モルツ」の故郷へ。サントリー <天然水のビール工場> 東京・武蔵野ブルワリーで、ヴァイタートリンケンを体感。

先日、サントリーさんからご招待いただきまして
「ザ・プレミアム・モルツ」発祥の地であります、

01-P1150291.jpg
サントリー <天然水のビール工場> 東京・武蔵野ブルワリーに行ってきました。

1-P1150426.jpg
今回は、新しく生まれ変わりました「ザ・プレミアム・モルツ」セミナーと
武蔵野ブルワリー内の工場見学に参りました。
そして、5年振りに大幅リニュアールし
2017年3月14日に発売された
「ザ・プレミアム・モルツ」の試飲体験に参加させていただきました。
今回は、東京と大阪の食べ歩きブロガーさんが初集結です。

8-IMG_9718.jpg
東阪合同となり、ご参加の人数が多い為、
品川駅近くからバスツアーと相成りました。
さてさて、どうなりますやら(笑)
バスのナンバープレートが”世田谷”です。
いわゆるご当地ナンバー。
東京23区内だと、あとは杉並だったかな。
大阪だと、堺がそうですね。
しかし、初めて見てテンションが上がるのは、田舎者丸出しやな(笑)

1-P1150279-1.jpg
車内では、とんかつまい泉さんのお弁当をいただきながら
参加の方々としばし談笑。

2-P1150281-1.jpg
後ろの方で既に缶ビールを開けている音が聞こえてきます(笑)
昨夜、遅くまで飲んでたので
かなり二日酔い(笑)
私は試飲までガマンします。

02-P1150293.jpg
1時間位バスに揺られて、
サントリー <天然水のビール工場> 東京・武蔵野ブルワリーに到着。
工場らしからぬ、サントリーさんらしい
斬新なデザインが待ち受けていました。
さすがですね。
この東京・武蔵野ブルワリーも、3月14日にリニューアルオープンされたそうですよ。

4-IMG_9736.jpg
館内へ入ります。

2-IMG_9732.jpg
ガイドツアーは、サントリーHPから予約可能です。

5-IMG_9738.jpg
セミナーの開始です。

05-P1150307.jpg
講師をしていただくのは、サントリー東京・武蔵野ブルワリー
技師長久保田さんです。

06-P1150313.jpg
サントリーでは、国内4か所にある(武蔵野、京都、熊本阿蘇、群馬利根川)の
ビール工場の名称を「サントリー〈天然水のビール工場〉」に変更
また、武蔵野ブルワリーでは、施設内部もリニューアルされました。
いずれのブルワリーも良質の地下水が採取できるところに立地しています。

07-P1150315.jpg
武蔵野ブルワリーについての説明。

08-P1150320.jpg
ここ武蔵野の地に、1963年4月竣工されました。
都内唯一のビール工場。

09-P1150321.jpg
また、サントリービールの発祥の地でもあります。
純生という名称で発売されていました。

11-P1150326.jpg
「ザ・プレミアム・モルツ」の特徴について説明を受けます。


世界最高峰のビールをつくりたいと目指した
・華やかな香り
・深いコクとうまみ
・絹のような滑らかな泡


以上、3つの特徴を挙げられます。

12-P1150328.jpg
また、武蔵野ブルワリーでは、
商品開発研究部が共存しているので
現物を見ながら、密な情報交換が
生産部門と研究部門との間でできる利点があります。

13-P1150330.jpg
おいしいビールつくりは、おいしい水からということで
国内4つのビール工場の名称を、<天然水のビール工場>に統一。

14-P1150335.jpg
「醸造家のこだわりと情熱」を感じてほしいと
熱く語られておりました。

04-P1150301_2017040307205960a.jpg
これより、ブルワリー内を巡って
「ザ・プレミアム・モルツ」ガイドツアーへ向かいます。

01-P1150337.jpg
アテンダントの方の説明を伺います。
ビールの主原料である、麦芽とホップから。

麦芽は、酵素の働きからうまみを作りだします。
また、ビールの味や香り、色、そして泡持ちの源にもなります。

02-P1150339.jpg
「ザ・プレミアム・モルツ」で使われる
二条大麦麦芽を試食。
香ばしいうまみがあって、思っていた以上に美味しく感じましたよ。

4-P1150453.jpg

3-P1150451.jpg
「ザ・プレミアム・モルツ」では、
このダイヤモンド麦芽をさらに用いて
深いコクを実現しています。

03-P1150341.jpg
お次は、ホップについて伺います。
ビールの香りと爽快な苦みを作りだして
泡立ちと透明感の役割も。

04-P1150342.jpg
「ザ・プレミアム・モルツ」で使われる
欧州産アロマホップ。
華やかな香りが体感できます。

05-P1150344.jpg
かなり香りが強くて直接嗅ぐのは正直厳しいなぁ(笑)

06-P1150348.jpg
続いて、ブルワリー内の設備を見学です。

07-P1150350.jpg
麦芽にある酵素の働きで、でんぷんから糖に分解された麦汁
麦のジュースにアロマホップを加えて煮沸していきます。

08-P1150351.jpg
仕込工程が図解で説明されています。

09-P1150356.jpg

10-P1150357.jpg
「ダブルデコクション製法」
麦汁の一部を別の釜に移して
高温で煮込む工程を2度繰り返す製法です。
1回でも手間のかかる“デコクション”を2回繰り返すことにより、
“麦本来のコク”を引出し、
“濃厚な麦汁”を作りだします。

11-P1150359.jpg
そして、「アロマリッチホッピング製法」とは、

12-P1150362.jpg
華やかな香りと良質な苦味を
実現するため、煮沸した麦汁に
アロマホップだけを使用し、
仕上げには、ファインアロマホップを
投入する製法です。

14-P1150368.jpg
今度は、麦汁の糖を酵母の力でビールに変えていく
発酵工程をモニターを見ながら説明を受けます。

15-P1150369.jpg

16-P1150370.jpg

17-P1150371.jpg

18-P1150372.jpg

19-P1150373.jpg

20-P1150375.jpg
24時間体制で人の手によって管理されています。
美味しいビールの為に。


21-P1150376.jpg
通常のツアーガイドでは見られない
ミニブルワリーエリアに入室。

22-P1150381.jpg
タンクのサイズが、5KLのミニブルワリー。
品質つくり込み精度の高いスケールアップが可能になってきます。
必要に応じ、工場の麦汁や酵母を活用しながら
工場タンクで使う100KLにスケールアップしても
味や品質が保てます。

23-P1150383.jpg
マスターズドリームで使われている
武田双雲氏の
『醸造家の夢』原書も拝見させていたきました。
躍動感が伝わってきましたよ。

24-P1150389.jpg
出来上がった若いビールを貯めておく
貯酒タンク。

25-P1150391.jpg
貯酒について
モニターで説明を受けます。

26-P1150392.jpg

27-P1150393.jpg

28-P1150395.jpg
タンク内部の様子を見ながら
工場見学での人気エリア。
製造工程へ。

29-P1150397.jpg

30-P1150400.jpg
ろ過の様子です。
これらを用いて
黄金色のビールが生まれていきます。

31-P1150402.jpg
缶詰機です。
年中無休の生産体制らしい。

32-P1150404.jpg
ビールを缶に充填する様子はモニターで。

33-P1150405.jpg

34-P1150407.jpg

35-P1150408.jpg

36-P1150409.jpg
高速回転させながら次々と製品が出来上がっていきます。

37-P1150411.jpg
オートメーション化された製造ラインでは、
製品が次々と作りだされていきます。

38-P1150414.jpg

39-P1150417.jpg
いつまで見ていても飽きませんね(笑)

40-P1150418.jpg
次に、サントリーさんの取り組む環境活動について
説明を受けます。

42-P1150420.jpg
美味しい天然水ができるには
森を守る事から。

以上で、
ブルワリーガイドツアー終了です。

「世界最高峰のビール」を
つくる為に日夜努力されている事がわかりました。


05-P1150454.jpg
引き続き、「ザ・プレミアム・モルツ」セミナーを
セミナー室に戻り受講します。
これが終わってからの試飲が楽しみ(笑)

06-P1150455.jpg
「ザ・プレミアム・モルツ」の目指す
味わいとは、

08-P1150467.jpg
世界最高峰のピルスナービール
ヴァイタートリンケン
これは、ドイツ語で
<何杯飲んでも飲み飽きない味>
それを目指して、華やかな香りと深いコクを。

10-P1150475.jpg
深いコクをつくり出す麦芽について。
使用するのは、粒よりの二条大麦麦芽と

11-P1150477.jpg
チェコ産のダイヤモンド麦芽。
これらで深いコクが生まれてきます。
しかし、固く煮出すには
手間がかかる麦芽です。

15-P1150481.jpg
そこで、「ダブルデコクション製法」を用い
麦汁の一部を別の釜に移し
高温で煮込む工程を、2度繰り返す製法です。
これで“麦本来のコク”を引出し、“濃厚な麦汁”を作りだしていきます。

18-P1150485.jpg
これで深いコクが実現します。

20-P1150488.jpg
そして、欧州産アロマホップを使用することで
華やかな香りを実現されます。

21-P1150493.jpg
今回新しくなった「ザ・プレミアム・モルツ」の特徴は、
グラスに注いでからも、飲みはじめ、飲み終わり、
そして飲んだ後に続く余韻に至るまで
続く「圧倒的なおいしさ」の追及。
グラスに注ぐと立ち昇る華やかな香りに加え
飲んだ後に口の中に膨らむ華やかな香りが味わえます。

新しい「ザ・プレミアム・モルツ」の目指す味わいは、
23-P1150499.jpg
「香り、コク、香り」

連なる味わいを体感できそうです。

さて、お待ちかねの試飲タイムになりました。
実際に、”ヴァイタートリンケン”を体感してみます。


3-P1150431.jpg
試飲コーナーです。
明るい雰囲気の中で生まれたてのビールが楽しめそう。

5-P1150437.jpg

6-P1150438.jpg
これは、タンクの再利用かな。

8-P1150442.jpg

9-P1150444.jpg
試飲コーナーは、結構広くゆっくり楽しめそうですね。

02-P1150504.jpg
アテンダントの方々が、
次々と出来立ての「ザ・プレミアム・モルツ」を注いでいかれます。

03-P1150505.jpg
二つのグラスを交互にして入れていくのを、
僕もやった事がありますが、なかなか難しいんですよね。
美味しく均等に注ぐのは。

04-P1150506.jpg
サーバーでビールを注ぐ時は、
グラスの角度がポイントかも。

06-P1150508.jpg
そして、泡の量も。

07-P1150509.jpg
ビールと泡の比率は、7:3だと
大昔に、バイト先で教えられました。

08-P1150513.jpg
素敵な笑顔と共に注がれた

09-P1150514.jpg
美味しい「ザ・プレミアム・モルツ」をいただきます。

13-P1150520.jpg
皆さんと乾杯。
サントリー式の乾杯コール
「スコール」~を三回言ってから飲みます。

香りが素晴らしく美味しかった。

1-P1150524.jpg
サントリー工場限定パッケージの
おつまみもいただきます。

2-P1150526.jpg
これ好きです。枝豆の味がしっかりしていて。
何杯でも飲めそう(笑)

ちょっと、お読みの皆さんにお伺います。
お家で飲む時は
瓶ですか?缶ですか?
缶の方が多いのではないかと思います。

次に、缶ビールを美味しく飲む為の注ぎ方を
ご伝授いただきます。

02-P1150530.jpg
まず、グラスを真っ直ぐにして持ちます。

04-P1150532.jpg
ビールは、上から泡立てながら注いでいきます。

06-P1150534.jpg
泡が落ち着くまで、一旦入れるのを止めます。

07-P1150536.jpg
少しすると徐々にビールが上がっていきます。

08-P1150538.jpg
今度は、グラスを傾けて
ビールを再び注いでいきます。

11-P1150545.jpg
泡の上がり加減に気を付けながら

12-P1150547.jpg
美味しいビールの出来上がりです。
入れ方次第で缶もサーバーに負けない
味わいが楽しめます。

14-P1150551.jpg
私もやってみましたが、
なかなか美味しくできたのでは(笑)

3-IMG_9734.jpg
出発時間までしばし館内の売店に。
おみやげが買えます。

1-IMG_9727.jpg
サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリーへは、
JR南武線、京王線「分倍河原駅(ぶばいがわら)」からは
無料シャトルバスが運行されています。

16-P1150556.jpg
もちろん、駅にも送っていただけますよ。
ビール等アルコールの試飲をするので
ありがたいですね。
徒歩の場合は、JR府中本町駅から15分です。
ただ、東京競馬場の最寄り駅でもあるので
土・日曜日、大きなレースの時には、特に混むと思います。
ご注意下さいね。

17-P1150559.jpg
お帰りの時間のチェックもお忘れなく。

長文で失礼しました。
最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ご自宅やお店で「ザ・プレミアム・モルツ」をお楽しみください。

15-P1150554.jpg
サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー
〒183-8533 東京都府中市矢崎町3-1
営業時間:9:30〜17:00
休業日:年末年始・工場休業日(臨時休業あり)
http://www.suntory.co.jp/factory/musashino/

東京・武蔵野ブルワリーの工場見学ツアー、セミナーには
事前に予約してお出かけ下さい。
http://webapl.suntory.co.jp/factory/musashino/?_ga=1.45303136.518158957.1406848903

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

名代 富士そば 歌舞伎座前店 東京・東銀座 深夜のそばも良いもんだ。

先日、とあるイベントの参加で東京へ。
それについては、近くアップしますが、
前乗りして行ってみたかったお店、会いたかった人達と会い
飲んで食べたら、もう日が変わっておりました(笑)
投宿していた東銀座近くで、深夜におそばを。

8-IMG_9716.jpg
お昼間は、観客らで賑やかな歌舞伎座も
深夜はひっそりやね。

7-IMG_9713.jpg
その歌舞伎座隣にあります
「名代 富士そば 歌舞伎座前店」さんへ。
首都圏で展開のそばチェーン店。

1-IMG_9700.jpg
おそばだけでなく、うどんや丼物、天ぷら等
いろいろあって迷う。
もりそばは、300円と破格の安さ。
銀座のど真ん中ですよ。ここ。
さすがです。

2-IMG_9704.jpg
シンプルに、海苔ざるそば。
もりそばに、海苔乗っただけで80円高くなった(セコイ話ですみません)
深夜なのに、結構お客さんが結構来てはりますわ。
店内BGMは、ど演歌(笑)

5-IMG_9710.jpg
生そばを使ってはります。
茹でた後には、水でそばをしめて提供
お値段から考えたら美味しい。

4-IMG_9708.jpg
防腐剤を使わず、店内での出汁を取り
小豆島産醤油で作ったかえしを使ってはると
富士そばのHPに書いてはります。
確かに、一般的なそば屋さんと変わらぬ味わいがありますね。
美味しくいただけました。

3-IMG_9706.jpg
これを見て
そば湯頼まなきゃとお願い。

6-IMG_9712.jpg
中国の方らしい店員さん。
愛想良く、そば湯ねぇ~仰りながら
出してもらった、そば湯。

ん?これ。そば出汁やん(笑)
これでつゆを割ったら、味濃いよ。
ここは、東京だから。
いやいや(笑)

しかし、出汁をそのままいただきましたが
香りもあって美味しかった。
立ち食いそば価格で、このレベルが味わえるお店
僕の知るところ、関西では無いかも。

ごちそう様でした。


名代 富士そば 歌舞伎座前店



関連ランキング:そば(蕎麦) | 東銀座駅銀座駅築地駅


テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

Tag:そば  Trackback:0 comment:0 

FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム