うなぎんの味言葉、香り言葉|2015年06月

少し、ブログ更新をお休みさせていただきます。

いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます。
けがをしてしまいました。
更新を少しの間、休ませていただきます。


1-IMG_9070.jpg
回復したら、またお付き合い下さいませ。



スポンサーサイト

Tag:うなぎんの独り言  Trackback:0 comment:4 

麺家 じゃんぷ亭 大阪・南森町 ガッツリ効いたみそ味らあめんをいただきます。

たまに、とっても食べたく中毒性のあるみそらあめん。
時々行っているお店です。

「麺家 じゃんぷ亭」さん。
南森町駅から歩いてすぐ1~2分.
旭川ラーメンがいただけます。
特に味噌味が美味しく好み。


4-IMG_0902.jpg
みそらあめん。
中華鍋で炒められたもやし、玉ねぎに
スープを入れ熱してから丼に。
大きなチャーシューを沈めると
程よく柔らかみが出てより旨くなります。

5-IMG_0905.jpg
麺は、旭川の加藤製麺
ちぢれ麺。
生の様な食感を楽しんでほしいと
お店の案内にありました。
独特の食感です。確かに生麺のような。


2-IMG_0537.jpg
炒めもやしらあめん
炒められたもやしが250g、そして、甘味の出たたまねぎに
ネギ、コーンと
たっぷりの具が盛られています。


1-IMG_0085.jpg
あと、醤油の効いたチャーシューの角の部分が。
具の量が多いので
麺までたどり着くまで少々時間がかかります。


3-IMG_0542.jpg
極太麺でお願いしてみます。
レギュラー麺よりもコシがあり周りの食感もグミのようで
僕的にはこちらの麺が好み。13時以降に注文可能。
スープのお味は、味噌味で。
食べ応え充分の一杯でした。

また、必ず食べたくなるでしょうね、ここの味は(笑)
ご馳走様でした。


麺家 じゃんぷ亭



関連ランキング:ラーメン | 南森町駅大阪天満宮駅扇町駅

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:ラーメン(梅田、天満、南森町、扇町)  Trackback:0 comment:2 

コロンビアエイト 堺筋本町店 大阪・堺筋本町 スパイスカレーの楽しみ方

徐々に日中が暑くなると
スパイシーなモノが欲しくなってきます(笑)


6-IMG_3251.jpg
行こう行こうと思いながらもなかなか行けず。
初めてのお伺い。
「コロンビアエイト 堺筋本町店」さん。
キーマカレー850円、ナイトキーマカレー850円
ほうれん草キーマカレー900円、ヌードルライス900円
夜の営業時間は、Barタイムにもなっていて、カレーだけでなく
セットメニューやアラカルトのおつまみも。
ちなみにヌードルライスはカレーの下にヌードル
そして、別皿にご飯と生卵。
二度おいしく楽しめます。


1-P1060313.jpg
初訪問だったので
定番のキーマカレーと
とうふサラダ、飲み物付きのセット(1,000円)に温玉(100円)プラスで。


2-P1060318.jpg
ガシューナッツがお皿一杯に広がっています。
スパイシーな香りと
ビジュアルで楽しませてくれます。
てっぺんに添えられたしし唐は辛くないので
辛みが抑えられます。


5-P1060324.jpg
スパイシーカレーの美味しさ、楽しみ方を教えてくれる味かな。
初めて食べる人でも辛みが抑えめなので食べられそうですよ。


3-P1060319.jpg
とうふサラダには乾燥させたほうれん草が盛られていますね。

4-P1060320.jpg
マンゴージュースはドロッとしていて良かった。
あと、追加の温玉です。
キーマカレーとの相性が良かった。

美味しゅうございました。
ご馳走様でした。


コロンビアエイト 堺筋本町店

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:インドカレー | 堺筋本町駅長堀橋駅松屋町駅

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:カレー  Trackback:0 comment:0 

十三トリスバー 大阪・北新地 老舗トリスバーでソムリエマスターも推奨するビオンタを。

夜の北新地に来ましたよ。
月曜日なのに人が多く歩いてはりますね。
以前より増えたみたいに思えます。
徐々に景気が上向いて来ているのかな。
私には実感ありませんが(涙)


2-P1060300.jpg
今宵はこちらに
「十三トリスバー 北新地」さんへ。

今回は、サントリーさんの企画で
「海のワイン ビオンタ アルバリーニョ 2013 」をいただきに
お伺いしました。


サントリー公式HPにて「VIONTA」商品案内があります。
こちらもご覧ください。

http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/

1-P1060251.jpg
他にお客さんが居られなかったので
ちょっと店内を。
昭和の香りを感じる落ち着いた雰囲気する店内。
店名が示しますように、
こちらのお店は大阪・阪急十三駅西口
通称「しょんべん横丁」にあります老舗のBARです。
1956年(昭和31年3月)開業。
開業当時から「トリス」などを目当てにした客に愛され
現在は、江川さんが創業者のお父様から受け継がれて
二代目マスターとして
老舗の味と雰囲気を守っておられています。

しかしながら、昨年3月に発生した横丁の火災で十三のお店が焼失
残念ながら一時閉店せざるえない事態に。
元通りの再建には法律上の問題等々で、すぐには困難な状況。
そんな中、トリスバーの復活を望むお客さんの声が多く江川さんに寄せられ
皆さんの気持ちや声にも押され、昨年夏に北新地で支店を出されました。
本店は十三。だから北新地のお店は「支店」です。
初めて行くお店。楽しみにしながら行かせてもらいました。

2-P1060281.jpg
飲み物メニューです。

3-P1060287.jpg
サントリーの名酒が並んでいます。
最近、ウイスキーへの熱が再びアップしてきたので
かなり気になりますよ(笑)


5-P1060296.jpg
生ビールには、ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム。

1-P1060258.jpg
響ハイボールが880円とは良心的ですね。北新地ですから。

6-P1060298.jpg
ワインリストです。
ソムリエでもあります、マスターの江川さん似顔絵付き(笑)
ご自身で飲んでみて
気に入った、美味しいと思った銘柄だけを選んでおられるそうです。
ビオンタもそのひとつ。


4-P1060290.jpg
フードメニュー
乾きものから炒めもの、サンドイッチ等々
充分に食事ができるメニューが用意されています。
この中で一番、気になったのはイカ焼きです(笑)
いわゆる姿焼きでなく大阪風の粉もの。
創業40年間一番人気と書いてありますし。
期待大です(笑)


1-P1050935.jpg
もちろん、ワインは「海のワイン、ビオンタ アルバリーニョ 2013 」を。

1-P1050109.jpg
白ワインですが、やや黄金色で独特の味と雰囲気があります。酸味がポイントかな。
魚専用と売り出されていますが、野菜にもお肉にも。
特に和食に合うと思いますね。


1-P1060205.jpg
さっそく、頼んでしまいました
いか焼き。
仕事帰りでお腹が減ってもいたので(笑)


2-P1060209.jpg
鉄板鍋の上には、かつお節たっぷりのいか焼き。
味はお店のオリジナルですよ。
漂うソースの香りが堪りません。


3-P1060214.jpg
生地の上にはふんわり玉子が。

4-P1060221.jpg
ソースとマヨネーズ
香ばしく焼けたイカに出汁の効いた生地と玉子の味
この連携プレーが最高に美味い。
正直、これはコテコテの大阪人には
もちろん
大阪の味として地方から来られた方にもおススメできる一品ですよ。
絶対また食べてみたい。


1-P1060222.jpg
一緒に行った方が野菜を食べたいと。
野菜サラダをお願いします。
注文後、ひとつひとつ丁寧に野菜を切り
ご提供。
添えられたドレッシングが昔食べた
懐かしい洋食屋さんの味で嬉しいね。
これも美味しかった。
ビオンタと合わせても
すっきり酸味が良い仕事をしてくれはりますね。


2-P1060230.jpg
黒板に書いてあったおススメから
タンドリーチキンを。
早速お願いしてみます。
こちらもマスターのお手製なのです。


3-P1060248.jpg
チキンの香ばしさと旨味を
ビオンタがすっきりした味に調えてくれる。。


2-P1060266.jpg
次は、海老と玉子のサンドイッチをお願いします。
玉子は、じっくり厚焼きされたふんわりタイプ。


3-P1060279.jpg
中にはぷりぷりの海老が。
味はちょっと濃いめなので
お酒のつまみには最適ですな。


1-P1060263.jpg
ビオンタとも頂いてみます。
すっきり感が濃い目の味付けを受け止めてくれる。


1-P1060299.jpg
マスターの江川さんの温かい雰囲気に癒された
また、お酒や味に信頼が置ける気がするお店でした。


3-P1060301.jpg
また、是非とも行かせてもらいたいお店です。

いつかまた十三の横丁での再開も望んでおられていました。
それが早く実現できるよう願うばかりですね。
いろいろな人の想いが多くあるお店に行かせてもらえ感謝です。
ご馳走様でした。
http://13torys.web.fc2.com/
十三トリスバーHP




1-P1050351.jpg
魚介専用白ワイン
海のワイン”ビオンタ アルバリーニョ 2013 ”
「大西洋の恵みあふれる白ワイン」
サントリー公式HPより「VIONTA」商品案内
http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/
お買い求めはAmazonにて(Amazonをクリックで商品案内へ)


十三トリスバー

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:バー | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

son-ju-cue 村塾 大阪・四ツ橋 和とフレンチの素敵ビストロでビオンタを飲みます。

大阪・新町です。
この辺りには、比較的年齢層の若い人が多く住んではります。
お店もオシャレな雰囲気なブティックや雑貨、その他いろいろ。
食べるところも、カフェやイタリアン、フレンチにビストロが目立ちます。
もちろん居酒屋、中華もありますよ。
思うに、女性一人、グループで気軽に入りやすいお店が全体的多いよね。
また、新情報発信のところでもあるので各お店のコンセプトが個性的。

考えたら、この辺りに来たのは久し振り(笑)
生活圏に外れているから、いや街の雰囲気に合っていないから??


07-P1050895.jpg
「son-ju-cue 村塾」さん。
地下鉄四ツ橋駅から四ツ橋筋沿いに歩いて5分位のところに。
心斎橋駅、西大橋駅からも徒歩圏内。

今回は、サントリーさんの企画で
「海のワイン ビオンタ アルバリーニョ 2013 」をいただきに
こちらへお伺いしました。


サントリー公式HPにて「VIONTA」商品案内があります。こちらもご覧ください。
http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/


02-P1050878.jpg
「son-ju-cue 村塾」さんのコンセプトは
”幕末スタイルのフレンチバル”
フレンチと和の融合かな。


01-P1050877.jpg
店名は、幕末に長州藩士の吉田松陰が興した
私塾松下村塾(しょうかそんじゅく)から。


4-P1050857.jpg
また、町家に西洋文化を取り入れられた
イメージのためにシャンデリアも。


04-P1050882.jpg
お店のデザインは、テレビの人気リフォーム番組で活躍されている
「匠」の方が完全プロデュースされたそうです。
だから、カウンターの一枚板にもそりがあるのも使うなど
拘りがところどころに。
思うに、フレンチバルに和風テイスト的を入れた印象かな。
なぜかTVモニターには無声の時代劇が流れておりましたが
もうちょいどっちのイメージかはっきりさせた方が良いかも。
女性が好みそうな空間になっていますね。
実際、お店に入った時は女性客の方が多かったし
同行してくれた人もお店を気に入ってましたし。
僕一人浮いた感じだった??(汗)


2-P1050849.jpg
メニューです。
おススメの国産牛のサーロイン串焼きが真ん中に。


1-P1050846.jpg
だし巻き、お茶漬けにフレンチ、イタリアンと
好みに合わせて選べる感じです。


3-P1050855.jpg
飲み物メニュー
生ビール480円、スパークリンクワイン500円に日本酒や焼酎も。
飲むものは好みが別れますからね。
これやないと飲めないって人が時に居ます。
その場合でも心配無用ですな。


03-P1050880.jpg
ボトルワインのメニュー
赤です。
黒ワインもあるやね。しかも肉専用って。
気になります。
今日は「魚専用」ワインを飲みに来ているので、今度また。


1-P1050887.jpg
白ワインリスト。
酔った後に撮ったのでブレております。
申し訳ないです。


05-P1050890.jpg
この中から選んだのは

3-P1050808.jpg
もちろん、白ワイン「海のワイン、ビオンタ アルバリーニョ 2013 」を。

14-IMG_3165.jpg
アミューズです。
たこのマリネ
スプーンの方は、醤油と塩に卵黄と山葵で。
もう一方は、シェリービネガーで和えたもの。
味が素直に伝わってきます。食感良し。


1-P1050755.jpg
スタートは、クリームチーズのポテトサラダから。
見た目と違って和テイスト。
日本酒にもワインにも合いそう(笑)
塩気があるので酒の肴といった感じか。
中にたくわんの刻まれたものが入っていて不思議な食感。


2-P1050758.jpg
でも、かえってビオンタが進みます(笑)
和食風味に合いますからね。このワイン。


3-P1050762.jpg
あとはキッシュで。
濃い目の味だけど
チーズの香り良く効いて美味しかった。


1-P1050764.jpg
鮪のグリル ラタトゥイユ添え
赤身の鮪とはどうかな。


3-P1050782.jpg
ラタトゥイユの玉ねぎとトマトの甘味、酸味が
マグロに良く合っています。

2-P1050777.jpg
もちろん、ビオンタとも。
ワインの酸味がさっぱりしたあと口してくれます。


1-P1050791.jpg
お次は、魚介類のグラタン仕立てと合わせてみます。
すずきと平貝で。


3-P1050796.jpg
ソースが超濃厚です。
クリームかと思う位。
魚介出汁がソースにたっぷり。
熱々のバケットと食べても美味しいね。

4-P1050798.jpg
スズキの白味でさっぱり仕上げりと
ソースの旨味成分がビオンタと飲むと引き立ててくれますね。


2-P1050802.jpg
お肉料理にも挑戦です。
フォアグラのソテー ソースマデラ
ふんわりした口あたり。


1-P1050799.jpg
肉でも料理の味を引きたててくれます。

2-P1050823.jpg
カンガルー肉のローストを。
脂肪燃焼効果抜群らしい。お店のおススメ料理。
オーストラリアではダイエット食としてスタンダードとの事。


3-P1050827.jpg
カンガルーも食べるのか。オーストラリアでは。

ちなみにカンガルーと呼ばれたのは、
昔、ラジオの英会話放送で聞いた話ですが
カンガルーを初めて見たキャプテンクック率いるイギリス軍人が
現地人のアボリジニのひとりに
これは何かと英語で聞いたところ、
カンガルーと答えたことが由来らしい。
でも、アボリジニの人は聞かれた英語がわからないと答えたとか。
しかし、これは俗説だそうです。
アボリジニの一部の部族地域では実際にカンガルーと呼ばれていたらしい。
結果、間違っていなかった。
いずれ全土で呼ばれるようになりました。
そやけど、ピョンピョンと飛び跳ねる動物を
初めて見てさぞ驚いたやろうなぁ(笑)


1-P1050817.jpg
見た目は牛肉だが、鶏肉に近い風味であっさりした味。
くせがありません。
これから日本でも注目されそう。


1-P1050833.jpg
これもお店おススメの料理
国産サーロインの牛串


2-P1050843.jpg
適度に脂がのっていて美味しい。
西洋わさびか岩塩をつけて。
焼き加減もステーキと同じように選択できます。
僕はレアがエエかな。
お好みで。


1-P1050861.jpg
〆と言ってはなにですが、
最後に海老とブロッコリーのピッツァを。


3-P1050865.jpg
切り分けてくれてはる。
流行のナポリピッツアとは違うタイプ
焼き上がった生地がクリスピーで香ばしくパリッとして美味い。
僕の好み。
何枚でも食べられますよ。


2-P1050864.jpg
ソースには出汁が効いて飽きない味に。
また食べてみたい、一品です。


10-P1050900.jpg
シェフもオーナーさんも他の店員さんも
皆さん、気遣いある応対で素晴らしかったです。

09-P1050899.jpg
また、それぞれの料理に工夫が散りばめられていて
楽しくも頂けました。


13-P1050908.jpg
別サイドの出入口です。
こちら側はビストロ風。和と洋の雰囲気を外観からも表わしていますね。
女性だけでなく男性も楽しめるお店だと思います。
深夜3時まで営業なので深夜の飲み直し、飯使いも。

ご馳走様でした。




1-P1050351.jpg
魚介専用白ワイン
海のワイン”ビオンタ アルバリーニョ 2013 ”
「大西洋の恵みあふれる白ワイン」
サントリー公式HPより「VIONTA」商品案内
http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/
お買い求めはAmazonにて(Amazonをクリックで商品案内へ)

son-ju-cue

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ビストロ | 四ツ橋駅西大橋駅心斎橋駅


テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム