うなぎんの味言葉、香り言葉|2009年02月

ふなまち 玉子焼き(明石焼き) 兵庫・明石

久しぶりの平日での休日。天気が良かったので、
少し遠征して明石まで行ってみました。

明石は日本の標準子午線(東経135度)が通る町として有名です。
食べる方では、瀬戸内海で取れる真タコやイカナゴの釘煮が名産。

そして、明石に来たなら必ず食べないといけないもの。
明石焼き(明石では玉子焼きと呼ばれてます)を頂きました。
玉子が入ったふわふわな生地に出汁をつけて食べる独特のスタイル。
たこ焼とは、ちょっと違う食べ物です。

IMG_4412.jpg
今回は明石に数多くある玉子焼きの店で
一番人気の「ふなまち」へ

平日の午後なのに待ち客が居られます。人気の高さがわかりますね。

IMG_4410.jpg
来ました~玉子焼き20個(500円)

IMG_4409.jpg
色合いが良いですね~

IMG_4411.jpg
このふわふわな玉子焼きに出汁をつけて食べます。
ここの出汁は常温。
なお、出汁をつけるようになったのは、熱い玉子焼きを冷ますためだったらしい。
なるほど程よい食べ具合になりました。
なかなか味わいがあります。粉はしっかり混ぜられ焼かれてました。
雑味なし。美味なるものですね。

ごちそうさまでした!!




↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑



ふなまち
TEL 078-912-3508
住所 兵庫県明石市材木町5-12
営業時間 10:30~18:00


スポンサーサイト
テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:たこ焼き、明石焼き、粉もん  Trackback:2 comment:2 

カトマンドゥカリー PUJA 大阪・高槻  Good Nepal Cuisine

食べ仲間のプーさんから、いつも行っているお店が一周年なのでお祝いに
行きませんかとお誘いを受け行ってきました。
http://kumakuma696969.blog95.fc2.com/blog-entry-160.html
プーさんが書いたお店の記事です。


JR摂津富田駅から車でお店へ。(高槻駅からも行く事ができます。)
IMG_4353.jpg
店名の「PUJA」はネパール語で「祈り」という意味です。
IMG_4351.jpg
そこで店頭にも、「ブッダの知恵の目」が描かれています。
これは四方を見渡すという意味です。
ネパールでは仏塔やカレンダーに描かれ人々の信仰深さを感じます。


IMG_4355.jpg
お祝いのお花をみんなで贈りました。

ここはカレーを選ぶ際、ルーの辛さと中の具を選ぶスタイルです。
一般的なカレー屋さんと同じようにしたんですね。その方がお客様にはわかりやすいのでしょう。
本日の料理はおまかせ。

IMG_4363.jpgワインで乾杯であります。

IMG_4365.jpg
魚介類、鶏ブイヤベースのカボチャスープです。
日本人には受け入れやすいお味。カボチャの甘みが光ります。


IMG_4366.jpg
タルカリ(シメジとアスパラガスのカレー炒め)
マサラ味(ガラムマサラ・混ぜ合わせた香辛料)と野菜の旨味が丁度いい具合でした。

IMG_4370.jpg
マライティッカ(ナッツ系のソースを漬けこんだタンドリーチキン)
ほのかな甘みがあって辛いものが苦手な方にも丁度良いのではないかと思います。

IMG_4373.jpgネパールのビール「EVEREST」
ご存知、世界の屋根のエベレストをイメージしてます。さっぱりしてて辛い料理に合います。

IMG_4375.jpg
タンドリーチキンです。ここは骨なしタイプで出されます。食べやすいですね。
スパシイーな旨味と焦げ目が何とも食欲をそそります。


IMG_4378.jpg
このナンの焼き具合最高です。甘みとモチモチ感がたっぷり。

IMG_4379.jpg
カレー類の登場です。
海老入りバターカリー(マサラ)です。
人気メニューですね。濃厚な味わいが好きです。ネパールの一般家庭では食べないプロの味。
和食ならば割烹料理というところでしょうか。

IMG_4384.jpg
パラック(ビーフのカレー)

牛はヒンズー教の神だけに食べない人が多いのですが、外国人向けの料理といったところでしょうか。
ネパールに行った時、トレッキング中(ハイキング)の山中の村々ではダルバート(野菜のカレー炒め、
豆スープを御飯にかけて食べるネパールの常食)ばかり食べたので肉欠乏症に(笑)
カトマンズの繁華街タメル地区でステーキ食べた記憶ありますわ。外国人観光客相手の
店が多くあります。

IMG_4386.jpg
チーズナンです。モチモチなナンの中にはチーズたっぷり。旨いけど高カロリー(汗)

IMG_4389.jpg
キーママサラ 辛さを最強レベルに(笑)これ位の辛さでないとね。ウマウマ~です

IMG_4388.jpg
IMG_4391.jpg
ミックスマサラ(エビ、チキン、ポーク、ビーフのミックス)
初めてみた料理が出てきました。
生野菜の中には春雨みたいなものが。そこにミックスマサラ、キーママサラを入れて頂くとか。
店長は日本人だけできめ細かい料理を出しておられますね。ガラムマサラの辛味と
肉の旨味、野菜のサッパリ感がマッチングしてて美味しかったです。

IMG_4393.jpg
サフランライスともご一緒に。

IMG_4400.jpg
ネパールの焼そば、チョウメン
チベット(中国)から伝わり、ネパールへ。
もちろん、お味はマサラ味。ターメリック、ガラムマサラ、チリパウダーで味付けます。
IMG_4396.jpg
ビリヤニです。インド風ピラフですね。でも、お味はどこかナシゴレン風。
辛味の違いがあって楽しかったですよ。同じだと飽きがきますから。


IMG_4403.jpg
最後にダルカレーです。豆のカレー。畑の恵みですね。濃厚で旨かった。
思うに、南アジア系の料理は野菜を使った料理は旨いです。
宗教上や経済的理由でベジタリアンが多いからかもわかりませんけど。
他にヨーグルトスープ(カディー)も頂きました。乳酸の酸味と塩味効いて旨かったなぁ。

大満足な一夜でありました。

IMG_4408.jpg
キレイに撮れずごめんなさい。お店のスタッフの方々です。遠い異国の地で頑張っておられます。

ネパール料理が堪能できました。インド料理とは違う文化を感じます。

ダンニャバード (ありがとう~)





↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑


カトマンドゥ カリー PUJA
TEL 072-681-0990
住所 大阪府高槻市郡家新町1-30
営業時間 〔営業時間〕
11:00~14:30(ランチ)
17:30~21:30
定休日 月曜日
駐車場は、店先に2台と近くの契約駐車場三台あり。


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:ネパール、スリランカ、パキスタン料理  Trackback:1 comment:2 

満ぞく屋 大阪・京橋  お財布応援団シリーズ開幕しました~!

百年に一度の経済危機と言われるけど、
うわの空な政治家達。
どうにかしないといけませんわ。
思うに、日本人は政治の事に無関心過ぎだからです。
だれがやっても同じって~ね。
外国なら酒の席でも、政治の事は必ず話題にあがるねんけどね。

とある国の紙幣です。
IMG_3741.jpg
IMG_3743.jpg
これは何かと言うと、
アフリカ・ジンバブエ紙幣100,000,000,000ジンバブエドルです。
そう、一千億ジンバブエドル紙幣


最近、一兆分の一のデノミにしましたので、
これは旧札と言う事になるのでしょうか。

パン1個買うのに、札束をリヤカーで運ぶような事態になってます。
歴史や架空の話ではなく、現実の話です。
独裁政権の失政の結果、超インフレになったからです。
一日で物価が2倍になっているような状態です。

他人事の話ではなく
ホントに早く未曾有(みぞう)の経済危機から脱却してほしいものです。

今日の御紹介は、

明日への活力ではないですが、ささやかな夜のお楽しみ。
センベロ(千円でほろ酔い)なお店です。
大阪・京橋の居酒屋。「満ぞく屋」へいきました。

CA3A0859.jpg 
大ビンなのがうれしい。
この一杯のために一日頑張ります(笑)

CA3A0861.jpg
肉じゃが好きなんですわ。これだけで落ち着きます。

CA3A0860.jpg
本日のメイン(笑) 豚ぺい焼です。
玉子に巻かれた豚バラが入ってます。
お好み焼きソースがうれしい。300円也
鉄板焼きもの定番ですね。


CA3A0862.jpg
940円也。
本日の夕飯終了でございます。野菜ジュース飲んで完了!。


ごちそうさまでした!!




↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑


満ぞく屋
TEL 06-6352-7855
住所 大阪府大阪市都島区東野田町3-5-18
営業時間 11:00~22:30



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:居酒屋(京橋、天満橋、北浜、玉造)  Trackback:0 comment:0 

GANGA 神戸・芦屋 インド・ネパール料理  スパイスマジック料理

今回は久々にインド料理をガッツリ食べてしまいました。
私のお気に入りのお店のひとつ。
芦屋市と神戸東灘区の境界あたりにあります。

料理はもちろん、オーナーシェフのお人柄が素晴らしい。


IMG_4329.jpg
ネパールの代表的な料理。
スパイシーなポテトサラダ
アルアチャール

クミンとマスタードの旨味にポテトが覆われてます。
好きな料理ですね。大根とかを使う事もあります。

IMG_4328.jpg
パコラです。
野菜の天ぷらでたまねぎとかを豆の粉をまぶして揚げてます。
これも定番ですね。

IMG_4326.jpg
インド料理屋のサラダドレッシングって
さっぱり系が多くて好きですわ。

IMG_4331.jpg
ネパールの定番料理モモ
中には、鶏ミンチが入っていて蒸してます。
ネパールの隣国は中国(正確にはチベット)で、
その影響で中華系料理も結構あります。
ネパール風焼そば(チャウメン)はマサラ味で美味しいんですよね。

IMG_4332.jpg
ジュージュー鉄板から
大きな音を立ててタンドリーチキンが登場です。

アツアツのスパイシーは何とも堪りません。

IMG_4335.jpg
シシカバブ 鶏と豚のミンチにスパイスを煉りこんで焼いてます。
これは誰でも好きではないでしょうか(笑)


IMG_4336.jpg

結構、お腹が膨れてきました。
でも、ここからがメイン料理。サフランライス。
そして、

IMG_4339.jpg
5人分をドーンと持ってきはりました。
キーマとナスのカレー。
ミンチにナス旨味、そしてスパイスの結晶のルーがたっぷり。


IMG_4340.jpg
サブジー。カレー野菜炒めといったところでしょうか。
野菜たっぷり。御飯の上に乗せて頂きます。


IMG_4347.jpg
ナンも旨い。エエ感じです。

IMG_4348.jpg
ガンガ特製のシーフード・スープカレー
魚介の旨味とタイ料理みたいな少し酸っぱい感じのスープが絶妙。

IMG_4350.jpg
ホタテもたっぷりで大満足な料理です。
これに米麺入れたら旨いやろうなぁ。。。
でも、どこの国の料理かわからよーになるわ(笑)

ホント旨かったです。
駅からは少し遠いですが、私のおススメのお店です。
店主のバットラさんはインドのホテルでシェフをされ来日。
金沢や大阪のお店を 経て昨年独立されました。
お料理は中々の腕前。
オープン初年でHanakoWEST美味しい店準グランプリにも
紹介された程ですから。


インド・ネパール料理 ガンガ
http://ganga.client.jp/
TEL 078-453-1115
住所 兵庫県神戸市東灘区深江南町1-12-16
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 火曜日


人気ブログランキング参加中です!!

↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑





テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:ネパール、スリランカ、パキスタン料理  Trackback:0 comment:2 

三大奇祭・おんだ祭り 奈良・飛鳥坐神社

先日、西日本三大奇祭のひとつ、
おんだ祭りへ行ってきました。
奈良県明日香村にあります、
飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)に於いて
毎年2月第1日曜日に行われるお祭りでございます。

IMG_4052.jpg

IMG_4060.jpg

生命を象徴した神事として、
子孫繁栄、五穀豊穣の願いを込め行われますが、
別名、四大性神事のひとつとも呼ばれてます。
それは愛の契りが祭りの中で表現されるから。


IMG_4062.jpg
天狗が、黒牛の縫いぐるみで扮する牛男を引き連れてきました。

IMG_4064.jpg

翁の面をつけた農夫が牛男を田を耕させています。

IMG_4076.jpg
巫女さんの舞がはじまります。

IMG_4077.jpg 調べと共に厳かな雰囲気に。

IMG_4083.jpg
舞の後、天狗がお多福を連れてきました。

IMG_4092.jpg
何やらお多福に伝える天狗。

IMG_4094.jpg
お多福が急にゴロリ。その上に天狗が乗りかかる~公然と営みか~

IMG_4095.jpg
別の天狗が営みを遮ります~

IMG_4100.jpg
と思ったら、
天狗はん二人の営みを助けて出します~


IMG_4106.jpg
IMG_4107.jpg
神主様も参観者も厳かな愛の営みを見守ります。
ちなみにこの儀式は植えつけと呼びます。

IMG_4103.jpg
終わったようです。行為のあとを拭いた紙を、

IMG_4104.jpg
天狗が参観者へ拭いた紙を配ります。
<この紙は、「ふくの紙」といい、
手に入れた人には幸運が得られるとか。
そして、これをその晩に使うと子宝に恵まれるとか。
何に使うかはわかりませんが(笑)

IMG_4112.jpg
司会の巫女さんもお喜びです~
タイプだったので、この巫女さんを見てるだけで
個人的には大変堪能。。。(汗)


なかなか楽しい時間でございました。
愛の契りほど崇高なものはない~


飛鳥坐神社のHPにはこのように書かれております。
http://manyoujyuku.hp.infoseek.co.jp/musuhi.htm
「産霊」をムスヒと読みます。
ムスとは、発生する。生まれる。生える。
という意味を持ち、ヒは霊力を表します。
ムスヒとは天地万物のふさわしきものを、
合わせ、結び、新しきものとして生み成し
育てゆく霊妙な力をいいます。

「古事記」や「日本書紀」の中でも、生まれ育つ赤子や子どもの表象を
多く登場させ、「生み成し育ちゆく力」を最も価値あるものとして表現し
ています。

飛鳥坐神社では「おんだ祭り」の中で、五穀豊穣と子孫繁栄を祈るため、
田遊びと結婚生活をリアルに演じ、生命を象徴した神事として、
生成・発展・継続の願いをこめ、西日本三大奇祭の一つとして
多くの参拝者をいただいております。


ほんとにね。特に高齢化社会な日本には子供は国の宝だと思います。
いずれ、次世代のお世話にならないといけないのですからね。

飛鳥坐神社
鎮座地 奈良県高市郡明日香村大字飛鳥字神奈備708番地




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

Tag:イベント、催し  Trackback:0 comment:0 

気が置けない人と飲む 無垢根亭(むくねてい) 大阪・交野

先日、こんなメールでお誘いを受けました。

「気がおけないメンバーと飲みませんか」
ん?一瞬、気を使う人と飲むの?と思ってしまいました。
前後の文脈から、逆の意味とはすぐに気がつきましたが(笑)

平成14年度文化庁「国語に関する世論調査」によると、
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/14_yoron.html

気が置けない  
例文:その人は気が置けない人ですね。
    

      (ア) 相手に対して気配りや遠慮を
          しなくてよいこと ・・・・・・ 44.6%
      (イ) 相手に対して気配りや遠慮を
          しなくてはならないこと ・・・・・・ 40.1%
      (ウ) (ア)(イ)両方 ・・・・・・  2.2%
      (エ) (ア)(イ)とは全く別の意味 ・・・・・・  6.3%
          分からない ・・・・・・  6.9%


との結果が出たそうです。
正解はというと(ア)
かなりの方が誤った使い方や理解をされています。
プラスの意味で言ったのに、相手にはマイナスの意味で
理解されて揉めてしまうケースが、あるのかもわかりませんね。
改めてコミュニケーションの難しさを感じます。

今回は、そんな気が置けない方々にお誘い頂きまして、
大阪は交野にある酒蔵メーカー大門酒造が運営されているお店へ
行ってきました。
http://www.sakahan.com/index.html

IMG_4151.jpg
酒屋半左衛門と門に掲げてあります。

IMG_4157.jpg
IMG_4158.jpg風情ある蔵とお庭です。

IMG_4159.jpg
周りには酒蔵から注がれる芳醇な香りが漂っております。

IMG_4161.jpg
お店は週末のみ営業で予約必須。コース料理のみです。
メインは酒粕入ったむくね鍋。

IMG_4163.jpg
まずは三種盛りオードブル。
手前から、馬鈴薯の茶巾しぼり、スペアリブ、
飾り野菜のピクルスです。


IMG_4169.jpg
ひとつひとつに拘りを感じます。

IMG_4175.jpg
スペアリブも、しっとりとしたお味でお酒の風味を壊しません。

IMG_4167.jpg
むくねビール。地ビールですね。思ったよりもあっさり。
上品な味つけなお料理に合います。

IMG_4180.jpg
日本酒は飲めない人間だけど、これはさらりとライスワイン感覚で飲めました。

IMG_4185.jpg
冬の味覚寒ぶりです。旨味がたっぷり。
香味野菜の天盛りにゆずポン酢がさらに風味を増してくれます。


IMG_4188.jpg
むくね鍋の野菜達。どれも鮮度がしっかりしてて旨そう。

IMG_4192.jpg
紅鮭のつくね
このお鍋のメインであります。程よい塩加減が何ともいえません(笑)

IMG_4186.jpg
純米吟醸酒粕と白味噌のお出汁で頂きます。

IMG_4196.jpg
しんなりと煮えて美味しかったです。特に野菜たっぷりなのがうれしい。
堪能できました。


IMG_4198.jpg
〆は山芋の醤油漬けと

IMG_4202.jpg
菜の花ごはん。春近しみたいで楽しくなります。

IMG_4205.jpg
デザートまでも日本酒繋がり。さすが酒蔵です(笑)
吟醸酒粕に和風仕立ての寒天であります。


ひとつひとつが、丁寧に作られ美味しかった。
欲を言えばお酒がもっと安かったらなぁ。。(笑)
ここは家族や旧知の友人との宴会やお祝いの会に最適と思われます。


美味しかったです!!

日本酒が素晴らしかった!!




人気ブログランキング参加中です!!

↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑




無垢根亭(むくねてい)
住所:大阪府交野市森南3-12-1 
金・土・日の昼と夜、1日2回予約のみの営業です。

http://www.sakahan.com/Mukunetei/mukunetei.html

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:和食 大阪・北エリア  Trackback:0 comment:0 

YANAMORI FARM DINNER THE GARDEN ORIENTAL SOSHUEN

IMG_4215.jpg
お茶目で優しくかわいがられる農家を目指している、
やなもり農園さんの野菜の宴に行ってきました。


今回の会場は神戸・御影にある、
The Garden Oriental soshuenです。

IMG_4208.jpg

IMG_4210.jpg
戦前に建てられた旧財閥の邸宅を利用しており、
門前にも凛とした空気が漂ってます。

セキュリティーの方に案内され中へ。

IMG_4211.jpg
愛らしいシーサーちゃんがお出迎えです。

開始時間まではウエルカムルームで飲み物と生ハムのご提供。
既に多くの方が来られてます。
参加者は100名との事。知らない方ばかり。
しかもドレスコードありの会だけに皆さん着飾っておられます。
少し緊張をしますわ(笑)
こんな時こそ、女性の方が活き活きされていると思うのは気のせいでしょうか。

IMG_4216.jpg
IMG_4217.jpg
各テーブルには本物の山桜が飾られ宴を盛り上げます。

司会はマンちゃん。
いつものブログの口調とは勝手が違うのか、やや緊張気味(笑)

IMG_4219.jpg
グラスも飲み物に応じて4種類。
一瞬、どのグラスを差し出せばいいのか迷います。
テーブルマナーも知識の内ですね。
知らないと恥をかいてしまうので注意ですわ。

ご挨拶のあとは、お待ちかねのお食事でございます。
今回の料理は、THE GARDEN ORIENTAL SOSHUEN久保シェフ、
SAGRA 溝口シェフ 、RITTO MABLETRE北山シェフと
三人のシェフの饗宴です。

IMG_4226.jpg
瀬戸内産鰆のカルパッチョとやなもり野菜のサラダ仕立て 
金柑ビネグレット

ビネグレットとはフレンチドレッシングですね。
やなもり野菜の真骨頂、優しい甘みを充分に生かしたお料理。
鰆と野菜の相性が完璧でした。
IMG_4228.jpg
それぞれの野菜の持ち味もしっかり。

IMG_4240.jpg
バームクーヘンを食べて育った藏尾ポークのサルシッチャと
豚のにこごり“コッパ”

IMG_4239.jpg
サルシッチャとは生ソーセージの事で
今回は蔵尾ポークを使った贅沢なお料理。
だって、阪神百貨店でいつも並んでいる
クラブハリエのバームクーヘンで育った豚さん。
ちなみにコッパとは塩漬けにした豚肉の意味。
ソースが大変美味しかった。


IMG_4242.jpg
ポレンタとプロボローネチーズを巻いた「カネロ二」
トリュフ風味梨大根のソース添え

この辺りから外も暗くなってきましたが、美味しい料理で気分は上々です。
カネロ二とは、クレープ状の生地の中に鶏肉や牛のひき肉などが入ったもの。
ポレンタは、カネロニの周りにあるフワフワしたソース。
どれもイタリア料理の定番らしい。
甘みが梨かと思うくらいある大根だけに甘みと酸味が丁度良かったですね。

IMG_4246.jpg
はちみつほうれん草の小さなニョッキホタルイカのマリネと塩トマトのズッパ
甘みと酸味、ホウレン草の旨味が良い感じでした。ちなみにズッパとはイタリア語でスープ”の意味。

IMG_4250.jpg
熊本産寒鰤と味九条葱のレアグリルマントバソース
これもソースが美味しい。
オリーブオイル、ケッパー、ドライトマトにアンチョビを加えたものを
マントバソースというらしい。

IMG_4256.jpg
広島産猪バラ肉の“グーラシェ”
ふんわりキャベツのスッド チロルスタイル添え

猪肉の煮込みです。臭みが全く無いのが素晴らしい。
しかし、中欧で食べたグーラシェがイタリアンでもあったんですね。
ドイツ辺りと国境接しているからかな。

IMG_4258.jpg
イチゴのセミフレッド 白イチゴ添え
このデザートも美味しかった。この白イチゴ。
当日、ご自身の農園のものは味が不十分だと。
お弟子さんのところから急遽譲り受けたものらしい。
究極のこだわりですね。プロの仕事。

ほんと、どれも美味しく驚きの連続でした。
飲み物も適度に提供してくれたりとスタッフの対応が
特に素晴らしかった。

機会あれば、ぜひ再訪したいところです。


人気ブログランキング参加中です!!

↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑



THE GARDEN ORIENTAL SOSHUEN (蘇州園)
住所 兵庫県 神戸市東灘区 住吉山手4-7-28
TEL 078-851-3182
阪急御影駅より徒歩5分。JR住吉駅より徒歩15分。
定休日 定休日なし(年末年始を除く)
営業時間 18:00 ~ 02:00(曜日により異なります)
ランチ 11:30 ~ 14:00(平日のみ)

http://www.thegardenorientalsoshuen.com/
テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

Tag:イベント、催し  Trackback:1 comment:4 

おおきに屋(再訪) 京都・北白川  私のお気に入りのお店

いつ行っても満足できるお店です。
今回は4人でお伺いしました。しかも開店直後♪(笑)
これ位の人数の方がマスターともお話がしやすいから
丁度良いのです。


IMG_3975.jpg
付きだしです。大根煮です。
お出汁が非常に丁寧。今日もワクワク感が高まります。


他の方々は初来訪だったので、おおきに屋定番料理を注文。
IMG_3977.jpg
唐揚げまーぼ
カリッと揚がった鶏唐揚げにピリッとした
辛味ソースが食欲をそそります。
いつもお願いする逸品です。


IMG_3980.jpg
冬の王様、カキフライ。
中のシューシーな牡蠣がしっかり。美味しいですね。


IMG_3981.jpg
こちらも定番料理のおおきに屋コロッケ。
コロッケの中はクリーミーなチーズとポテトがたっぷり。
添えられているのはブルーベリー。
甘酸っぱさがコロッケの旨味と合ってます。


IMG_3986.jpg
こちらもいつも頼みます。おおきに屋サラダ。
トロトロ玉子と生ハムに食感心地良いポテトサラダの三重奏。
本当に美味しいサラダです。

IMG_3989.jpg
牛タンの刺身。赤身好きな私には、
これ以上のご馳走はありません。鮮やかな色合いが良いですね。


IMG_3997.jpg
お薦めの刺身盛り合わせ。
手前はてっさです、厚みがあってしっかり食べ応えがあります。
左はぶりです。脂が乗って甘みがたっぷり。
右はさば、上品に〆られた上等品。


IMG_3995.jpg
マスターが是非食べてと強くお薦め頂いた、
トロアジにぎり。
アジに対する概念が変わった。噛み締めないでもとろける。
素晴らしいの一言です。


IMG_3991.jpg
IMG_4000.jpg
お酒が飲みたくなりました。
上はくもこ(鱈の白子)、下はイカの塩辛です。
白子の濃厚な甘み、イカのコリコリした食感が
食べる喜びも味合えます。


IMG_4003.jpg
牛ロースたたき。肉汁がたっぷり。
肉が活きてます。うまい!


IMG_4008.jpg
ワインに合うものとお願いしたら、
特製ピザ。ブルーチーズのたっぷり塩加減がちょうど。
臭みもなく生地の一片までも美味しく頂けました。


IMG_4013.jpg
これも食べてと出てきたお料理。
牛タンの切り落としの炒めもの。ソースが旨いと言ったら、


IMG_4012.jpg
このパンにソースを付けて食べて下さいと
出してもらいました。
おおきに屋自家製パン。中にはクリーミーなチーズが入ってます。
ソースつけて食べたらパンが宝物に変わりました(笑)


IMG_4006.jpg
生うにパスタです。上にウニそびえ立ってます。
麺は太麺。しっかりした食感に驚きです。
マスターのご自慢料理。
マスターが「麺は棣鄂(テイガク)さんに特注しています」と仰ると
一緒に行ったミッキーさんが、「知ってますよ。棣鄂さん」
と言った時のマスターのお顔が、
わかっているなと喜びの笑顔に(笑)
我々は美味しいウマイと好きな事を言ってますが、
その裏でお店の方は相当の努力をされ料理を出していると思います。
お金をもらっているのだから当然とは言え作り手も人間。
苦労をわかってほしいと思うのもわかりますね。


おおきに屋一番の”看板料理”はマスターとのお喋りですよ。
造詣深い方なので時間を忘れます。
そして、マスター特選の感動したラーメン屋さんへ
(以下はまた後日に。。。)



http://unagin1010.blog60.fc2.com/blog-date-200811.html
前回掲載分も合わせてご覧下さい。

人気ブログランキング参加中です!!

↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑



おおきに屋
TEL 075-701-5413
所在地:京都市左京区北白川瀬の内町27-6
http://www.eonet.ne.jp/~ookiniya-kyoto/index.html
営業時間
〔平日昼〕11:30~14:00
〔夜〕17:30~25:30
定休日 木曜
テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:居酒屋(京都)  Trackback:0 comment:4 

炭火焼鳥・鶏料理 鳥・鳥(CHO CHO) 大阪・藤井寺

ブログを書くの久々ですわ。サボりすぎですね。
これからはアップするペースを速めるよう努めます。

今回はご紹介するのは、
炭火焼鳥・鶏料理 鳥・鳥(CHO CHO) 



近鉄南大阪線藤井寺駅から徒歩10分程にお店はございます。

IMG_3973.jpg
真っ赤な太陽のような看板。大将が笑顔で出迎えてくれました。

IMG_3954.jpg
好きなギネスを頂きながらお料理を待っていると、

IMG_3911.jpg
茜色の新鮮なお刺身が出てきました。
特に肝はよく脂が回った、銀肝。
口の中に入れただけで身が溶け出します。
滑らかな食感で非常に食べやすい。


IMG_3912.jpg
ささ身のコリコリ感が気に入りました。新鮮やね。

IMG_3919.jpg
ハツ(心臓)だす。
適度な弾力性と噛み締めると出てくる旨味が良いですね。


IMG_3921.jpg
ネギを皮で包んだ「鳥・鳥オリジナル」
前にも書いたけど皮って脂っぽいので苦手。
ところがここのはパリッとしているしネギがアクセントになっていて旨いですね。

IMG_3925.jpg
ささみ~一番好きな部位なんです。
肉の旨味がしっかり味わえてヘルシーやから。


IMG_3928.jpg
せせり これまた串いっぱいにジューシーな肉がたっぷり。
飲み物のピッチが早くなります。


IMG_3930.jpg
ワインが美味しい。

IMG_3933.jpg
ボンジリ 独特の食感があって良いですね。

IMG_3936.jpg

つくね 焼き鳥屋に行ったら必ず頼みます。
だってお店の個性が一番出てくるから。
こちらのはフワフワした舌触りで新感覚。
おもろいなぁ(笑)


IMG_3938.jpg
ささ身サラダ 青菜がシャキッとしてて濃厚な味。
独り占めしたかったわ。


IMG_3941.jpg
ナンコツ 今度は焼き鳥のコリコリ王。
焼き鳥のアクセント付けには欠かせません。


IMG_3947.jpg
何ですかぁ!!この肉厚は。シイタケの旨味がたっぷりあって非常に美味。
一緒に行った、浪花男のお○さんも満足げでした(笑)


IMG_3949.jpg
皮 カリカリの表面にジュワーっとした肉汁がたっぷり。

IMG_3952.jpg
肉団子 タレで頂きます。香ばしい香りが広がります。
これも旨い!!


IMG_3957.jpg
手羽先 大将自ら食べ方を教えて頂きます。
特に骨の周りが一番好きです。何本でも食べられそう。


IMG_3959.jpg
レンコン鶏肉詰め レンコンの甘みと肉の旨味が
重なり合いおいしゅうございました~


IMG_3961.jpg
オヤドリ サッパリしたお味で好感が持てます。

IMG_3963.jpg
ネギマ 一体どんだけ食べたのかと思ったけど、
まだまだ食べられる位に美味しかった。
ネギの焦げ目が好きですよ。


IMG_3966.jpg
つなぎ ハツとレバーを結ぶところらしく、
なかなか珍しい部位。


IMG_3967.jpg
身の部分 メニューのほとんどを食べたのにまだ食べられる。
美味しかったです。


〆はやはりIMG_3970.jpg
IMG_3971.jpg

おにぎり茶漬け。出汁と御飯が丁度良い具合で食べ頃充分。
キュウリの漬物も素晴らしい。


どれも美味しくて止まらず。どれだけ喰うねんって感じでした。
それなのにご一緒した、この方から
もらったイチゴ大福までも食べてしまうし(笑)



ほんと大満足でした。

大将~おおきにです!!


人気ブログランキング参加中です!!

↑よろしかったら、

ポチっと(投票)お願いします!↑



炭火焼鳥・鶏料理 鳥鳥 ちょうちょう
TEL 0729-37-3117
住所 大阪府藤井寺市御舟町2-37 (最寄り駅は近鉄南大阪線藤井寺駅)
営業時間 火-金
18:00-23:00
土・日・祝
17:30-23:00
定休日 月曜日
テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:焼鳥、鶏料理、串焼き  Trackback:1 comment:4 

FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム