うなぎんの味言葉、香り言葉|旅行、街歩き、旅先グルメ(台湾)

六合夜市をウロウロ。文化の違いを感じて刺激になる。

台湾・高雄市の六合夜市をうろつきます。

11-P1140211_20170226001622c42.jpg

10-P1140209_20170226001621c73.jpg
市内中心部にあるので
観光客や遊びに来た人らで
いつも賑わっています。

14-P1140218.jpg
焼売の屋台。
見ただけでワクワク(笑)

13-P1140216.jpg
熱々の焼売。
美味そうだが、この後に宴が待っているのでガマンなり。

15-P1140219.jpg
しかし、昼に機内食を食べて以来、口にしていなかったので
空腹に負けて、ちょっと、台南名物の担仔麺をすすります。

16-P1140223.jpg
海老から取った出汁に
海老と豚のそぼろ肉。
麺は、中細ストレートで食べやすい。
煮玉子の黄身が濃厚過ぎて堪らん(笑)

17-P1140225.jpg
もうちょっと夜市を歩きます。

18-P1140231.jpg
屋台の松阪牛に反応。

19-P1140233.jpg
肉を巻いて焼くみたい。

20-P1140235.jpg
焼き上がりをみたが、味はどうなんやろうね。
これも文化ですな。

外国歩きは面白くやめられません。
今までに経験していない事やモノと
出合えるからね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
テーマ : 台湾のグルメ
ジャンル : グルメ

Tag:旅行、街歩き、旅先グルメ(台湾)  Trackback:0 comment:0 

台湾・高雄 雞伯 新年会です。美味い鶏鍋をつつきながら。


台湾・高雄では、日本人オーナーのゲストハウス「あひる家」さんに投宿。
世界一綺麗だと言われる駅「美麗島」駅から歩いて3~4分にあります。
ビルの5階にあって、1階にはコンビニのセブンイレブンがあります。
六合夜市もすぐ近くにあります。

もちろん、ゲストハウスなので
2段ベットのドミトリー
室内は寝てはった方も居たので撮ってませんが
トリップアドバイザーのリンク張っておきます。
場所やベッドや設備、料金等はこちらをご参照で。

「あひる家」(鴨家青年旅館)
高雄市新興區六合一路158號5樓
https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g297908-d2103209-Reviews-Ahiruyah_Guesthouse-Kaohsiung.html


1-IMG_6897.jpg

2-IMG_6949.jpg

3-IMG_6955.jpg

4-IMG_6960.jpg
館内の様子です。素敵ですわぁ。
ゲストハウスと聞くと
僕なんか、昔の安宿、落ちぶれた部屋とよれよれのベッドを
思い浮かびますが、
21世紀のゲストハウスは、それと全く違う
素晴らしい空間美を持ったところになっていました。
しかも今回は、邦貨で1泊3千円ほどで泊まれました。
※宿泊代金は、泊まる部屋や時期で変わると思いますので
予めご確認下さい。


シャワーやトイレのメンテもしっかり。
スタッフの方も日本語オッケー。
女性でも安心して泊まれるところだと思います。

偶然、知ってはる方も泊まってはってビックリ。
夜飯、どうしようかと思っていたら
この日泊まってはった方々で宴を開くそうな。
それに厚かましくドタ参させていただきました。
今年初めての新年会は海外で。
何とも贅沢なことです(笑)

---------------------------------------------

IMG_6927_20170225115202ff1.jpg
皆さんと行きましたのは、「鶏伯」さん。
参加者が大勢になったので、予約を入れて入店。
地元の方に人気のお店ですから、予め予約をされた方が良いかと。
お店まで美麗島駅から歩いていける距離。
十数分で到着。

IMG_6928.jpg
店先でおばちゃんが鶏揚げてはった。
こういうアバウトな感じが好きやねぇ。

IMG_6930_201702251152051d9.jpg
喉が渇いた。
台湾ビールを冷蔵ケースから出して
飲みましょう。飲みましょう(笑)

01-P1140236.jpg
後から来られた方も揃い
改めて乾杯です。

22-P1140303.jpg
メニューです。
ゲストハウスのオーナーさんが
オススメする料理をいただいていきます。

03-P1140241.jpg
金針菜炒め

02-P1140239.jpg
金針菜の蕾の部分に
甘味あって美味かったです。

06-P1140246.jpg
骨付き鶏とタケノコのスープ

07-P1140248.jpg
本日のメイン料理ですね。
しばらく火にかけて煮えるのを待ちます。

その間、様々な料理がテーブルに
次々と。10数名居てはったから
いろいろ食べられてええわぁ(笑)

08-P1140252.jpg
麺線

11-P1140267.jpg
米粉ビーフンだが、ほのかにニンニクが
効いていて美味い。
台湾で食べた中では、一番じゃないだろうか。
即無くなり、お代わり(笑)

10-P1140262.jpg
白菜炒めモノ

12-P1140271.jpg
鶏のから揚げです(豆乳鶏)
ちょっと甘目の台湾風のお味。
ビールが美味いぜよ。

09-P1140257.jpg
ピリ辛で鶏皮がパリッとしている。
これも酒くれ状態になるよ。
紹興酒が欲しくなったが、無いよな。
多分。
あれを中華料理と飲むのは
日本人の方が多いのでは。

13-P1140273.jpg
結構、ピリ辛な味が付いていた海老。

17-P1140285.jpg
玉子焼き

19-P1140293.jpg
どんどん食べていくと

16-P1140282.jpg
お腹がええ感じ。

14-P1140277.jpg
鍋が煮えて来た。
鶏が美味い。
身がしっかりした食感で
日本のようなブヨブヨ感がない。
そして、タケノコが甘く香りもあって
こっちの方が美味しく感じたほど。
出汁がちょっと煮つまり濃くなってたかも
わからんが美味しい鍋。
南にある高雄も、夜は肌寒いから
鍋が美味い。

18-P1140289.jpg
イカを炒めたもの。

20-P1140294.jpg
これもアクセントある辛みがあるので
酒進みます。


15-P1140281_20170225164527ad3.jpg
大満足な宴でございました。
おおきにです。

また、行きたいお店。
夜遅くまでやってはりますし。
ごちそう様でした。

鶏伯
住所:高雄市新興区自立二路3-5号
電話: 07-281-6665
営業時間:17:00~03:00

テーマ : 台湾のグルメ
ジャンル : グルメ

Tag:旅行、街歩き、旅先グルメ(台湾)  Trackback:0 comment:0 

興隆居 台湾・高雄 名物の湯包を朝からがっつりと。

台南から高雄へ朝早めに移動です。
午後のピーチ便で高雄小港空港から帰る予定なので。

高雄駅から歩いて行ける三鳳宮にちょっと。


3-P1030791.jpg
道教の聖地。
300年以上の歴史があるお宮。


5-P1030798.jpg

4-P1030793.jpg
日本の寺院や神社とは違う趣きですね。

2-P1030788.jpg
右側には、昭和拾年の文字が刻まれています。

1-P1030784.jpg

13-IMG_9951.jpg
日本との違いを感じました。
お腹が空いたので朝ご飯を食べに行きます(笑)

IMG_9925.jpg
高雄で人気の早餐処へ。
右側は興隆居さん。


6-P1030781.jpg

7-P1030782.jpg
左側の果貿來來豆漿。双方のお店ともに
地元の方でいっぱい。
本当は食べ比べしようと思ったけど
結構お腹いっぱいになり食べられず(汗)


5-P1030780.jpg
興隆居さん

IMG_9927.jpg
興隆居さんの方が多く並んでいたのでこちらへ。

03-IMG_9931.jpg
スープが多く入っている肉まん
一粒15元でしたっけ(失念)100円以下で食べられます。
店頭で「湯包」が蒸されています。


04-IMG_9932.jpg
フタを取られると湯気が立ち上ります。

05-IMG_9933.jpg
旨そうだ。

06-IMG_9935.jpg
持ち帰りの人も多いが
店内でも食べられるのが嬉しい。


07-IMG_9940.jpg
お店の女将さんらしい人が日本語で応対してくれはった。
豆乳、甘いの?辛いのどちらと言いはるから
辛い方でとお願い。


3-P1030773.jpg
なるほど塩味が少し効いてさっぱりな味。
上にはラー油を。


1-P1030768.jpg
湯包を。

08-IMG_9941.jpg

肉まん位の大きさで
重さもまあまあ感じます。


09-IMG_9946.jpg
中からスープがほとぼり出てきます。
小籠包かと思うくらい。


10-IMG_9948.jpg
具は豚肉とキャベツがたっぷり。
甘みがあって美味しい。


4-P1030777.jpg

ごちそう様でした。
台湾の朝飯は旨い。

1-IMG_9964.jpg
今回は、高雄空港からピーチで関空へ帰ります。
運良く非常口席をリザーブしてくれました。
だから、レギュラー席より広めで快適(笑)


2-IMG_9967.jpg


3-IMG_9969.jpg
普通席ならば、シートポケットにお水入れたら膝に当たるんですけど。
僕のデブデブ体格ならば。しかし、それもなくすんなりで疲れ感じず。
2時間越えの長距離だったら追加料金払っても良いかも。


17-IMG_9986.jpg
速足での台湾でしたが、堪能できました。
また行かねば。

最後までお付き合いありがとうございました。


興隆居

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:肉まん・中華まん | 高雄

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

Tag:旅行、街歩き、旅先グルメ(台湾)  Trackback:0 comment:0 

再發號 台湾・台南 人気の特製海鮮八宝肉ちまきを頂きます。

夜は台南で人気のお店まで
肉ちまきを食べに。


3-IMG_9906.jpg
再發號肉粽(ツァイファーハオロウツォン)さん。
百年老店。


1-IMG_9901.jpg
1872年から一世紀以上清の時代から日本統治を経て
現在と営業されているお店。
店名の再発号は、初代と3代目ご店主の名前から1文字ずつ取ったものらしい。


2-IMG_9891.jpg
店内は結構質素。
街中によくあるお店と同じで気軽に入られる。


1-IMG_9888.jpg
伝票にオーダー数書いてお願いします。

5-IMG_9910.jpg

2-IMG_9902.jpg
麻竹の葉1枚と桂竹の葉2枚で円錐形に。
台湾島内ならば宅急便で発送できるそうで
行った時も、台北に送りたいと頼んではる人居られました。
台湾にもあるクロネコヤマトでご発送。


1-P1030753.jpg
特製海鮮八宝肉ちまき(150元)をお願いしました。
ボリュームたっぷり。
通常の肉粽(肉ちまき)の2倍の量。 


2-P1030755.jpg
ビール置いてはったからちょいっとね(笑)

3-P1030756.jpg
量だけでなく、具材も豪華。
チリアワビに貝柱、イカ、栗、花どんこといった豪華な食材に、台湾の金勾蝦という干しエビ、
豚肉や肉そぼろも入っています。
チリアワビの歯応え、栗の甘み、金勾蝦らの出汁がたっぷり。
特製のタレで頂きます。
台湾人好みの甘目ですが味はええなぁ。
ただ、ちまきの餅米が柔らか過ぎるかな。
老舗の味を楽しめました。


4-P1030759.jpg
イカさんのつまみ

5-P1030762.jpg
青菜の炒め物も頼みます。

4-IMG_9908.jpg
思った以上に食べ応えあった
ちまきでお腹いっぱいです。

ごちそう様でした。


再發號

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:台湾料理 | 台南

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

Tag:旅行、街歩き、旅先グルメ(台湾)  Trackback:0 comment:0 

台南の街をウロウロ。

一度来てみたかった、台南に。
しかし、ここはホーチミンかと思った位に(あっちの方が圧倒的に多いけど)
バイクの数が多い。
それに交差点では、赤信号でも右折侵入してくる
車やバイクが多い。
慣れで左右の順で道路横断すると逆なのでちょい面倒(笑)


一応、観光場所に行ったけど
何となく撮る気が出ずブラブラ。


4-IMG_9887.jpg
平安な一年ですな。
今年は羊年やし。


3-IMG_9881.jpg
桃です。
中華圏では、邪気と取り払い不老長寿を叶える
縁起物と聞いたことがあります。


1-IMG_9878.jpg
仏様が賑やか。

2-IMG_9879.jpg
遠くを見渡せられるようになりたいね。

4-P1030752.jpg
林百貨店

08-IMG_9843.jpg
日本統治下の昭和7年に建てられ
内部をリニュアールされて、商品も良品、銘品、斬新なものが売られていましたよ。
今、台南で人気のスポット。


09-IMG_9847.jpg
屋上には、レトロな車に完全な日本スタイルの居酒屋。

11-IMG_9850.jpg
一方、戦前、台南空襲の弾痕が残っています。
歴史の証人でもある建物です。



ちょっと、台南B級グルメを。

17-IMG_9864.jpg
福記肉圓さんへ。
台南市府前路一段215號
営業時間6:30から18:00まで
台南孔子廟の南側にあります。


16-IMG_9862.jpg
肉圓オンリー。
肉圓毎分二粒40元
170円くらいでしょうか。

13-IMG_9852.jpg
席に着くとすぐさま肉圓とスープが出されます。

12-IMG_9851.jpg
米紛で練った皮で豚肉を包み蒸したものです。

15-IMG_9861.jpg
甘辛のたれがかかっていますが甘く感じます。
肉汁とあっているね。


14-IMG_9853.jpg
スープは鶏ベースかな。
浮いた香草とセロリが味を〆ていい感じ。


1-P1030738.jpg
次は、魚丸湯と肉繰飯を。

3-P1030744.jpg
いろんなものがミックスな綜合湯を。
魚のつみれや皮は虱目魚(サバヒー)を使用。
脆丸(サバヒーのつみれ)、エビを使った蝦丸、丸い魚団子
そして、サバヒーの皮とお腹の部分。


2-P1030740.jpg
肉繰飯
タレで煮込んだん豚の細切れが飯の上に。
これ、旨かったなぁ。
魯肉飯より気に入った(笑)
台南の街、温かくていい感じです。

最後までお読み頂いてありがとうございます。

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

Tag:旅行、街歩き、旅先グルメ(台湾)  Trackback:0 comment:0 

FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム