うなぎんの味言葉、香り言葉|サントリー企画、セミナー、工場見学

串かつ場ぁ 聖天堂 大阪・福島 新「ザ・プレミアム・モルツ」を先行体験。飲んでプレミアムな一日を。

テレビでニュースを見ていたら、
今年から、「プレミアムフライデー」なるものが
官民上げて実施されるそうです。
最終週の金曜日に、早く(午後3時)勤務を終えて
いろいろな事をしてもらい、経済の消費の機会を増やそうとする
試みのようです。
また、プレミアムフライデーに合わせて
サービス展開が、今月最終週の金曜日
2017年2月24日からスタートするそうです。

取組ができる会社や組織、人は、どんどんやっていただけたらと思います。
思うに、欧米人と比べて、
まだまだ日本人は、一日の内で
仕事が占める割合が多いと思いますから。

まあ、私は・・・・・そうしたくても、無理かも(涙)
月の最終金曜日って、月末近くで・・・・
できる訳が。。。(笑)


愚痴っても仕方がありません。
まだまだ、寒い日が続いていますが、
春は、もうすぐやってきます。
新しい感性で迎えたいもの。
そんな気分になれるようなビールを、先日味わってきました。

44-P1140895.jpg
サントリーさんからお声をかけていただきまして
「ザ・プレミアム・モルツ」が5年振りのリニュアール
2017年3月14日から、新「ザ・プレミアム・モルツ」が発売される事になり
その先行体験会へ、食べ歩きブロガーさんらと共に参加させていただきました。

06-P1140738.jpg
変わったのは、ビールの味だけでなく、缶のパッケージデザインも。
書体、ロゴの変更、天然水醸造を示して、
ものづくりのこだわりを表現されています。

1-IMG_8371.jpg
今回、先行体験会の会場となりましたのは、
「串かつ場ぁ 聖天堂」さん。

大阪環状線・JR福島駅より
聖天通商店街を、西に150m進んだところにあります。
こちらのお店の串カツに対する情熱は相当だと聞きましたので
お料理も楽しみであります。

43-P1140894_20170216130149d1f.jpg
こちらのお店は、
美味いビールが飲める証しです。「プレミアム超達人」認定店です。

ビールは、温度や入れ方だけでなく、
保管状態、グラスや機器の洗浄状態で大きく味が
変わる繊細な飲み物、いや、”いきもの”だと思っています。

サントリーさんも単に販売だけでなく
美味しくビールをお客様に届けてほしいとの思いから
認定制度を作られています。

02-P1140725.jpg
また、新「ザ・プレミアム・モルツ」発売を記念して
2017年2月24日から8日間
こちらのお店では、新「ザ・プレミアム・モルツ」を注文されたら
一杯分の代金サービスされます。

11-P1140754.jpg
サントリーさんのご担当者から新「ザ・プレミアム・モルツ」についての説明
そして、会場となりました
「串かつ場ぁ 聖天堂」店長さんのご挨拶がありまして

08-P1140748.jpg
注がれました、新「ザ・プレミアム・モルツ」とご対面であります。
リニュアール発売にあたり、ビールグラスも新しくなっています。

07-P1140744.jpg
いただいてみますよ。
最初に感じたのは、立ちのぼる香りの多さ。
ビールを口にする瞬間まで、香りを楽しませてくれます。
しかも、飲み進めるにつれて、さらに華やかな広がりを
感じさせてくれます。これは、香りビールと呼んでいいかも。

37-P1140849.jpg
ワインでも日本酒でも、美味いと言われるものは
香りが素晴らしく
新「ザ・プレミアム・モルツ」は、
ビールで、それを体感させてくれます。
これは、欧州産のアロマホップを香り高くなせるため
原産地のチェコの農家と共に最上のホップを
生み出す努力をして作りあげ
ホップを複数回に分けて追い足し投入する
アロマリッチホッピング製法で
実現した香り。

そして、味にもこだわりが。
チョコ、その周辺国でしか獲れない
ダイヤモンド麦芽から、うま味成分たっぷり引き出して
コクのある味に出来上がっておりました。
そのためには、仕込み工程にて
釜で100℃まで煮出す工程を二度行い
他には無い、コクを作り出しています。

正直、これまで以上に美味くなったと感じます。
お料理が出されてきました。

15-P1140770.jpg
前菜3種盛り合わせ ポテトサラダ 
海老とアボカドの山葵マヨ ホタルイカと菜の花の辛子味噌
一品一品丁寧に調理されているのがわかります。
もちろん、新「ザ・プレミアム・モルツ」と一緒にいただきます。

12-P1140757.jpg
そして、次には、
お造り5種盛り合わせ。

13-P1140759.jpg
マグロ中落ち 鰤炙り 

14-P1140762.jpg
蛸 サーモン 鯛
鮮度の良い刺身を食べさせてくれはります。
これだけ、食べに行っても。
串カツも食べないと叱られますね(笑)

16-P1140773.jpg
串カツが登場してきました。
今夜は、店長さんおまかせ串12種です。

17-P1140775.jpg
バーガー串3種セット 
右から、和牛とカマンベールチーズのとびきりバーガー
フィレオフィッシュバーガー、てりやきバーガーの串カツ。
視覚でも楽しませてくれます。
しかし、最初から、アイデア満載の料理で楽しいなぁ。

19-P1140786.jpg
まずは、フィレオフィッシュバーガー串から。
串カツの衣が美味い。
もちろん、中の具もね。
サクサクッとして口あたりが良いのですよ。
芳醇な香りがする新「ザ・プレミアム・モルツ」との相性もしっかりです。

20-P1140787.jpg
オッサン大好き、いや、みんな大好きな
ぶり大根。
それを串カツに。

21-P1140792.jpg
何とかなっしーじゃないが、旨味たっぷりの出汁が
噛みしめると出てきます。

25-P1140799.jpg
美味いものと出会うと
新「ザ・プレミアム・モルツ」を飲むスピードが加速していきます。

26-P1140802.jpg
串カツの王様
豚ロース。
ソースをたっぷりと。

28-P1140810.jpg
ここで、チャンジャとクリームチーズの韓国手巻きを。
うま味、辛味、酸味の三重奏で
食べていくほどに楽しくなっていきます。

35-P1140839.jpg
鯛と子持ち昆布
目出度いと感じたのは私だけ??
新「ザ・プレミアム・モルツ」発売記念にええかもね。

31-P1140817.jpg

32-P1140822.jpg
菜の花の豚巻き
もうすぐ来る春を感じる一品。

38-P1140853.jpg
マッシュポテトの生ハムのせ
店長さんの豊富な発想に驚くばかり。
創作串カツ以外に
何かネーミングを別に付けたい気分です。

39-P1140859.jpg
ささみウニソース
ササミの部分は、私好きなんです。
ウニの風味まで添えられて、贅沢な気分に。

40-P1140870.jpg
鯛めし茶漬け串
そう来ますか。凄いね。
愛媛の人も、名物料理が、
こんな串カツになるとは、思い及ばないでしょうね。

41-P1140878_201702150108341d3.jpg

33-P1140831.jpg
踊る姿で
車海老の串が運ばれてきました。

34-P1140834.jpg
熱いうちに、一気食い。

42-P1140889_20170215004956e8c.jpg
デザートまで串カツですか(笑)
スイートポテト串。
甘さ控えめのスイートポテト味で
ほっこりと。
美味しかったです。

新「ザ・プレミアム・モルツ」発売でのキャンペーンも始まります。

2-IMG_8575.jpg
対象店で、新「ザ・プレミアム・モルツ」(樽生)を撮って
豪華賞品がもらえるキャンペーンが発売を記念して行われます。

1-IMG_8570.jpg
キャンペーンサイトへ撮影したプレモル画像を
投稿したら、ドラフトポイントが貯まっていきまして
貯まったポイントで商品に交換ができるそうな。
ぜひ、ご参加をば。

3-IMG_8374.jpg
今回も、楽しい時間を、
皆さんのおかげで過ごす事ができました。
ありがとうございました。

4-IMG_8377.jpg
お店にも再訪せねば。
次は、どんな料理がいただけるのか
楽しみです。

2-IMG_8373.jpg
ごちそう様でした。


串かつ場ぁ 聖天堂



関連ランキング:串揚げ | 福島駅新福島駅野田駅(阪神)


スポンサーサイト
テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

ダイナミックキッチン&バー 燦 ヒルトンプラザウエスト店 大阪・梅田 紳士淑女の空間で忘年会

今頃のアップで申し訳ないのですが、
昨年12月の忘年会ネタです。

サントリーさんから忘年会のお誘いを受けまして
参加させていただきました。
2016年は、個人的な事情でイベントや企画のお手伝いが
ほとんど出来なかったので恐縮しつつ末席に(汗)

09-P1140027.jpg
会場は、西梅田のヒルトンプラザウエスト6階にあります
「ダイナミックキッチン&バー 燦 ヒルトンプラザウエスト店」さんにて。

フロアーは、個室完備のレイアウトで落ち着いた雰囲気があります。
丁度、忘年会シーズンという事もあって
結構賑わっています。
大人の空間といった感じかな。
場所柄もあってか
年齢層高めの方や女子会風の方々が多そう
紳士淑女が集まっておられそう。
プライベートな空間で寛ぎのひと時を過ごしてはります。
少人数タイプの個室が4室から大広間36名様まで
個室がありと案内にあったので
接待にも使えると思いますね。


01-P1130992.jpg
本日は、飲み放題付きの宴会メニューで。
飲み物は、もちろんサントリーさんメインのラインナップです。
お店自体が、サントリーさんの関連会社
株式会社ダイナックさんの運営。

12-P1140043.jpg
本日の料理は、
燦-Sun-コース「 真鱈と鱈白子の朴葉味噌焼き、ブランド黒毛和牛山形牛水煙蒸しコース」

02-P1130995.jpg
まずは、「サントリー プレミアム モルツ生」で
参加の皆さんと乾杯。
かけ声は、サントリーさん方式 ”スコール!!”

03-P1130997-1.jpg
前菜としてテーブルに運ばれてきました。

冬味前菜五種盛り合わせ(画像は4人前)
 ・河豚皮湯引き
 ・含ませ里芋のそぼろ掛け
 ・炙りエリンギ茸のもろみ和え
 ・菊菜の薩摩揚げ
 ・鯖の押し寿司

04-P1140009.jpg
炙りエリンギ茸のもろみ和え

05-P1140010.jpg
河豚皮湯引き

06-P1140013.jpg
含ませ里芋のそぼろ掛け

07-P1140020-1.jpg
菊菜の薩摩揚げ

08-P1140021-1.jpg
鯖の押し寿司

IMG_6184_2017020115323624f.jpg
このラインナップならば
日本酒というところでしょうが、
合わせるのは、「知多ハイボール」で。

15-P1140061.jpg
軽い飲み口と爽やかな香りは
和食にも合うウイスキー。
それぞれの旨味を引き出してくれます。

11-P1140038.jpg
寄せ豆腐
京都府向日市の鹿島屋のお豆腐。
濃厚な味わいでそのままでも美味しい。
好みで醤油、塩や薬味を。

14-P1140054.jpg
お次の料理は、
お造り盛合わせ。

16-P1140063.jpg
カツオ、ブリ、さごし、赤海老の4種
炙ったさごし、なかなか美味い。

17-P1140075.jpg
もっと美味かったのが
かつお。
鮮度の良さが物語る。
一年で食べた中でも印象に残った味。
コース料理だけど、丁寧な調理とネタを
出してくれはりますね。
もちろん、スタッフの方のサービスもソフトで好感が持てます。

19-P1140081.jpg
第一のメインです。
七輪が置かれ、その上に、真鱈と鱈白子の朴葉味噌焼きが始まります。

20-P1140087.jpg
熱せられると、徐々jに朴葉味噌から香りが立ち上がっていきます。

22-P1140103.jpg
芳醇な味で美味しゅうございました。
また、白子のクリーミーさと朴葉味噌も
良く合ってる。これは良いねぇ。

24-P1140110.jpg
揚物がサーブされました。
河豚の唐揚げ
身が締まっていて美味いよ。

23-P1140107.jpg
河豚の唐揚げには、ジンビームのハイボールを。
初めて合わせてみましたが、河豚のあっさりした味わいを
消さずに楽しめるかなと思いましたね。

25-P1140114.jpg
第二のメインは、
ブランド黒毛和牛の山形牛の水煙蒸し。

26-P1140121.jpg
セイロの中のお肉の下には、野菜がたっぷりと敷かれております。

27-P1140134.jpg
セイロの下には、熱された石。
そこに、お湯をかけて水煙を作ります。
結構高く立ち上る煙がなかなかのパフォーマンスで
宴が盛り上がります(笑)

28-P1140140_20170201161535d23.jpg
蒸し上がるまで、少し待って。

30-P1140148.jpg
しっとりと蒸し上がった
山形牛と野菜。
美味しそうです。

31-P1140151.jpg
さっそくいただきます。

33-P1140168.jpg
ゴマだれで。
肉のうま味と柔らかさが蒸すことで
活きていて美味しい。
油を使っていないからヘルシー感もあります。
この調理法は良いなぁ。

34-P1140181.jpg
〆のおそば。
これも良いのが出されました。
新潟県小千谷市の名物料理
へぎ蕎麦
のど越しの良さとコシの強さは
他のお蕎麦の追随を許しません。
盛られたふのりの香りも良し。

35-P1140183.jpg
最後にデザート。
みかん果汁たっぷりのソルベで
ごちそう様。

飲み放題が付きで、このお料理らが楽しめ
お一人様税込みで8千円。
食べログのお店案内に、そうありましたが
お店の場所や雰囲気、個室という面も考えても
お値打ちだと思いますよ。

ごちそう様でした。

最後になりましたが、ご参加の皆様ありがとうございました。

燦 ヒルトンプラザウエスト店



関連ランキング:居酒屋 | 西梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

肉専用サワー ジントニ!! 新しい年には、新しい飲み方、楽しみ方で。 厳選 タン 焼肉 縁 大阪・天六

この間、明けましておめでとうございますと
言っていたら、今年も一週間が過ぎました。
もう、あと11ヶ月と3週間で新年を迎えます(笑)

ほんまに、
ぼやっとしていたら時間はすぐ過ぎていきますね。
注意しないと(大汗)

昨年の話で恐縮です(これまた、大汗)
サントリーさんから忘年会を兼ねた
「肉専用サワージントニ!!」の会にお招きいただきました。

国内売り上げNO.1のジン「ビーフィータージン」を
ジントニックレシピをアレンジして、お肉料理に合うような
味わいが楽しめる
肉専用のサワーレシピを新たに提案していこうとされるそう。
それは、どんなものかというと


04-P1090580.jpg
「肉専用サワージントニ!!」

05-P1090583.jpg
今回は焼肉と一緒に楽しみながら
「ジンと肉」の相性について探っていきます。


18-P1090648.jpg
ジントニのレシピです。
ビーフィーター47° 30ml 
トニックウォーター 150ml ジンとトニックの割合は、1:5で。
レモン        1/2個
コショウ       8~10挽

ドライジンにトニック、レモンまで組み合わて
飲んだ経験ありますが、コショウを飲み物に
振りかけて飲んだ事は。。。。。。
これまでありません(笑)

でも、オモロイじゃないですか。
これをビーフィーター、ジンの
新しい飲み方として、最近、人気の肉バル店や
焼肉店に提案していくというのは。
ね、オモロイじゃないですか。
常に新提案していくサントリーさんらしさが出ています。
では、ジントニを飲んでみますかね。


19-P1090650.jpg
振りかけられたコショウのスパイシーで締まった味になっています。
正直、最初はどうかな、
これ、合うのかな(飲めるのか。。。)と思ったが
スパイシーな味でええぞ。
酸味も手伝って、お肉料理と合いそうだ。


http://beefeater.jp/gintoni/
サントリー「肉専用サワージントニ!!」サイトです。

51-P1090930.jpg
お店のご紹介が遅れました。
今回お伺いしたのは、こちら。
「厳選 タン 焼肉 縁」さん。
天六、天神橋筋六丁目駅近くの
路地にあります、隠れ家系店舗。
近くには、以前、当ブログでアップしたラーメン屋さんや
個性的なお店が集まっている、僕的に注目しているエリアです。


07-P1090596.jpg
ジントニの説明、会の冒頭挨拶後は、
ザ・プレミアム・モルツで乾杯でございます。
もちろん、サントリースタイルのかけ声で。

08-P1090604.jpg
テーブルには、キムチ盛り合わせ、

09-P1090615.jpg
塩昆布キャベツと
名脇役達もスタンバイ。
食べる準備はしっかり。


17-P1090643.jpg
ガスコンロの炎をオンしてスタートです。

02-P1090575.jpg
クリスマスの雰囲気も一緒に(笑)
いつも、アップ時期が遅くて、季節ずれしているブログで
申し訳ありません。
今年こそは、心を入れ替えて!かな??


24-P1090674.jpg
九条ネギの用意も済(笑)

23-P1090665.jpg
タンの三種盛り合わせがトップにサーブされます。
 牛、豚、馬肉と豪華ですな。


25-P1090677.jpg
焼いていきますぜ。

26-P1090695.jpg
さっそく、ジントニとお肉の相性診断を。
飲んだ後、お肉にある、独特臭みや焼いた時に出る
脂っぽさがすっきりと消えて行きます。
いいコンビになりそうです。


30-P1090728.jpg

32-P1090734.jpg
ジントニの爽やかな味わいで、お肉が進んでいきます。
ドンドン焼け焼けっと(笑)
馬肉のタンが思った以上に、さっぱりした味で良かったです。
馬肉はもともと苦手だったんですが、美味しくいただけました。
馬、牛、豚と三種を一緒に食べられるのはユニークやね。


28-P1090710.jpg
牛タンステーキが出てきました。
かなりの厚みです。これは凄い!
こちらのお店では、タンの仕入れに
特に力を入れてはるとか。


33-P1090737.jpg
厚みある肉が焼かれている
光景は好きです(笑)
食べるぞって思えてきますからね。


34-P1090750.jpg
返して焼き上がりです。
食べませう。
予想以上に食感がしっかり。
こんなに厚みのあるタンは初めて。
噛みしめる度に出る肉汁とジントニの酸味が
良い仕事をしてくれています。
美味しい。


36-P1090768.jpg
ドンと焼いて、焼いて

37-P1090778.jpg
肉を食べて、食べて
そして、ジントニも飲んで、飲んで(笑)


35-P1090753.jpg
和牛特選カルビです。

38-P1090785.jpg
今度は、脂分が適度にあるカルビと
ジントニを合わせてみます。

39-P1090789.jpg
ジントニの酸味とスパイシーさが
肉の旨味を引き立って相思相愛やなぁ。
そんな感じがした。


40-P1090806.jpg
上ロースがお次に。

41-P1090820.jpg
赤身と脂分が均等にある部位。
もう、結構お肉食べましたが
まだ、お肉を食べ飽きさせない、そんな魅力がジントニあります。


42-P1090851.jpg
ハラミが来ました。、
もう、結構お腹いっぱいですが、
まだ食べられるのが不思議(笑)
良い相棒となる旨い飲み物があればこそですね。


43-P1090860.jpg

44-P1090872_20151230060124d59.jpg
焼き野菜も登場です。
しっかり箸休め。


45-P1090885.jpg
厚切りの上タンが
タレ味で。
もう、肉祭りですね(笑)
忘年会、新年会の雰囲気らしくて良いな。


46-P1090897.jpg
もう、食べました、飲みました。
美味しかったですね。
飲み過ぎ、食べ過ぎには注意せんとね。


31-P1090730.jpg
新しい年には、新しい飲み方、楽しみ方で。
「肉専用サワージントニ!!」と肉料理、スパイシーな料理を
美味しく楽しんでみて下さいませ。

ごちそう様でした。

https://enishi.therestaurant.jp/
「厳選 タン 焼肉 縁」さん
TEL:06-6358-8577
住所:大阪市北区国分寺2-2-28
定休日:水曜日

http://gourmet.blog.suntory.co.jp/007243.html
【新感覚カクテル】肉専用サワー「ジントニ!!」
サントリーグルメガイド公式ブログより
http://beefeater.jp/gintoni/
サントリー「肉専用サワージントニ!!」サイト

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

オーストラリアワイン ヤルンバ ワイ シリーズでエスニック料理を楽しむ カンティプール 大阪・中崎町

先日、ネパール料理店の老舗
中崎町にあります、「カンティプール」さんで行われた
サントリーさん企画の会に参加させていただきました。


3-P1090517.jpg
エスニック料理の合うワインのご紹介とな。
ワインの繊細な味わいとエスニック料理のワイルドで
スパイシーな味を合わせたら、どの様な味を展開するのか。
興味津々です。
また、ネパールもオーストラリアのアデレードも
昔々に行った事があり、懐かしさもありで楽しみ。


2-P1090349.jpg
オーストラリアワイン ヤルンバ ワイシリーズの
ヴィオニエです。

5-P1090365.jpg
白ワインのぶどう品種であります
ヴィオニエは、アロマな芳醇な香りと
まろやかな果実味
ライムのような酸味があり
エスニック料理のスパイスの刺激とココナッツミルクの
甘い風味を包んでくれて美味しさが増します。


3-P1090353.jpg
ラベルの裏面です。
辛口の白ワイン。
ヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエは
ぶどう品種である、ヴィオニエの特長的な香りと
白コショウのニュアンスが
スパイスの刺激が強いエスニックと相性が良さそうに思います。


オーストラリア最古のワイナリー
ヤルンバは、
アボリジニーの言葉では、全ての土地の意味だそうで
オーストラリア南部の町、アデレードから行くこと
80km離れた
バロッサヴァレーでシラーズを、標高がやや高い
エデンヴァレーではヴィオニエが栽培されています。
ヴィオニエ100%白ワインを楽しんでみます。

http://www.suntory.co.jp/wine/special/yalumba/index.html
YALUMBA(ヤルンバ)サントリーHPより

4-P1090360.jpg
サントリーワインインターナショナル輸入ブランド部の大杉様から
ヤルンバワインのご説明をいただきます。


1-P1090373.jpg
まずは、香りを。
白桃の様な果実とユリの花の香りのアンサンブルが
エスニック料理のスパイシーな香りと共に食欲を刺激してくれます。

2-P1090376.jpg
飲んでみます。
すっきりした辛口の白。
ワインだけでも美味しいと思いますですが
個性ある辛味の料理と合わせてみると楽しみが増えそう。


2-P1090381.jpg
お料理が運ばれてきました。

1-P1090378.jpg
チキンケバブ
ピリッとしたスパイスとチキンの旨味
辛口風味のワインには合いますな。
確かに。


3-P1090384.jpg
バドマスサンデゴ
料理のお豆は大豆との事。
直球のマサラ風味で美味しく感じます。

1-P1090389.jpg
茄子のアチャール
日本風で言うと漬物に近い煮物かな。
もちろん、味付けにはスパイス感あり。
ネパールでは、アチャールはご飯と一緒にいただきますね。

3-P1090413.jpg
モモです。
蒸し餃子と言えばイメージ沸いていただけるかな。
ネパールは中国(チベット)と国境を接しているので
チベット人の方がつくる料理も、街の食堂でよく食べられます。


2-P1090402.jpg
モッツァレラチーズナン
ナンの中には、伸びるモッツァレラチーズが
いっぱい入っていて
美味しかったです。
カンティプールさん、オリジナルのナンですかな。


1-P1090415.jpg
タンドリーチキン
ネパールでは、お祭りの時のご馳走。
タンドールで焼かれたマサラ味のチキンは
ワインをグイグイ飲ませてくれはるので
酔ってちょい危険になるかも(笑)


3-P1090424.jpg
オクラやナスと野菜の炒めモノ。
これもスパイスさを味わえるマサラ風味。
ちなみにマサラとは、スパイスの合わせたもので
各家庭で味が違います。
お味噌と似た、ポジションかな。

1-P1090432.jpg
タンドリーブラウン
タンドールで焼かれた
マサラ色のえびをドンと。


1-P1090437.jpg
頭からバリバリといただきます。
香ばしくスパイシーで良いね。


1-P1090439.jpg
チョーメン
これもネパールの隣
中国(チベット)から伝わった
チベット料理。
ちょっときしめんに似た麺を炒めていただきます。


1-P1090448.jpg
焼きカレー
ネパールとは外れますが
日本生まれの逸品料理。


2-P1090455.jpg
伸びるチーズが熱々の証拠。
食欲を増進してくれます(笑)

1-P1090458.jpg
中からは、ご飯が。
カレー風味は、箸が、いや、スプーンが止まりませんな。
だんだんと、お腹の加減がいい具合になってきました。

1-P1090466.jpg
そして、ミドリムシのナン。
これもカンティプールさんのオリジナルかな。


3-P1090506.jpg
ミドリムシナンの紹介がされております。
ミドリムシと聞くと生物の授業を思い出しますが、
虫ではなくて、藻の一種ですね。
この案内にも書いてあるようにビタミンや鉄分豊富
そして、二酸化炭素を吸収してバイオ燃料にもなる
21世紀のエネルギー。英名ユーグレナ。
この間もANAがミドリムシで作られたバイオ燃料を
今後、代替エネルギーとして検討すると報じられていましたが
早く実現してほしいものです。
話逸れました(汗)
ナンのお味は、さっぱりした感じで
食べやすかったですよ。


2-P1090478.jpg
最後は、カレーの登場です。
チキンと豆だったかな。
ちょっとうろ覚え。


5-P1090492.jpg

2-P1090494.jpg

3-P1090482.jpg
もうひとつ、赤ワインの
「ヤルンバ ワイ シリーズ シラーズ/ヴィオニエ 2013」をいただいてみます。

4-P1090487.jpg
使われているぶどう品種は、
シラーズ94%、ヴィオニエ6%
ブラックチェリーを連想させる色加減で果実味があり
タンニンの作用でスパイス料理だけでなく
中華や肉料理にもよく合うワインだと思います。
飲みやすく美味しいし。


1-P1090509.jpg
最後には、アイスクリーム

2-P1090514.jpg
そして、ミルクティーが出され終演と相まりました。

4-P1090518.jpg
ヒマラヤ山脈の麓にある
ネパールの味と
オーストラリアの大地が生んだワイン
それぞれの良さを味わいつつ
昔、双方に行った時の風景を感じながら
楽しませていただいた一夜でした。
ごちそう様でした。

どちらのワインも、一度お試しあれ。
また、その他ヤルンバワイナリーのワインも
発売されているので良ければ是非。

ありがとうございました。


http://www.suntory.co.jp/wine/special/yalumba/index.html
YALUMBA(ヤルンバ)サントリーHPより

http://www.suntory.co.jp/area/kinki/d/1882/
「カンティプール」さんご紹介 サントリーHPより。
テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

風香る「知多」 ウイスキーの新しい風が吹いてきました。和の美餐と共に。和しん 大阪・北新地

1-20150717chita_main.jpg

11年振りにサントリーさんから発売された
新ブランドウイスキー「知多」のセミナーに
お招きいただき参加させてもらいました。

既に、あちこちのお店で知多 ウイスキーを置いていたら
飲ませてもらっていますが、どんなウイスキーなのか
教えてもらおうと思います。今回はこちらのお店で。


31-P1090075.jpg
「和しん」さん。
http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00070718/index.html
北新地にあります、落ち着いた雰囲気のお店。
旬の美味しいモノがいただけます。
座敷、テーブル席、カウンター席とあるので
色々なシーンで使えそうです。

まずは、食べ歩きブロガーさんらと共に
9月1日に新発売された「知多」 ウイスキーについてのレクチャーから。


01-P1080927.jpg
既に、テイスティングする為のグラスが各席に並べられておりました。

02-P1080931.jpg
風香るウイスキー「知多」

07-P1080956.jpg
「知多」ブランドマネージャー
そして、ウイスキーアンバサダー の大橋さん様より
ご説明いただきました。

05-P1080948.jpg
まずは、風香る知多ハイボールで乾杯です。
サントリーさん恒例の「スコール」の掛け声で(笑)


「知多」についてのレクチャーを伺います。
11年振りに出された新ブランドウイスキーで
愛知県の知多蒸留所で醸造されています。ここは1972年に設立。
森香る白州で有名な白州蒸留所よりも設立は古く
グレーンウイスキーの醸造を行っています。
グレーンウイスキーの主原料は、コーン。
それに、麦芽を加えていき、酸化、発酵を
繰り返して蒸留させることで三タイプのグレーン原酒ができます。
これは、知多蒸留所に設置された連続式蒸留機によって
造りだされるもので、それぞれ個性のある原酒となっていきます。

ほのかな甘みの持つ「クリーン原酒」
穀物から来た香りでバランスの取れた「ミディアム原酒」
味わい豊かな「ヘービー原酒」

この三タイプの原酒は様々な種類の樽で熟成されていき
ホワイトオーク樽で熟成した原酒にスパニッシュオーク樽と
ワイン樽それぞれで熟成させた原酒とをブレンドして造られます。

知多蒸留所で造られたグレンウイスキーは、角や響でブレンドされる
ブレンデットウイスキーとなり、美味しさの柱となっています。
また、モルトの個性を引き出し口あたりの良さも生んでいます。

10-P1080962.jpg
では、その三種類の原酒をテスティングしていきます。

「クリーン原酒」  甘みを感じます。すっと入っていきそうな
          でも、原酒のアルコール度数は50度位あるらしく
          ぐいっと飲むと危険(笑)
         
「ヘビー原酒」   コーンのような穀物の香り。バーボンに近いな。
        
「ワイン樽原酒」  ワイン樽仕込みか甘い香りがしてきます。
          熟女のような甘い香りと感じる。
          確かに引き寄せられる感じで危険(笑)
          好きな味です。ウイスキーのですよ(強調)


09-P1080961.jpg
クリーン原酒からいただきます。

11-P1080965.jpg
色合いを確認。
偉そうに分った風にやっていますが(笑)


04-P1080944.jpg
ウイスキーだけでなくボトルやラベルにも日本的な拘りが施されています。
白いラベルには和紙が使われており
また、1972の下には、コーンと知多蒸留所の連続式蒸留塔、
そして樽のマークがそれぞれ描かれています。
また、ボトルには透明のモノを使用して黄金色のウイスキーが
映えるよう考えられています。
他のウイスキーは茶色の瓶ですよね。


08-P1080957.jpg
また、キャンプには、
やわらかな光沢を放つ白銀地に濃藍の線状を
重ね合わせたキャップシールを合わせて
軽やかな風を表現されているそうです。


12-P1080968.jpg
和食に合うウイスキーという事で
「和しん」さんの料理長様より料理の説明を受けながら
「知多」と一緒にいただいてみます。


13-P1080970.jpg
最初の料理は、「和歌山 秋鯖のきずし」からです。

14-P1080972.jpg
「知多」ハイボールと合わせてみます。

15-P1080978.jpg
上品にバランス取れた脂の乗った
鯖のきずし(〆鯖)と甘い香りがする知多との出会い
料理の味を生かしてくれると感じましたね。
繊細な味付けが多い和食には良いと思います。

16-P1080994.jpg
次は、和歌山で獲れた いさきと大分産近大生まれのマグロ刺身です。
白身の旨味を引き出してくれはります。
そして、マグロ。
近大マグロ(近畿大学水産研究所)の稚魚を大分で養殖したもの。
天然物が獲れなくなってきている、今、育ってほしい事業です。
味は大卒の魚だけに優等生でした。


17-P1080996.jpg
お椀ものが出されます。
煮物で、伊勢赤鶏のあっさりすき焼き風。
ごぼうや椎茸、ほうれん草に長ネギと一緒に。


18-P1080998.jpg
煮物の要は出汁と思っています。
これと上手く合うか
「知多」は、出汁と同じく演者たる具材達を
陰から支えてくれて美味しくいただけました。


19-P1090008.jpg
和歌山産サワラの西京焼きと生湯葉の島原納豆味噌和え

20-P1090012.jpg
焼き物ですね。

21-P1090018.jpg
鰆と味噌の味とでどうか。
ウイスキーながら前に出ず。
良い相棒になりそうです。


22-P1090020.jpg
胡麻豆腐と富山射水蟹身の湯葉東寺揚げ

23-P1090022.jpg
揚げ物ですね。
ハイボールの得意分野の料理。


24-P1090028.jpg
ハイボールが油分をそっと流してくれるので
いくらでも食べられそうになります。

25-P1090029.jpg
甘鯛の薯蕷蒸

26-P1090034.jpg
和食の真髄は出汁。
「知多」ハイボールは
それをしっかり受け止めてくれる
そんな感想を持ちましたね。


27-P1090036.jpg
〆となります。
秋刀魚の蒸篭蒸しごはん


28-P1090046.jpg
秋の味覚さんまがごろっと盛られ
食が進みます(笑)


29-P1090056.jpg
ご飯の旨さが感じられる事って幸せですねぇ。

30-P1090058.jpg
デザートです。
秋らしく、エスプレッソコーヒーと焼栗のムース
旬の栗は美味しいですね。


美味しく堪能できました。ご馳走様でした。

「和しん」
http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00070718/index.html


20150717chita_main.jpg
ご紹介しました、風香る「知多」ですが、Amazon(←クリックでAmazonサイトに移ります。)でお買い求めになれます。

機会があったら是非飲んでほしいウイスキーです。
僕もこれからも飲んでいこうと思っています。
和食だけでなく他の料理にも合してみたり、ロックも美味しく飲めますから。

最後までお付き合いありがとうございました。

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

Tag:サントリー企画、セミナー、工場見学  Trackback:0 comment:0 

FC2カウンター
プロフィール

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム