うなぎんの味言葉、香り言葉|南インド料理

南インド料理ダクシン 八重洲店 東京・八重洲 雰囲気でも味でも南インド体験を。

この間、東京に行った時にいただいたランチです。

13-IMG_4923.jpg
「南インド料理ダクシン 八重洲店」さん。
東京駅八重洲口から歩いて数分
八重洲ブックセンターの裏手にあります。


12-IMG_4920.jpg
ランチメニュー(11時~15時LO14時半)
南インド名物ミースルが食べられそう。
しかし、このブログを始めた頃は、インド料理って
ナンとカレーが定番でインド人みんな食べていると
思われていたからね。
日本に来て初めてナンを知った、食べたという
インド人の方も多いかも(笑)
広大なインド、地域で食べるものも
文化も言葉も違う事が判ってもらえるようになって
何だか嬉しい(笑)


03-P1130888_20161117120947d78.jpg
ミールスの食べ方指南

01-P1130885.jpg
ランチタイム一番乗りだったので
ちょっと店内を。
お店は地下にありますが、
南インドの明るい雰囲気があって
好印象です。
食べ終わる頃には、昼休み時間突入で
あっという間に店内満席状態。
さすが、東京の中心部です。

04-P1130890.jpg
注文は、もちろんミールスで。
ランチスタイル。
クレープの様に薄く焼かれたドーサでお願いします。
あと、ナンやプーリ(揚げパンみたいなもの)も選択可。

05-P1130894.jpg
ドーサは、チャツネやサンバルを付けていただきます。
本日のカレー二種類とパパド(せんべい状のもの)に
おつまみとサラダ、ライスとボリュームたっぷり。
カレーはチキンと野菜を。


08-P1130903.jpg

06-P1130895.jpg

10-P1130908.jpg

07-P1130900.jpg
南インド料理には、ヨーグルトは必須です。

11-P1130910.jpg
辛いカレーと混ぜていただくと
酸味でまろやかな味になって更に美味くなるんですよね。


02-P1130887.jpg
飲み物は、ラッシーを。
ちょっと、甘かったかな。
チャイにしたら良かった。


久し振りにいただいた南インドの味。
堪能させてもらいました。
やっぱり、カレーって素晴らしい(笑)

ごちそう様でした。


南インド料理ダクシン 八重洲店



関連ランキング:インドカレー | 京橋駅東京駅宝町駅


スポンサーサイト
テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:南インド料理  Trackback:0 comment:0 

ショナ ルパ 神戸・三宮  クオリティの高さが楽しめます。

三宮・神戸へ、インド料理を食べに行ってみました。

インド系の方々が多く住まれているからでしょうか。
神戸には、クオリティが高いインド料理店が多くありますね。


2011_0321ブログ0049
お伺いしたのは「ショナ ルパ 」さん
こちらには、これまでに数回行った事はありますが
いずれも満足なお料理、サービスで出迎えてくれました。

予め電話予約をした時に、お店の方より
当日、団体様のご予約があるので、少し賑やかになるかもわかりません。
お許し下さいと。
賑やかな方が好きですが、こんなちょっとした心配りは嬉しいですよね。


今回は、コース(ビクトリ3500円)でお願いしました。

2011_0321ブログ0014
まずは、スープ。

2011_0321ブログ0017
クリーミーで濃厚。
スパイスの香りもする食べられるスープです。
美味しかった。


2011_0321ブログ0023
タンドリー(チキンかシークケバブの選択)、サモサ

2011_0321ブログ0025
シークカバブのお肉のきめの細かさは良いですね。
舌触りがとても良い。


2011_0321ブログ0027
サモサの揚げ具合や具のスパイシー度合いが丁度良い。
これが、旨いお店は期待できますよ。(勝手な自己流の基準ですけどね。)


2011_0321ブログ0035
カレーが登場です。
このコースメニューでは


2011_0321ブログ0029
チキン、マトン、ジャガイモ・ナスビとチョナ豆、エビのスパイシーカレーから選べます。

2011_0321ブログ0038
料理のクオリティの高さを感じます。

2011_0321ブログ0039

2011_0321ブログ0041
マトンカレーを頂くのは、久し振りです。
美味。

どちらも量は多めです。
いろいろな種類を楽しむ機会を、また作りたいね。


2011_0321ブログ0033
ナンです。(ナンか御飯の選択)
姿も味もファンタスティック(笑)


2011_0321ブログ0030
インドの炊き込みご飯とメニューにありました。
ビリヤニ。
おコメは日本のモノと違うから香りが楽しい。
これも旨いね。


2011_0321ブログ0048
チャイも満足。
思ったよりも、量があってお腹がいっぱい。
美味しかったです。
大満足なり。

オススメのお店です。


http://www.kcc.zaq.ne.jp/sonarupa/top.html
お店のHPです。

ショナ ルパ




関連ランキング:インド料理 | 三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)旧居留地・大丸前駅


テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:南インド料理  Trackback:0 comment:2 

シリ バラシ アジアンバイキング 南インド料理が食べられます。尼崎・つかしん

久しぶりに、尼崎(伊丹も近い)にある、つかしんに行ってきた。
何年ぶりだろう。

なぜかというと、こんなお店が出来たから。
2010_04190057.jpg
東京・中目黒にあります、
南インド料理で有名なお店「シリ バラジ」系列の
お店が、尼崎つかしんにオープン。
友人が、こちらのインド人店長とお知り合いだった関係で、
オープン前日のレセプションに、連れて行ってもらえました。
東京の本店では、南インド料理中心で出しておられますが、
ここは、ファミリー層の多いショッピングモール。
南、北インド料理のみならず、中華、タイ、インドネシアと
アジア各国料理をバイキングスタイルで出されるそうです。


行くと、既にいろいろな料理が並べられてました。
さっそく頂きます(笑)

2010_04190058.jpg
まずは、「ワダ」 南インドの軽食。
小麦粉にチャナ豆をすり潰して揚げたドーナツ。
甘くなく、サンバルと一緒に頂きます。

2010_04190060.jpg
ウタパンかな。これも南インド料理。
2010_04190059.jpg
ココナッツチャツネも濃厚で旨い。
ちなみにチャツネとは、付けタレの事。
ドーサやワダ、やウタバン等粉モノ料理に付けて頂きます。

2010_04190062.jpg
ホワイトカレー。。。未食なり。

2010_04190061.jpg
あさりのカレー

2010_04190073.jpg
南インドのカレーは、基本的にスパイス中心の
サラサラあっさりしたカレーです。かの地は暑いからねぇ。

2010_04190080.jpg
かわいい器に入れて頂きました。
あさりの出汁が効いて美味。
ただ、北インドや日本のカレーのような油脂分が
ないから、あっさりし過ぎと感じる人もいるかも。

2010_04190082.jpg
こちらはチキン65と言う名前の料理。
南インド料理のチキンです。
65種類くらいスパイスを使うものとか。。
謎めいたな料理名。
見た目はタンドリーチキンみたいですが、
かなりあっさり味。ヨーグルトに漬け込んでるのかな。
辛いモノが苦手な子供でも大丈夫と思う。

2010_04190063.jpg
この辺りから、中華料理ですかね。

2010_04190079.jpg
ええ出汁に仕上がってます。インド人シェフが作る中華は初めてかも。

2010_04190064.jpg
炒飯です。

2010_04190065.jpg
こちらは、タイ料理の定番。
トート・マン・プラ-(さつま揚げ)ですね。
2010_04190076.jpg
甘辛いチリソースをつけて頂きます。

2010_04190066.jpg
ケップ・ムー
豚の皮をカリカリ揚げたもの。タイ北部の名物料理。

2010_04190067.jpg
タイ風??サラダ。
これはちょっと料理名が不明です。すみません。

2010_04190070.jpg
2010_04190078.jpg
ポテトをマサラ(インドスパイスをまぜたもの)で炒めたもの。
ビールに合いそうです。

2010_04190074.jpg
パッタイ(タイ風焼そば)
麺は米粉で出来てます。タイの大衆料理。

2010_04190075.jpg
サフランライスもあったりで楽しい。
バイキングスタイルはいつも取り過ぎてしまう。。

2010_04190086.jpg
プレーンドーサ
米粉でできた、南インドの代表料理。
他にマサラ味ポテトを巻いたマサラドーサとかもあります。

2010_04190084.jpg
東京にある本店シリバラジでは、
ドーサが50Cmくらい長さがあるものを出しておられるとか。
店長のご好意で作って頂けました。

2010_04190090.jpg
濃厚なココナッツチャツネを付けて頂きます。
モチモチして旨かった!!

2010_04190097.jpg
2010_04190099.jpg
ビリヤニも出して頂きました。
日本の米と違う、長粒米(インディカ種)です。
おそらく、インド人シェフの方々のまかないと思う程に
これは、かなりスパイシー。。。ギーの風味もあってかなり旨かった。

2010_04190095.jpg
インドで良く食べられるデザート。
カジャル・ハルワ(人参のミルク煮)
長時間、ニンジンとミルクをコトコト煮込んで作ります。
かなり甘みがありますよ。私は苦手。。。


2010_04190102.jpg
2010_04190103.jpg
オープン前だったので、店内に掲げる予定の絵や装飾品が置いてありました。
アジア各国の食べ物や雰囲気を楽しめるお店になりそうですね。

味付けは、全体的にかなりマイルド。エスニックの味付けや香辛料に
抵抗がある人でも食べられると思います。気軽に一度食べに行ってみて下さい。

バイキングスタイルなので料理は変わってくると思います。
当日、何が食べられるかは、お店の方にご確認下さい。


2010_04190105.jpg
お店はサイゼリヤさんらがある、つかしんにしまちにあります。

2010_04190106.jpg

シリ バラシ 尼崎つかしん店
兵庫県尼崎市塚口本町4-8-1
グンゼタウンセンターつかしん にしまち
営業時間 11:00~22:00
定休日 不定休(つかしんに準ずる)


他に、東京・中目黒と高松にも系列店があります。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13049161/
《参考》東京にあります本店の食べログの案内
南インド料理 シリ バラジ (Authentic South Indian Cuisine Sri Balaj
人気ブログランキングへ   
↑よろしかったら、両方のランキングにポチっと(投票)お願いします!
 ランキングのアップは励みになります!↑



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:南インド料理  Trackback:0 comment:2 

南インドタミールミールスのランチ会   神戸・摂津本山 

知人より南インド料理のミールス(定食)を
食べる会があると聞き行ってきました。



インド料理は、地域によって違いますとは前からも書いてますが、
現地に行った事は、無いので知らない事も多い。
今回は現地でホームスティをしながら料理を習われた方から、
食べ方や習慣を教わりながら頂いたアカデミックなランチ会でした。

IMG_5063.jpg
ミールスです。ベジタリアンなものばかり。
今回初めて知ったのがミールスの食べ方順序。
甘→辛→甘→辛の順で食べて行くらしい。

IMG_5072.jpg
練りモノみたいなものはABCハルワという甘いモノ。
アップル、バナナ、キャロットが入ってます。
甘すぎず、酸っぱ過ぎずでおいしい。

IMG_5068.jpg
サンバルです。
中には、スパイスと大根が入っている南インドのスープ。


IMG_5078.jpg
インディカ米にサンバルをかけてグチャグチャにして
インド式に右手で食べます。
少し酸味あるけど辛目のサッパリして幾らでも食べられそう。
次があるので控えめに。

IMG_5070.jpg
おかずはワルワル(じゃがいもマサラ味)と
ペースト状のクートウ(キャベツ煮込み)


IMG_5067.jpg
サンバルを食べ終わるとラッサム。
トマトたっぷりで辛味と酸味が強いのが特徴だす。


IMG_5080.jpg
同じく御飯にかけて頂きます。

IMG_5083.jpg
IMG_5087.jpg
〆はヨーグルト。
これも御飯にかけてレモンのピクルスと合わせて食べます。
お腹がいっぱい(笑)

IMG_5090.jpg
最後はサウスインディアコーヒーでお口直し。
カップと受けを交互にコーヒーを入れ替え泡立てます。
でも、熱くてなかなか上手くいきません(笑)
甘めなお味でした。


↑よろしかったら、ポチっと(投票)お願いします!↑


なかなか面白いイベントでしたね。
ご馳走様でした。


なお、今回は、アジア料理研究家たなかまみさんの会に、
参加させて頂きました。
ベトナム雑貨店と料理教室を開いておられます。
詳しくは下記のHPをご覧下さい。

ベトナム雑貨店「nga tu 2 」(JR摂津本山駅徒歩5分) 
神戸市東灘区本山中町4-3 

http://ngatu2.exblog.jp/
テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

Tag:南インド料理  Trackback:0 comment:8 

南インド料理を食べたぞ~ みんなで作って食べる会。某所にて。 

まずはご覧頂いた方々にお礼を申し上げます。
「生まれる前から不眠症」さんにネタにされた、リンクされたからなのか、
日本全国、海外から非常に多くのアクセスがありました。ありがとうございました。
拙いブログですが、今後ともヨロシクお願いします。

アクセスがあった、各地方の方々のブログを拝見していると
ご当地料理が食べたくなりましたわ。
青森のつゆ焼きそば、佐賀のシシリアンライス、鹿児島・奄美の鶏飯等々
いずれ、行って食べてみたいですね(笑)

さてさて、今回はお店で食べたのではなく、南インドのローカル食ミールスを
有志の方々が自ら作るイベントに参加して頂きました。

南インド料理ネタの時に書きましたが、一般に日本のインド料理屋さんの料理は
ある地方(民族)のものです。

~前に書いたモノを抜粋し再掲しますね~

皆さんがインド料理として浮かぶもの。
トロっとしたカレー、モチモチ食感のナン、タンドリーチキン。
このようなものでしょうか。
実は、これらはパンジャーブ地方の料理なんです。
インドは広大な土地。各地方で調理も違います。
例えるなら日本のお雑煮が各地方で特色があるのと同じく。

もともとインドでは宗教やカースト制度の影響で職業も決められており、
異教徒、異カーストの人間が作ったものは食べませんでした。
だから外食する習慣もなかった。
ところが、第二次世界大戦後インドはイギリスから独立。
その後の宗教紛争でヒンディー教徒の国インドとイスラム教徒パキスタンに分離独立しました。
結果、パキスタン側で住んでいたヒンディー教徒が大量にインド領へ
移住することなりました。パンジャーブの人達が、移住者達に自民族の料理を提供する商売をはじめました。
やがて、食事の提供を専ら生業とするようになり食堂ができました。
外食産業の始まりです。
その結果、インドの外食産業は彼らが占める様になり、
やがて、パンジャーブ様式のメニューが、インドレストランでの
スタンダードとなり、その流れは日本にも伝わり、カレー、ナン、
タンドリーチキン、ケバブ等々のメニューが、日本でも「インド料理」として
一般に認知されるようになったようです。


前置きが、長くなりすみません。
今回は、南インド地方でミールスと呼ばれるベジタリアンの料理を頂きました。

IMG_4604.jpg
皆さんの結集したお力で、上のような素晴らしいものができました。
手前のカレー類から、(画像をクリックされたら大きくなりますよ)

IMG_4612.jpg
チャナ・マサラ
ひよこ豆をココナツマサラ風味で甘酸っぱい味わいとなってます。
チャナ豆って比較的大きいですが、豆の旨味としっとりした味が好きです。



IMG_4613.jpg
サンバル
南インドの定番の菜食煮込み。今回の具はダイコン。
野菜の美味しさを直に味わえますね。

トマトパリプ
トマト風味のムングダール煮込み。コクがあって一番人気。
おかわりができなかった(涙)


チョコレート・パルフィ(左上のスィーツ)パルフィっていう名前の
インドのお菓子。
牛乳と砂糖で出来ており、オリジナルレシピで作ると恐ろしく甘い(笑)
でも、これは甘さ控えめの逸品でした。旨い!


プーリ:インドの薄焼きパンでチャパティの揚げパン。 
膨らんでいるもの。ほんのり甘い。

ワダ
ウラドダール(ケツルアズキと呼ばれる豆の皮を取ったもの)を
主成分にした南インド風のティファン(軽食)の定番。


トマト・チャトニ
トマトを主にした、つけタレ。 
ワダに乗っているもの。トマトチャトニは初めてですわ。


アチャール
関西エスニックブロガーの重鎮「うまから手帖」主宰のK1郎氏の力作。
最初はニンジンなどのベジタブルで作られた
スーパーホット(辛い)なインドの漬物。 
もう一つは酢橘(すだち)のアチャール。
辛うまかったです。


ベジ・ポンチ
5種類の野菜のサラダ。 そこにココナツをトッピングされてます。
さっぱりしてて旨かった。


ライスはジャスミン米を使用されたとの事。ほのかに漂う香りが
食欲をそそります。 


菜食料理も良いものですね。体が喜んでいるのがわかります。

非常に美味しく楽しい経験をさせて頂きました。ありがとうございました。


↑よろしかったら、ポチっと(投票)お願いします!↑

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

Tag:南インド料理  Trackback:0 comment:0 

FC2カウンター
プロフィール

うなぎん

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ランキング