うなぎんの味言葉、香り言葉

松屋南海通り 大阪・なんば 難波のど真ん中でリーズナブルな親子丼。

なんばの南海通り商店街にある
うどんの松屋さん(牛丼の方とは無関係)で
ちょっと腹ごしらえ。

1-IMG_4503.jpg
好物の親子丼で。
店頭の券売機で食券を買い
店内へ。
うどんの出し付で280円。
お安いが、味はなかなかいけまっせ(笑)


2-IMG_4504.jpg
注文後に出汁をコンロで温め、そこにかしわと玉子
ご飯に盛って出来上がり。
立ち食いうどん並のスピードで
ご提供してくれはった。
時間の無い時、財布が寂しい時の応援団ですな。
おおきに。
ごちそう様です。


松屋



関連ランキング:うどん | 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅


スポンサーサイト
テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:ランチ、お弁当、朝飯  Trackback:0 comment:0 

重亭 大阪・なんば千日前 懐かしい昭和の洋食との再会に歓喜。

大阪・千日前です。
久し振りに来てみたが、
ここ辺りもお店が変わったりしていますなぁ。
ショックだったは、なんばグランド花月NGK向かいにあった
本屋のジュンク堂さんが閉店してた事。
僕の知のオアシスやったのにねぇ。
後には、ドン・キホーテさんがテナントで入ってはります。


2-IMG_4257.jpg
大阪ミナミ洋食の老舗
「重亭」さんへ。
実は、こちらのお店に伺ったのは初めてだったんです。
避けていた訳でなく機会が無く。
他にも大阪人なら誰でも知っている
ミナミの老舗、名店で伺っていないところ
恥ずかしながら多々あり。いずれは。。。。


1-IMG_4254.jpg
ガラスショーケースのサンプル
眺めているだけでもワクワクしますね(笑)
今日は、ハンバーグが無性に食べたくなり
行く事にしたので注文するものは
決まっております。


1-IMG_4234_20160927173617016.jpg
メニューです。
メインディッシュ
一番最初に出ている、「テキ」は敵とちゃうよ。
もちろん(笑)
牛肉ヒレステーキでございます。
大阪では、昔から、年輩の人らは
今も、そう呼んでおります。
作家池波正太郎氏もご贔屓にしていた
テキ。
いつか、偉くなったら食べてやる(いつやねん??)


2-IMG_4238.jpg
ご飯モノ等のメニュー

3-IMG_4242.jpg
キリンビールで落ち着きます。
まだまだ暑いね。
早く来い来い、秋。


4-IMG_4245.jpg
永年使われてきた、カトラリーや
洋食屋スタイルに折られた紙ナプキン
ええ雰囲気を出しています。


1-P1130602.jpg
ポタージュスープ
子供の頃からハンバーグを食べる前には
これも飲まないと始まらないのだ(笑)

2-P1130605.jpg
昭和の優しい味がしていて懐かしいなぁ。
あっさりとしたコンソメ寄り。


3-P1130610.jpg
重亭のハンバーグです。
初めてお目にかかります(笑)
普通サイズ


4-P1130614.jpg
ナイフを差し入れると肉汁が。
ちょっと肉の味の方がデミグラよりも
勝っているような気もしますが
質実剛健の真っ直ぐなハンバーグを
いただけて良かった。


5-P1130625.jpg
重亭のオムライス
これも食べてみたかったんで
頼んでみます。


6-P1130626.jpg
ケッチャップライスの中には、
刻んで炒められた牛肉がたっぷり。
玉ねぎの甘みも合いまって
美味しくいただきました。


味、応対、雰囲気と
さすが老舗と思った次第です。
懐かしい昭和の味と再会できて嬉しかったね。
また、他のモノも食べに寄せてもらいます。

ごちそう様でした。


重亭



関連ランキング:洋食 | 大阪難波駅難波駅(南海)近鉄日本橋駅


テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:洋食  Trackback:0 comment:0 

お肉とフレンチおでん COCO Bar Kitahama 大阪・北浜 味わえて良かったと思う料理達に出会えます。

ふと思ったのだが、
女性だけの宴会を、いつから女子会と言う様になった??
数年前に外食チェーン店が女性向けに企画した
女子会プランが受けたのが始まり。
時の流行語トップテンにも選ばれたそうな。
思うに、女性達の食に対して追求する勢いに、
男どもが押されているような気がしますねぇ。
食べる事に限らずですが(大汗)

ご縁あって、「ブロぐるめ!」さんの企画に参加させていただきました。


1-IMG_3955.jpg
会場となったのは、「お肉とフレンチおでん COCO Bar Kitahama」さん。
大阪・北浜と堺筋本町の中間位にお店があります。

48-P1130188.jpg
お肉料理とフレンチおでんをお店の看板メニューにしてはります。
食肉卸商社直営店ですし、期待が持てます。

49-P1130190.jpg
肉を食う処と言うのは、男性中心の雰囲気やメニュー構成なところが多い。
だから、女性達も気兼ねなく美味い肉が食べられるお店を作られたそうです。
肉食女子には、必見のお店ですぞ(笑)


50-P1130193.jpg
正直なところ、野郎には入りにくい雰囲気かなと感じますが、
逆に、こんな感じのお店に女性をお連れしたら
株が上がるかも。(保証はいたしかねますが。)

お店の壁面の色が落ち着くなぁと思い
伺ってみたら
ティファニーブルーの雰囲気をイメージされたそうで
社長さん自ら考案されたそうです。
センスが素晴らしいですね。


02-P1120988_2016092600523169c.jpg
今回の会を企画された
主催の方がセレクトされたスパークリンクワイン。
「アンジュエール・ロゼ」で乾杯です。
スペイン産でやや甘口。
ストロベリーやラズベリーの香りが口の中に広がります。


03-P1120993.jpg
アミューズ5種盛りが登場です。
イイダコのジェノベーゼ
ポテサラの中にイイダコが居てはる。
タコのこりこりとした食感が美味いです。
最初の料理から変化球で攻めて来はりますわぁ(笑)
ワインも良いけど、これは日本酒にも合いそうな気がするなぁ。

04-P1120994.jpg
キャロット・ラペ
フランス家庭料理
ビネガーやオリーブオイルで。
ニンジンの細切り加減がさすがです。
ひよこ豆とかのサラダ。
タンパク質の多い豆類は大好物。

05-P1120995.jpg
サラミ
イベリコ豚の生ハム
これらがあるとワイン一本いってしまいそうになります。

06-P1120996.jpg
5種盛りのアミューズ達。
前菜盛り合わせ(5種)1,280円
種類が多いのは嬉しいね。

07-P1120997.jpg
お皿に取り分けていただきます。

08-P1130001.jpg
白ワインを合わせてみます。

11-P1130016.jpg
ソムリエでもあります、主催者様セレクトワイン。
ビニャ・マイポソーヴィニオンブラン シャルドネ
チリ産のワイン。
柑橘系の香りと酸味で食欲をさらに注いでくれます。


10-P1130007.jpg
次にサーブをされたのは、食べたいだけ食べられる、
大盤振る舞いの山盛り生ハム(980円)
柔らかで食べやすい。
オリーブオイルとか付けて
味の変化も楽しむのも良いかも。
しかし、生ハム食べ放題だからでは無いでしょうが
思ったら、ご参加の皆さんパクパク食べてはる。
食の追求には余念ありません。
これは、ワインや酒が止まらなく危険があるかもよ。

13-P1130025.jpg
お店オススメのフレンチフライ
極旨フレンチフライ(480円)

14-P1130027.jpg
表面はカリカリに、中はジャガイモの旨味とホクホク感が
楽しめる新感覚のフレンチフライ。
手間ひまかけてはるだけあって美味い。
食べ進めると味の変化が欲しくなってくるので
何か付けたり、かけたりできるモノがあっても良いかも。

15-P1130030.jpg
生サングリア(580円)
果実たっぷり
さすが乙女心をくすぐるような(気がする・・)
入れ物、味でご提供。
女性が魅かれるメニューを良く研究されていますねぇ。


16-P1130031.jpg
サラダです。
シュパリエ(1,280円)
フランスの郷土料理。
クリームチーズドレッシングを
たっぷりとかけていただきます。


17-P1130036.jpg

18-P1130038.jpg
ゴルゴンゾーラに生クリームを入れた
ドレッシングはかなり濃厚な味。
チーズ系の味が好きな人には
堪らない味だろうねぇ。

19-P1130040.jpg
今回の宴での主役が登場です。
「フレンチおでん」
ぶいっと牛スジ(480円)

牛スジにしては、大きいなぁ(笑)
出汁もコンソメ風で雑味なく濃厚
コトコトとじっくり煮込まれた牛すじは柔らか。
これは、誰でも好きになる一品です。

21-P1130054.jpg
次の一品です。
フォアグラ大根黒トリュフ風味(480円)


22-P1130058.jpg
これまた、フォアグラが大きい。
これで480円は素晴らしい(大阪人的発想かな??)
何から何まで大盤振る舞いな気がします。


23-P1130065.jpg
おでんの大根の美味さは出汁の染み加減。
フォアグラの旨味と一緒に、ええ出汁が出ています。
これは、女子達だけ食べさせる訳にいきません。
ガールフレンド連れて来たら、喜ばれると思いますよん(笑)

24-P1130069.jpg
フォアグラ大根黒トリュフ風味を
ジンビームのハイボールと
合わせてみましたが、
相思相愛のような相性の良さに
ガンガン飲んでしまいそうになってきた。

25-P1130074.jpg
くるくる白菜ミルフィーユ(380円)
ネーミングがカワイイね。
白菜に厚切り豚肉を挟んで巻いたもの。
名前のかわいさとは半面、
しっかりと白菜と豚肉の良さを味わせてくれる本格派。

26-P1130079.jpg
カマンベールとカイワレ(480円)
カマンベールチーズのまろやかな味に
ビックリ。


29-P1130096.jpg
飾り野菜取り合わせ(580円)
野菜の彩りを楽しませてもらいした。


34-P1130119.jpg
メインディッシュが登場。
広島県やまなか牧場の国産オメガビーフのかたまり肉。
肉バルらしく、がっつりな塊りです。
g単位で注文が可能です。


33-P1130113.jpg
オメガビーフとは、亜麻仁油を入れた餌を食べて育った牛で
オメガ3系脂肪酸が増えた肉になるそう
ダイエット効果があるらしい~(なぜか大文字で強調)


32-P1130104.jpg
確かに、あっさり系の赤身肉。
ヘルシ~なお味で美味しかった。


35-P1130123.jpg
お次の肉料理は、
ビックプロシェエトステーキ ケイジャンスパイス
長さ30cmの大串に牛肉と野菜を
ギュッと刺して焼き上げた料理大作です。


36-P1130125.jpg

37-P1130131.jpg
これ一本、かぶりつきたかった!
『はじめ人間ギャートルズ』風にね。
そう言っても、平成生まれの人には通じないか(笑)


38-P1130134.jpg
紅色したお肉が美味さを引き立てます。
柔らかで美味かったです。


31-P1130102.jpg
肉に合うワインを。

30-P1130100.jpg
肉専用黒ワイン カーニヴォ
カルフォルニアワインで、エスプレッソやチョコレートビターを
想わせる。ワインの味わいが長く残って楽しめるワイン。

39-P1130146.jpg
黒ベーコンのカルボナーラ(880円)
〆のパスタが出てきました。

40-P1130149.jpg
パスタの上に盛られた玉子を割って

41-P1130154.jpg
ソースと絡ませます。
香りが立って美味しそう。


42-P1130157.jpg
濃厚だが、スッキリとした味わいで
〆には、とても良かったな。
美味しかったですよ。

46-P1130183.jpg
もう一丁、〆ものを。
フレンチおでん出汁をかけたご飯。
コンソメ風のお出汁がピカイチの旨さだから
ご飯でも良く合います。

もう、お腹一杯だけど、デザートは別腹(笑)


44-P1130163.jpg
ピスタチオのアイスクリーム(280円)
濃厚に仕上がったお味が、ピスタチオ好きには
スタンディングオベーションものです。
また、食べてみたい。


45-P1130167.jpg
カッサータ
マンゴークリームソースをかけた
イタリア・シチリアのアイスケーキ。
これまた、クリーミーな味で美味い。
メイン料理が良くても、
デザートがイマイチのお店が時にあるが
こちらのお店は、一切妥協無し。
デザートも素晴らしかった。

43-P1130160_20160926011623f61.jpg
ランチもやってはって、メニューです。
フレンチおでんも串焼きも、そしてお肉もしっかり食べられます。
ドリンク、スープ付きでお得ですね。


2-IMG_3958_20160926013306fcb.jpg
食事をした日が大雨だったので、別の日に店頭を撮らせていただきましたが
外の席までお客さん居てはった。
美味しいところを、皆さん良く知ってはります。

女子会はもちろん、デート使いにも良いお店だと思います。
身体に良い肉が食べられるので
男性陣も是非。
カワイイ雰囲気だけでなく
料理やサービスがしっかりしてはるし。
こちらのお店、
「お肉とフレンチおでん COCO Bar Kitahama(ココバル)」さんですが、
関西圏で焼肉店・焼鳥店23店舗を展開されている
株式会社エヌゼットさんの新業態店舗。
食肉卸商社の直営店の良いお肉をたっぷりと。

僕も、また食べに行こうと思います。
オススメのお店です。

ごちそう様でした。

お肉とフレンチおでん COCO Bar Kitahama



関連ランキング:バル・バール | 堺筋本町駅本町駅北浜駅


テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:フレンチ  Trackback:0 comment:0 

FC2カウンター
プロフィール

Author:うなぎん
大阪在住の
食いしん坊な男です。
京阪神中心に
ぶらり食べ歩き。
高くて美味しいのは
当たり前。
安ぅて旨い、
心遣いが感じる
お店を紹介して
いきたいと思います。

美味しいと書いているのは
私の主観です。
また、掲載したお店の情報は
来店当時のものです。
価格や料理等が
変更されている場合があります。

あと、閉店やその他理由で
過去に掲載の記事を
削除することがあります。

ご理解下さいますよう、よろしくお願いします。

私宛への連絡先のメールですが、
unagin777@gmail.com
(@は半角に修正して下さい)に
お願い致します。

最新コメント
カテゴリ
うなぎんの食べ歩き地域別マップ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム